中二な中年の備忘録

備忘録なので大した内容はありません。
たまにちょっと多めに語る時があります。
競馬の話題の時はさらに饒舌になります。

第38回ジャパンカップ予想

2018年11月21日 00時43分25秒 | 競馬
4頭BOX
アーモンドアイ‐ウインテンダネス‐サンダリングブルー‐ノーブルマーズ
予備)カプリ、スワーヴリチャード


何が国際レース、日本選手権か!と。
外国馬が2頭しか出て来ないことは勿論、ここ1年の8大競争の勝ち馬で出走してくるのが3冠牝馬だけ、しかもそれで登録段階でさえフルゲートにならないとは。
ここに出走してくるメンバーが、有馬記念には無理使いしてこない可能性を考えると、今年の秋競馬は、強豪馬同士が顔色伺い住み分けちゃって、好レースが成立しない年ってことになりそうだね、まあ興行主としては、売上さえ伸びればいいんだろうけど。

まあそんな事情も相俟って、しかも4キロのアドバンテージまでもらっては、これはアイちゃんただもらいじゃない?って空気が濃くなるのも当然至極。圧倒的1番人気になる可能性まであるけど、プレッシャーを跳ね除けて欲しいね。

そんな圧倒的1番人気を狙うから、戴冠馬を選びもせずに、訳分かんない外国馬にまで手を出して、っていう訳でもない。
キセキもサトノダイヤモンドも、あれが復活走だとは思ってないし、マカヒキにして、蓋を開ければあの通りっていう前走でしょ。シュヴァルグランは去年の強さがないし、サトノクラウンは調子が上がってこないし、人気の軸になりそうなスワーヴリチャードにしても、前走みたいなことがあると、とても人気ほどの信頼は置けないでしょ。
つまり戴冠馬全般、実績ほど信用がない訳で、それならもっと面白いトコ狙うよね、カク地まで一瞬目移りしたもん。
ま、無茶も重々承知ですわ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 第43回エリザベス女王杯結果 | トップ | メジャーもマイナーも大変 »

コメントを投稿

競馬」カテゴリの最新記事