中華街ランチ探偵団「酔華」

中華料理店の密集する横浜中華街。最近はなかなかランチに行けないのだが、少しずつ更新していきます。

南門通りの「ハオ」でサンマーメン

2006年06月21日 | 中華街(南門通りシルクロード・媽祖小路)
 中華街南門通りにカウンター10席程度にテラスのテーブル1つという小さなラーメン屋さんがあります。名前は「ハオ」。ラーメンが380円です。
 今日はここで夕食となりました。食べたのはサンマーメン(500円)。最近は、店に入らなくてもサンマーメンがあるかどうか、だいたい雰囲気で分かるようになってきました。ここも、中華街探偵団「酔華」がにらんだとおり、ドンピシャでした。
 まずは具から調査です。モヤシはそれほど量が多くありません。肉は千切りではなく、包丁で叩いたような状態のモノ。この基本2品セットのほかに、ニラ・ニンジン・タケノコ・キクラゲが加わっていました。
 トロミはきついです。しっかり片栗粉が入っているという感じですね。そのせいか、トロミの色が、なんと白!
 極細のストレート麺が浸るスープは、味が濃いというか、きついというか、醤油の自己主張が強すぎます。一癖あってもいいのですが、もう少し控えめにしてほしいものです。
 今日は近所の人たちに混じって、観光客や元町・喜久屋の店員さんも食べていました。なんだか意外な気がしたものです。
『食べ歩き』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 「王興記」から出前で油淋鶏... | トップ | 中華街香港路の行列店「海員... »

コメントを投稿

中華街(南門通りシルクロード・媽祖小路)」カテゴリの最新記事