中華街ランチ探偵団「酔華」

中華料理店の密集する横浜中華街。最近はなかなかランチに行けないのだが、少しずつ更新していきます。

「Meet Fresh」で芋園4号

2019年10月29日 | おいしい横浜

 この店が本町通に進出してきてからしばらくの間、私はてっきり「肉関係のファストフード」と思い込んでいた。Meet FreshをFresh Meatと読み違えていたんだ。
 その後、これは台湾スイーツだと分かったのだが、なかなか食べに行く機会がなかった。
 そして先日、やっとその時が訪れた。

 店頭の写真つきメニューを見ながらいろいろ迷った末、私が選んだのは芋園4号。ドアを開けると目の前がレジになっている。
 そこには先客が5,6人並んでいた。カウンター内のオネエサンがすぐにやって来て、メニューを手渡しながら「ここから選んでね」と言う。
 それではもう一度選考しなおそうと思い、空いているテーブル席につき、全体を眺める。どれも美味しそうだが、一つしか食べられないからなぁ……


 で、結局は最初の選択どおりに芋園4号にする。レジで支払いをして席で待っている間、店内にいるお客さんたちを観察。
 すると、そこに見覚えのあるお顔が。毎日中華街でランチを食べていた頃、しばしば出くわす人だった。お互い、名前も仕事も知らない。おそらく近隣の会社員だったんだろうね。


 そんなことを考えているうちに、私の呼び出しベルが鳴った。注文したのはMサイズだったので、かなり小さいものを予想していたら、結構大きいではないか。
 手前にあるサイコロ状のものは芋餅のような食べ物で、白いのがタロイモ、黄色いのがサツマイモである。左側の豆は小豆、右側の黒い粒はタピオカだ。
 

 ぐるっと回してみる。
 手前右側の塊りはタロイモ。そして中心に鎮座するのがかき氷。もちろんイモ類を下で支えているのはかき氷である。

 食べてみての感想は、なかなか美味しいのだが、選択を間違ったと思う。レジでホットかアイス聞かれたとき、うっかり「アイスで」なんて言ってしまったのね。
 この日は結構涼しい天候だったから、これは失敗だった。最近の気温は日中でも15度くらいの日がある。これからはホットがおすすめだな。
 

←素晴らしき横浜中華街にクリックしてね






コメント (2)   この記事についてブログを書く
« ニンジンの皮もおいしく! ... | トップ | 昭和28年、野毛にトルコ風... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ひゃあ! (冬桃)
2019-10-29 11:00:08
めちゃめちゃ甘そう!
スィーツの苦手な私は、
たぶん店の前を通るのも怖い!
それほど (管理人)
2019-10-31 10:56:30
>冬桃さん
思ったほど甘くないです。
次回はホットでやってみます。

タピオカはもういりません。

コメントを投稿

おいしい横浜」カテゴリの最新記事