ビジネスBLOG @神奈川中央会
神奈川県中央会が提供する中小企業支援情報です!
 



--------------------------------------------------------------------------------
神奈川県中央会では、3つのテーマ(「経営革新情報」、「経営に関する法律情報」、
「ビジネスITスキル情報」)による専門家の記事を掲載しています。

本日は、「ビジネスITスキル情報」をテーマとした株式会社インプルーブ
キャリアデザイン 代表取締役 石川紀代美氏の47回目の記事となります。
今回のテーマは、「仕事の効率を高めるパソコンの小技 その1(起動・終了編)」です。
なお、前回のブログを見逃した方はこちらからご覧いただけます!
Windowsの標準機能を利用して大事なファイルのバックアップを取りましょう
--------------------------------------------------------------------------------
このブログは、神奈川県中央会が運営しています!

http://www.chuokai-kanagawa.or.jp/


http://www.facebook.com/chuokai.kanagawa


--------------------------------------------------------------------------------
ビジネスITスキル情報 第47回

仕事の効率を高めるパソコンの小技 その1(起動・終了編)

パソコンは、1つの作業でも何通りかの操作方法があります。操作方法によっては、仕事を効率よく
進めることができます。これから、知っておくと便利な設定方法やパソコンの小技についてご紹介していきます。
今回は、パソコンやアプリを素早く起動・終了する操作や設定方法をご紹介します。


アプリは「検索ボックス」から開く
よく使用するアプリは、デスクトップにアイコンを作成したり、タスクバーにピン止めしたりして、すぐに開く
ことができるようにしていることが多いと思います。
ただ、デスクトップやタスクバーにアイコンをいっぱい並べていると、乱雑になってしまいます。
Windows10では通常、アプリを開く時には<スタート>ボタンをクリックし「すべてのアプリ」から開いていきますが、
「検索ボックス」にアプリ名の一部を入力すると、一覧が表示されます。その一覧から開きたいアプリをクリック
すると、簡単に開くことができます。


ウインドウの終了(Win7、8.1、10共通)
ウインドウを終了する時には、ウインドウの<閉じる>ボタンをクリックしますが、キーボード(ショートカットキー)
を使って閉じることができます。
ウインドウを閉じるショートカットキー: 「Alt」キーを押しながら「F4」キー

パソコンの終了を簡単にする設定(Win7、8.1、10共通)
通常、パソコンの電源を切る時は<スタート>ボタンから操作をしていきます。
Win7 :<スタート>ボタンをクリック→「シャットダウン」
Win8.1 :<スタート>ボタンを右クリック→「シャットダウンまたはサインアウト」→「シャットダウン」
Win10 :<スタート>ボタンをクリック→「電源」→「シャットダウン」

設定を変更すると、「電源」ボタンを押すだけで終了することができます。

<設定方法>
① 「コントロールパネル」を表示し、「システムとセキュリティ」をクリックします。
(コントロールパネルは<スタート>ボタンをWin7はクリック、Win8.1・10は右クリックすると、表示できます。)


② [電源オプション]項目から「電源ボタンの動作の変更」をクリックします。


③ [電源ボタンを押したときの動作]を「シャットダウン」に設定し「変更の保存」ボタンをクリックします。
--------------------------------------------------------------------------------

株式会社インプルーブキャリアデザイン
 代表取締役 石川 紀代美

--------------------------------------------------------------------------------

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 経営に関する... 経営に関する... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。