中華街ランチ探偵団「酔華」

中華料理店の密集する横浜中華街。最近はなかなかランチに行けないのだが、少しずつ更新していきます。

徳川さんは何処へ

2015年04月27日 | 中華街いろいろ

 中華街で食事をしたあとトイレに行きたくなって洗手亭に向かうと、こんな光景が!

 トイレの周囲にはトラロープが張り巡らされ、毎日ここで寝泊まりしていた女性と、あの大量の荷物が消えていたのです。

 入口の傍には、現場の状況を撮影する市役所職員が2名。
 おそらく任務完了後の記録写真を撮っていたのでしょう。
 
 彼女と荷物がどうなったのか聞きたかったのですが、話が長くなりそうだったので先にトイレで用をたし、すっきりして出てきたら彼らはいなくなっていました。

 たぶん女性と荷物を排除したと思われるのですが、詳しい事情を聞くチャンスを逃してしまい残念なことに。
 こんなことなら、グルグルするお腹を押さえ、我慢してでも職員さんに話をしてみるべきでした。


 ちょっと前までは、こんな光景が毎日見られたのです。
 
 雨の日や寒い日は厳しかったと思います。

 庇があるとはいえ、吹きさらしですから、雨や雪で衣服が濡れるでしょうし、なによりも寒くて仕方なかったと思います。
 

 ですから厳寒の2月には、トイレ屋内に段ボールを敷いて寝ていました。

 ここなら風雨を凌げますからね。

 
 私がそんなホームレスの彼女と知り合ったのは昨年の2月、寒い日の晩でした。
 場所は昭和シェル山下町ビルの軒先。

 その前にも大量の荷物を運びながら、関内を移動している姿を目撃していたのですが、言葉を交わすのはその日が初めてだったのです。

 あまりにも寒そうだったので、私はすぐそばのコンビニで買ったワンカップを差し入れし、一緒に飲みながらここに至った事情を聞きだそうとしました。

 でも、彼女は話をはぐらかして、まともに答えてはくれません。

 しばらくするとビルの守衛さんが「ここで寝ては困る」と注意しにきました。
 業務上だからなのかもしれませんが、そんなことを言っていましたが、なんとなく寛容な人で、「まあ、今日は寒いから寝ててもいいけど、明日は社員が早くから出勤してくるからね、6時には出ていってくれ」と。

 それを機に、私も彼女と別れ家路についたのですが…


 翌日からは彼女のことが気になって仕方ありません。

 ランチの前や後に、あの大荷物を探して歩くことも度々でした。


 しばらくして見つけたのが、ここ。
 今は「中華街大飯店」が入っていますが、この時は空き店舗で、野宿するには絶好の場所だったのです。

 再会したといっても友人でもなんでもないので、声をかけたら「あんた、なに?」などと素っ気ない返事しか返ってきません。
 こういう時は、やはりワンカップですね。

 一杯呑みながら話をします。
 そのうちに打ち解けてきて、いろいろと語ってくれるようになりました。

 私:あなたのお名前は、なんていうの?
 女:日本じゃ有名な名前よ。
 私:ええ~、分かんないなぁ、もしかして安倍?
 女:そんなわけないわよ。
 私:全然わかんないなぁ~、じゃぁ、徳川?
 女:そう、よく分かったわね。


 もちろん本当のことなのかどうか、分かりません。
 安倍は長州の末裔、徳川は最後の幕府。単にその対比だけで出鱈目に名前を言ってみただけなのですがね…

 私:食べるものあるの?
 徳川:あるわよ、ほら。


 そう言って彼女がつまみ上げたのはお菓子の袋でした。
 
 私:でも、それはデザートでしょ。
 徳川:毎朝、うちの人がお寿司を10人前、持って来てくれるのよ。
 私:へぇ~、そんなたくさんじゃ食べきれないでしょ。
 徳川:そんなことないわよ。たいした量じゃないし。


 どうやら妄想のようですね。

 ほかにもいろいろ話を聞きました。
 彼女はフランス人と中国人の混血なんだそうです。

 路上生活をしていますが、テレビだって持っていると言います。
 どれがテレビなの?と聞いたら、「これよ!」と誇らしげに指し示したのはデスクトップパソコンのスクリーンでした。

 私:機械があっても電気がないと映らないでしょ。
 女:そうよ。でも、ほら、ここにコンセントがあるでしょ。


 彼女が指さす方を見ると、ビルの壁に設置されたコンセントが!
 でも、このスクリーンはパソコン用なので、番組が見られるわけはないのですけどね。


 その後、ここも新店舗ができるというので追い出され、再び大荷物を抱えての放浪が始まります。
 基本的にはこの街から出ていくことはなく、狭い範囲で移動しているようでした。 


 そして、安住の場所として見つけたのが、この洗手亭だったのです。

 徳川さんは着道楽のようで、トランクの中にたくさんの衣料や靴が入っています。
 こう見えても、彼女は季節にあった衣服に着替えているのです。


 さらに、驚いたのはこれらの本!
 どうやらトランクの中は洋服だけではなく、書籍がたくさん入っているような感じもします。

 こういうのを読んでいるですねぇ。

 趣味は読書だけではなく創作活動も。


 なにか小説でも書いているのでしょうか。
 
 これを撮影した日には登場人物の名前や経歴などをメモしていました。

 どんな話なのか聞いてみたい気もします。


 さて、この1年数か月、私はずっと徳川さんを見てきましたが、彼女が健康で文化的な最低限度の生活ができるよう、いろいろな提案もしてきました。
 
 私:このすぐ近くに区役所、市役所があるでしょ。生活の相談を受けているから行ってみたらどう?
 徳川:なにっ! ダメ!!!! あいつらはドロボーだ!
 私:そんなことないよ、生活保護とか受けられるから…
 徳川:うるさい! あの人たちは私の財産を狙っているんだから。
 私:そんなことないよ。
 徳川:ダメ、ダメ、ダメヨ~ン(こんな言い方ではないけど)

 
 行政に対しては相当な不信感があるようでした。
 ここまで意固地になるのは、以前なにかあったのでしょうかね、役所との間に。


 その後、私は福祉事務所に行く機会があったので、そこで徳川さんの話をしたのですが、「福祉といっても、こちらから発掘し拾い上げることはできないのです。あくまでも申請主義なのです」と杓子定規な返事でした。


 今日、あの洗手亭を追い出された徳川さん。
 
 いったい何処に行ったのでしょうか。

 これからゴールデンウィークを迎える横浜中華街です。こうしてホームレスを追い出してきれいにしたのはいいのですが、彼女とあの大荷物はどこか場所を変えただけなのではないでしょうか。
 根本的な解決にはなっていないと思います。


 このロープも迷惑だけどね。

 

←素晴らしき横浜中華街にクリックしてね




コメント (12)   この記事についてブログを書く
« 「華錦飯店」にて紅ズワイガ... | トップ | 「福盛楼」にて牡蠣のピリ辛... »

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
え~~~!? (冬桃)
2015-04-28 00:03:28
 どうやって、どこへ、あの大荷物で……!
 役所や警察では教えてくれないでしょうねえ。
 個人情報のなんたらで。
 どこかでばったり再会するに違いない、と思うしかないですね。
 まあ、季節も良いですし、公園あたりにいらっしゃるのかなあ。
ビックリですよ (管理人)
2015-04-28 06:45:18
>冬桃さん
だいぶ会話ができるようになってきたのに。
どこかの施設にでも行かれたのでしょうかね。
それにしてもあれだけの荷物、
役所といえども勝手に処分できないし…
気になります。
どちらに行かれたのか? (吉継)
2015-04-28 11:47:43
確か数年まえにも東京で代々木公園、上野公園等でも路上生活の方々を行政が街の美化を錦の御旗に立ち退かしてましたね、自分も追い出すだけで解決になんかならないと考えます、これもやはり行政側が言うところのゴールデンウィークの横浜中華街美化対策の一つなのでしようが・・・・。
えっ? (Ca)
2015-04-29 01:06:30
そうでしたか・・・。
最初見た時は、え~って思いましたが、何だかせつないですね。
健康問題でなければ良いのですが・・・。
Unknown (管理人)
2015-04-29 08:42:48
>吉継さん
GWが明けたら戻ってくるかもしれないです。
居ついてしまえば、また長期間寝泊まりできそうです。
Unknown (管理人)
2015-04-29 08:44:04
>Caさん
切ないですよねぇ。
でも、健康上ではないみたい。
元気でしたから。
ホントに何処へ・・・ (濱のリリー)
2015-04-30 21:01:37
酔華さん、19日に栃木の親戚と「一楽」に行きました。
帰りにひとり徳川さんを訪ねたんですけどねぇ。。。
彼女、フランスと中国だけでなく ロシアの血も混じっていると言っていました。もした・・・H風に居るってことはないでしょうか? GWにきれいな横浜わかりますけど、私が小学校の時に横浜に修学旅行に来た時には、山下公園にホームレスのおじさんがたくさんいましたけどねぇ。
Unknown (管理人)
2015-05-01 06:11:48
>濱のリリーさん
親戚の方、「一楽」で食事ができてよかったですね。

私が見た市の職員は公衆トイレの担当者でした。
福祉担当者と協力して片づけたのでしょうかね。
でも、本人は施設に入ったとしても、
あの荷物はどうなったんだろう…
Unknown (ぶるねこ)
2015-05-01 15:36:21
今日、加賀署の横(旧中華飯店前)にいらっしゃいました!

相変わらずの大荷物で、つばの大きい帽子がステキでした。

今日 (管理人)
2015-05-01 21:32:27
>ぶるねこさん
私もそこを通ったのですが、
出会いませんでした。
移動中だったのかな…

コメントを投稿

中華街いろいろ」カテゴリの最新記事