ビジネスBLOG @神奈川中央会
神奈川県中央会が提供する中小企業支援情報です!
 



神奈川県中央会では、3つのテーマ(「経営革新情報」、「ビジネスITスキル情報」、「労務管理情報」)による専門家の記事を載せています。

本日は、「ビジネスITスキル情報」をテーマとした株式会社インプルーブ キャリアデザイン 代表取締役 石川紀代美氏の85回目の記事となります。
今回のテーマは、「
Windows10 USBなどのハードウェアの安全な取り外しについて」です。

なお、前回のブログを見逃した方はこちらからご覧いただけます!
仕事の効率を高めるパソコンの小技 Excel編(表示形式 その3)


--------------------------------------------------------------------------------

ビジネスITスキル情報 第85回
Windows10 USBなどのハードウェアの安全な取り外しについて

Windowsでは以前からUSBやSDカードなどをパソコンから抜く時には、保存したデータが壊れないようにするため「ハードウェアの安全な取り外し」操作を行い、「安全に取り外すことができます」というメッセージが表示されてから抜くというルールがありました。

このUSBやSDカードなどを抜く時に、ハードウェアの安全な取り外しの作業が面倒だと思った方も多いと思います。

 

(タスクバー右側の通知領域にある「ハードウェアを安全に取り外してメディアを取り出す」をクリックして安全な取り外し操作をする)

 

実際、私もこの作業は講習を受講される方には必ず行うようにと伝えてきましたし、自分で作業する時も面倒だと思っていましたが毎回のようにやっていました。しかし、これまで行っていたこの作業をしなくてもよくなりました。

Windows10のバージョン1809以降から「クイック削除」という機能が追加され、ファイルを書き込んでいない限り、ハードウェアの安全な取り外しを使用せずにいつでもUSBやSDカードなどを取り外すことができるようになっています。

 

 

<Windows10のバージョンの確認方法>

① [スタート]ボタンをクリックし、表示されたメニューから「設定」をクリックします。

 

② [Windowsの設定]ウィンドウが表示されます。一覧から「システム」をクリックします。

 

③ 左側の一覧から「バージョン情報」をクリックし、右側の[Windowsの仕様]にある[バージョン]の項目を確認します。

バージョンが「1809」以降になっていれば、ハードウェアの安全な取り外しをしなくてもそのまま抜く事ができます。ただし、USBのランプがついていないのを確認してから抜くようにしましょう。

もし、バージョンが「1809」以前の時は、そのままにしておけばそのうちWindowsのアップデートがされていきます。ただ、今すぐにバージョンを新しくしたいという方は、[Windowsの設定]にある「更新とセキュリティ」から手動でアップデートすることもできます。

 

ほんのちょっとの作業でも、毎回となると面倒です。この機能によりUSBなどを外す時の手間が省けますので、ご自身のWindowsのバージョンを確認してみてください。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 労務管理情報... 労務管理情報... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。