ビジネスBLOG @神奈川中央会
神奈川県中央会が提供する中小企業支援情報です!
 



--------------------------------------------------------------------------------
神奈川県中央会では、2つのテーマ(「経営革新情報」、「ビジネスITスキル情報」)
による専門家の記事を掲載しています。

本日は、「ビジネスITスキル情報」をテーマとした株式会社インプルーブ
キャリアデザイン 代表取締役 石川紀代美氏の62回目の記事となります。
今回のテーマは、「Windows10のアップデートを手動でする方法」です。

なお、前回のブログを見逃した方はこちらからご覧いただけます!
Windows Liveメールのサポート期間が終了

--------------------------------------------------------------------------------

このブログは、神奈川県中央会が運営しています!


http://www.chuokai-kanagawa.or.jp/


http://www.facebook.com/chuokai.kanagawa



--------------------------------------------------------------------------------
ビジネスITスキル情報 第62回

Windows10のアップデートを手動でする方法



 Windows10の2回目の大幅なアップデート「Creators Update」が4月に提供されました。
ご使用のパソコンの状況によって更新時期は変わりますが、順次アップデートがされていきます。
ただ、そのアップデートが仕事の最中に実行されてしまうと、数時間パソコンを使用することができなくなってしまいます。


今回は、アップデートを仕事の支障がない時間に実行できるように、手動でアップデートする方法をご紹介していきます。


<Windowsのバージョンを調べる方法>


自分のWindowsがアップデートされているのかは、バージョンを確認するとわかります。
Windowsのバージョンを確認するには、次の方法で行います。


①<スタート>ボタンをクリックし、表示されたメニューの左側にある「設定」をクリックします。




②[Windowsの設定]画面が表示されます。一覧から「システム」をクリックします。




③Windowsのバージョンを確認することができます。最新バージョンは「1703」です。
 それよりも数字が小さい時は、アップデートが必要になります。





<Windowsアップデートの方法>

①<スタート>ボタンをクリックし、スタートメニューから「設定」をクリックします。
 [Windowsの設定]画面の一覧から「更新とセキュリティ」をクリックします。




②更新の状態]が表示されます。
「お待たせいたしました」というメッセージの下にある「はい、方法を確認する」をクリックします。



※もし、メッセージが表示されていない時は、情報がまだインストールされていない状態ですので、
 <更新プログラムのチェック>をクリックして、更新プログラムのインストールを実行してください。


③マイクロソフトのホームページが表示されます。説明内の「更新アシスタント」をクリックします。



④[Windows10の最新バージョンへの更新]画面が表示されます。
右下にある<今すぐ更新>ボタンをクリックします。




⑤PCがチェックされます。<次へ>ボタンをクリックします。
更新プログラムの準備が終了すると、アップデートが開始されます。







⑥再起動を繰り返しながらアップデートが行われますので、終わるまでそのままにしておきます。




アップデートは必ず実行されますので、パソコンを長時間使用しなくてもよい時間にアップデートを行い、仕事に支障が出ないようにしましょう。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 経営革新で未... 経営革新で未... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。