ビジネスBLOG @神奈川中央会
神奈川県中央会が提供する中小企業支援情報です!
 



神奈川県中央会では、3つのテーマ(「経営革新情報」、「経営に関する法律情報」、
「ビジネスITスキル情報」)による専門家の記事を載せています。

本日は「経営革新」をテーマとした中小企業診断士竹内幸次氏の160回目の記事となります。

--------------------------------------------------------------------------------
160回 イノベーションは売上高では測れない

株式会社スプラムの中小企業診断士竹内幸次です。前回の「過去の延長線上に未来はない」
に続いて、今回は「イノベーションは売上高では測れない」がテーマです。
--------------------------------------------------------------------------------
経済成長率の解釈
GDP成長率等の”成長した度合”をパーセントで表現することは現在の経済経営環境では
一般的です。例えば「2%成長した」等の表現です。我々中小企業が補助金を得るために
作成する事業計画の中の数値計画にも基準年度からの成長率を示すことが求められています。

成長や拡大、拡張等の「良くなっていること」は好ましいことですが、ふっと力を抜いて
考えてみると、人口が同じか減少している日本において、もしくは、大手完成品メーカー
等が海外生産を当然の成長戦略の1つとして位置付けている今において、我々中小企業が
売上高を増やしたり、経常利益を増やしたりすることは、もしかして求めるべきことでは
ないのかもしれない、とも考えられます。

例えば、「GDPがマイナス成長」という表現はとても悪い状況のように捉えてしまう傾向に
ありますが、未来永劫に、どのような状況下でもプラス成長することの方が、どこか社会
システムに異常をきたす可能性があるようにも感じるのです。中小企業診断士として
不謹慎な意見かもしれませんが、多少のマイナス成長があったとしても、だからと言って
企業や国自体の成長が止まっている訳ではないと思うのです。多くの中小企業経営者は
身長も伸びてはいないし、暗記力も分析力も伸びてはいない。でも経営者として成長
している、という感じです。

・売上高や付加価値がマイナス成長であったとしても、経営主体としては成長している


イノベーションは売上高や経常利益の額だけでは測れない

2016年版の中小企業白書では、中小企業の経常利益が伸びた理由は、売上高が減少したが、
人件費等の経費も減少したからと分析しています。この状況を良いと判断するべきか、
悪いと判断するべきかは経営者によって異なることでしょう。

中小企業経営にはイノベーション(経営革新)が必要です。時代に合った新製品を開発
したり、販路を拡大したり。好ましいのは売上高も利益率も利益額もアップすることです。
しかし、上記白書の説明のように、売上高がダウンしても利益が増す経営も可能です。
逆に、売上高がアップしたとしても、開発費や販路開拓費用等が嵩んで利益が減る場合も
あるのです。

・イノベーションは結果として売上高や利益では測れない

我々中小企業は市場ニーズを捉え、時にニーズを増幅するようなプロモーションを
行って売上高を増やそうとします。そして全社一丸となって頑張ったとしても売上高が
前年比で減少すると、「この事業計画は失敗だった」とか「戦術に誤りがあった」等
と考えてしまいます。しかし、本当に失敗だったのでしょうか?

その戦略を実行したことによって、本来はマイナス幅が大きかったところをマイナス幅を
小さくすることができたと解釈することもできます。

私の周囲の中小企業経営者は誰もが真面目に経営に取り組んでいます。
補助金を受けて新規事業を開始し、それでも売上高がダウンした時、経営者は反省します。
適度な反省であって欲しいのですが、必要以上に自戒し、組織の雰囲気まで落ち込ませて
しまう場合もあります。敢えて言います。

・多少の売上マイナスなんて気にする必要はない。時代が求める経営を自社の歩幅で着実に進もう
--------------------------------------------------------------------------------

株式会社スプラム代表取締役 竹内幸次 http://www.spram.co.jp/

中小企業診断士竹内幸次ブログ http://blog.goo.ne.jp/2300062/

株式会社スプラムFacebookページ http://www.facebook.com/spramjp

--------------------------------------------------------------------------------

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 経営に関する... 経営に関する... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。