ビジネスBLOG @神奈川中央会
神奈川県中央会が提供する中小企業支援情報です!
 



神奈川県中央会では、3つのテーマ(「経営革新情報」、「ビジネスITスキル情報」、「労務管理情報」)による専門家の記事を載せています。

本日は、「ビジネスITスキル情報」をテーマとした株式会社インプルーブ キャリアデザイン 代表取締役 石川紀代美氏の75回目の記事となります。
今回のテーマは、「仕事の効率を高めるWindows10の機能 スタートメニューのカスタマイズ」です。

なお、前回のブログを見逃した方はこちらからご覧いただけます!
仕事の効率を高めるWindows10の機能 タスクバーのカスタマイズ

--------------------------------------------------------------------------------


ビジネスITスキル情報 第75回

仕事の効率を高めるWindows10の機能 スタートメニューのカスタマイズ


 前回は、パソコン操作を効率良くするために、タスクバーのカスタマイズをご紹介しましたが、タスクバーにいっぱいアイコンを表示し過ぎてしまうと、逆に使いにくくなってしまいます。
利用頻度に合わせて、下記のようにタスクバーとスタートメニューを使い分けていくと効率的です。
 1.毎日のように使う、使用頻度の高いアプリはタスクバーに表示
 2.頻繁には使わないけれど、よく使うアプリはスタートメニューに表示

 今回は、スタートメニューのカスタマイズ方法についてご紹介していきます。



①スタートメニューのサイズ変更
 スタートメニューのサイズは、初期設定ではデスクトップのほぼ3分の2を占めてしまいます。スタートメニューのサイズを小さくすることができます。

 スタートボタンをクリックし、スタートメニューを表示します。スタートメニューの右側にポインタを合わせると、ポインタの形が双方向の矢印の形にかわりますので、左にドラッグして、スタートメニューの幅を狭めることができます。


 同様にスタートメニューの上側にポインタを合わせてドラッグすると、高さも変えることができます。



②スタートメニューでいらないアプリを非表示にする
 使用しないアプリはスタートメニューから非表示にすることができます。

 非表示にしたいアプリのタイルの上で右クリックし、表示されたニューの一覧から「スタートからピン留めを外す」をクリックすると、スタートメニューから非表示にすることができます。




③スタートメニューにアプリを表示する
 スタートメニューに表示させるアプリを選択することができます。アプリのサイズや移動も簡単に行えます。

<スタートメニューにアプリを表示する>
 スタートメニューに表示したいアプリを、検索ボックスやスタートメニューの左側のアプリ一覧から検索し、アプリ名の上で右クリックします。表示されたメニューの一覧から「スタートにピン留めする」をクリックします。



<アプリの表示サイズを変更する>
 タイルのサイズを変えたい時は、タイルの上で右クリックし「サイズ変更」で表示される一覧からサイズをクリックします。

 

タイルをドラッグすると移動ができますので、その中でもよく使うアプリは上の方にまとめておくと開きやすく、より使いやすくなります。 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 経営革新で未... 労務管理情報... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。