中華街ランチ探偵団「酔華」

中華料理店の密集する横浜中華街。最近はなかなかランチに行けないのだが、少しずつ更新していきます。

肉まんの「皇朝」が中華料理店をオープン

2004年11月20日 | 中華街(香港路)
 今年7月、長安道に新規開業した肉まんの「皇朝」が、新たに中華料理店をオープンさせました。場所は香港路で、かつて「仁華」と「おみやげ隆行」のあったところです。なにか工事をしている思ったら、あの「皇朝」だったのですね。
 ここの総料理長・蔡曜の経歴が表の看板に書いてありました。それによると中国国家高級技師・特一級点心師とあります。そして1992年、第1回中国料理世界大会で個人優勝、さらに1993年、日本調理協会主催の中国料理世界大会でも個人優勝をしているそうです。
 黄色と黒のツートンカラーが特徴の同店、1階は餃子の専門店、2階は中華料理店となっています。まずは餃子から味わってみました。ビックリ餃子定食(780円)。

 スープはフカヒレでした。メインの餃子は5個。パリパリに焼けています。タレは①醤油+ハーブ系、②味噌系 ③ゴマ醤油+生姜系の3種でしたが、私としては普通の酢醤油+ラー油のほうが好きですね。ライスのお代わりは自由。餃子のお代わりは当然、有料です。5個200円。
 

 食後のデザートは3品。といっても極少量ですが…。左から杏仁豆腐イチゴ乗せ、上海の羊羹、緑豆のアンコ。
 
 ランチの料理としては全体的にボリューム不足です。餃子をもう一皿ほしくなりますが、それを注文すると990円! やめときました。
 でも、デザート3点盛りは結構いけます。とくに上海の羊羹、緑豆のアンコはお気に入りになりそう。

コメント   この記事についてブログを書く
« 大根と高菜の豚バラ煮込み ... | トップ | B級グルメの食べ過ぎに注意 ... »

コメントを投稿

中華街(香港路)」カテゴリの最新記事