中華街ランチ探偵団「酔華」

中華料理店の密集する横浜中華街。最近はなかなかランチに行けないのだが、少しずつ更新していきます。

「一楽」にて中華風煮込みハンバーグ

2019年10月02日 | 中華街(大通り)

 関帝廟通りの巨大な空き地を確認したあと、私は「一楽」でランチをいただくため大通りへ回った。善隣門側から入っていくと、食べ放題店の客引きがうるさいこと

 以前と比べて街並みもすごいことになっている。目指す「一楽」の看板が全く見えない。食べ放題「龍海飯店」や「龍門」に隠れてしまっているのだ。

 客引きを振り切って「一楽」のドアを開けると、昼どきのコアタイムを過ぎているとはいえ、ずいぶんとお客さんが少ない。路上に座り込んで焼き小龍包やタピオカを食べるより、軽快なジャズのBGMを聴きながら美味しいランチをいただく方が、何十倍も豊かな気分になると思うのだがねぇ……。


 な~んてことを考えながら、まずはビールを注文♪ 「アテにどうぞ」といって女将さんが持って来てくれたのはキュウリの糠漬け。これが美味しいんだよね。


 手前左側のものは何だったっけ……。ランチのサービスでついてきたオカズだが、これもビールのお供にしてしまう。


 女将さんと雑談をしているうちに、私の注文した週替わりランチ「中華風煮込みハンバーグ」が運ばれてきた。大きな肉の塊が青梗菜に寄りかかるようにゴロンとしている。
 これをいきなり齧るようなことはしない方がいい。タレをタップリとかけ回してからスプーンでゆっくりと切り取り、その断面にもタレを浸してから頬張るのだ。


 肉肉しい中にシャキッとした食材を感じる。それはクワイだ♪ 挽き肉と混じったクワイ、これがまた好い味と食感を演出しているのね。「聘珍樓」の肉まんにも大粒のクワイが入っていると同じだ。
 ここの中華風煮込みハンバーグ、美味しいね♪ 食べきってしまうのが惜しいような思いで完食した。


 食後のデザートはいつもの杏仁豆腐。

 ということで久しぶりの中華街ランチを終えて、再び町内パトロールに向かうのだが、この続きはまた後日。

 

←素晴らしき横浜中華街にクリックしてね






コメント (4)   この記事についてブログを書く
« この巨大な空き地に建つもの... | トップ | 「獅門酒楼」にて白菜と秋鮭... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (てつあん)
2019-10-03 07:29:00
これは肉団子なのか、煮込みハンバーグなのか、
どちらにしても美味しいことは間違いないでしょう。(^^)

最近はタピオカやがすごいことになっているけど、来年の今頃にはどうなってますかね。
Unknown (管理人)
2019-10-07 07:04:25
こちらの蒸しハンバーグも美味しいので、いつか出たら食べてみてね。タピオカは来年までかな、とおもいます。
Unknown (ささき)
2019-10-29 21:10:03
はじめまして。現在は秋田在住ですが、そちら方面旅行時の参考にと拝見しております。先日出かけた際、「同發本館」で皮付き焼き豚と春巻でビール、ハシゴして「一楽」でねぎそばの半チャーハンセットと杏仁豆腐という至福のランチを堪能しました。客引きや立ち食い客の多さに落ち着かない中、ぜひ老舗にはこれからも末永く続けて欲しいと願う次第です。
Unknown (管理人)
2019-10-31 10:54:37
>ささきさん
ありがとうございます。
最近の中華街は面白くありませんが、
まだまだ良い老舗が残っています。
次回は獅門酒楼、楽園、青葉なども訪ねてみていただけたらいいですね。

コメントを投稿

中華街(大通り)」カテゴリの最新記事