チュラと日々の生活のこと

ラブ犬ミニチュア・シュナウザー、チュラのマイペース・ランダムな記録と、
飼い主のメモ代わり日記

簡易型ペットボトルカバー作りました

2018-06-02 13:47:41 | CHULLATA
前回の更新から、またまたすごく時間が経ってしまいました(汗)
デザフェス感謝のご報告の翌日に、HMJでの該当マップを載せよう、などなど考えていたのですが、
気づけば、6/2。。

先月まで、
面白そうな新境地となる新規プロジェクトの打ち合わせに行ったり(CHULLATA外)、
明日、とある地域で開催されるイベント様より、委託のご依頼を頂き、
ハンカチとコースターを急ぎ量産したり、などなど、
有難くも、めまぐるしい5月でした!
そして早速昨日も。
こんな感じで、今月も超早そうです。

さて。

ここ4ヶ月ほど、ちょこちょこ作業の合間に試作を繰り返していた、
ハンカチポーチ型、簡易ペットボトルカバー。
最初、ふきふきハンカチと同じように、
縫い合わせの処理に巻きロックをかけてから、ファスナーを付けていましたが、
巻きロックのそばに、後から縫いを入れると、巻きの部分が、チュルチュルしちゃうのですね。
(わかりづらい表現 汗)。

そこで、姉に相談したところ、
「バイアスで包めばいいんだよ。」
と、あっさり解決策へ導いてくれました。


バイアス。この先いっぱい縫うかも。

なので、以前から欲しかった、アレ。
散々サイズに悩んだ末、
7ミリ幅のスイセイの四つ折りバインダーを購入しました!

ババーン
安藤ミシン商会さん。夕方ポチしたら、翌日届きました!(感動)
ありがとうございます〜!

レビュー数では、汎用性の高い8ミリを選ばれてる方が多いようです。
私の今回の用途は、もうちょっと細めがよかったので、7ミリにしました。

お高いのだと、誘導してくれる、波型の金具が付いているのですが(名前がわかりません、汗)
今回のは付いていません。
レビューの皆さんは、普通に縫えているようなので、問題ないだろう。
と思っていたのですがね。
いざ使ってみると、絡まっちゃって、うまくいきませんでした。
(それ以前に使いこなせてない要因が大ですが)

そこで、いろいろ周りを物色。
こちらに行き当たりました。


カモイ掛けの壊れたやつ + 兄が30年ほど前に旅行した中国の土産物、謎のふくよかおじさん。ヒスイ風。

モノって、一応取っておくもんですな。
非常に役立ってます!

レビューで、1.2時間の練習が必要、と書いている方がいらっしゃいましたが、
その通りでした!
そして、厚みによって位置合わせが変わってくると思うので、その都度、チェックしなきゃです。
とはいえ、
まだまだ、やっと裏表、3回中一回、綺麗に縫えたかな、というレベルなので、これから修行の日々です。

素人的コツとしては、
指定のバイアス幅を遵守必須。
大は小を兼ねる、と大きめに切ると、うまく折り曲げられず、
妙な余りの部分の布が2重に縫われたりなどで、全解き。結構悲惨です。

そして、カーブと直線では、一番手前のネジの位置を移動させています。
(カーブの時は、押さえ金に0.5mmほど近づけています。)

ミシンの糸調子を、通常3設定を、6に変更。

で、できあがりこちら。左側、500ml対応です。

右側は、試作なので、縦のサイズが短いです。
ちなみに、今回の製作、私的難関は、バイアス作りです(爆)
3センチ強、縫い合わせるだけなんですがね、ほんと苦手です(汗)

来月七夕出展のHMJに幾つか出せたらな、と思います。
(こちらが増えたら、多分ハードカバーのペットボトルケース製作分が今回減りそうです。
だってバイアス、うまく行くと楽しいんだもん。)



今朝の散歩の後、
お友達を一つずつ連れ出して、遊んでいました。(配置も全てチュラ自ら)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« デザフェスvol.47ありがとう... | トップ | 飛び入り参加させていただき... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

CHULLATA」カテゴリの最新記事