chuo1976

心のたねを言の葉として

春空に鞠とゞまるは落つるとき       橋本多佳子

2017-04-21 05:47:16 | 文学

春空に鞠とゞまるは落つるとき       橋本多佳子

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 基地抜けて倭(やまと)の蝶... | トップ | 春風のどこでも死ねるからだ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

文学」カテゴリの最新記事