中華街ランチ探偵団「酔華」

中華料理店の密集する横浜中華街。最近はなかなかランチに行けないのだが、少しずつ更新していきます。

2019年11月下旬の横浜中華街から

2019年12月05日 | 中華街いろいろ

 「一楽」で四川式麻辣火鍋ランチを食べたあと、私の自由時間には余裕があまりなかったのだが、少しだけ町内パトロールをしてきた。
 久しぶりに歩いた南門通りで、「客満堂三番館」が居酒屋「漁宴」になっているのを発見。こういう場合は、たいてい業態変更なんだよね。さっそくネットで検索すると、客満堂一番館のfacebookにこの新店が登場していた。どうやら立ち呑みもあるようだね。そのうち行ってみようかと思うが、その前に「焼鳥バル Le Coq(ルコック)」を訪問するという宿題が残っているからなぁ……いつになることやら……。

 「漁宴」の隣りに古いタバコ屋があったはずだが、更地になっていた。その跡になにやら……


 レンガだ! 
 関東大震災前の山下町は煉瓦の建物が多かったのだが、それが震災で倒壊し、あちこちで煉瓦が埋まり、近年の工事でそれらが出土しているのだ。
 これもそうなのかな。


 家系のラーメン「吉壱家」に転換している旧「客満堂一番館」への案内図。
 「客満堂」は一番館がラーメン屋さんに、三番館がいざかやさんに、それぞれ替わり、二番館は食べ放題店のまま、客満堂グループを形成しているようだ。

 最初の「客満堂」がオープンしたのは2008年9月だった。あれから11年でここまで来たのか……。
 あの頃はカレー焼きそばなんていうのもランチに出ていたっけ。そういえば出前もやっていたし、そうそう、餃子の試食もやっていたなぁ……。
 そして2010年には三番館がオープン。

 さて、この先はどういう展開になるのかなぁ。 


 揚げUFO


 50%アップだ。。。


 犬のお店が閉店するのか。


 ビストロ「はすドッグ」が開店していた。


 トッポッキ 500円。


 平日ランチ限定で、野菜キンパが500円。
 フリートイレって、誰でも自由に使えるのかな?



 中華街賃貸物件から。
 北門入口にあるあのビル……たしか、スペイン料理の店が入っていたはずだが。


 西門通りのビル。1階が「欧州航路」で、2階がホテル。


 「新天地」。6万6千円かと思ったら、66万円だった……


 あの「つね勝」跡。 


 建築年が1960年かぁ。。。
 古い建物だけど、ぜひ和食屋か焼き鳥屋に入ってほしいなぁ♪
 

←素晴らしき横浜中華街にクリックしてね






コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 「一楽」にて四川式麻辣火鍋... | トップ | ミスドのワンタンメン »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
中華街も (赤飯番長)
2019-12-05 15:27:19
酔華さん、こんにちわ。。。

中華街もしばらく行ってませんが、
酔華さんのブログで行った気になってますww

しかしスペイン料理の店舗、家賃が月75万円、
保証金が900万円って個人店じゃ
チト無理な金額です~(>_<)
Unknown (管理人)
2019-12-06 11:22:55
>赤飯番長さん
家賃はどこも高いですね。
大きなビルは丸ごと手に入れている人たちがいるとか。

そろそろ和菓子を買いに行かなくちゃ♪

コメントを投稿

中華街いろいろ」カテゴリの最新記事