中華街ランチ探偵団「酔華」

中華料理店の密集する横浜中華街。最近はなかなかランチに行けないのだが、少しずつ更新していきます。

ハンマーヘッド橫の岸壁に停泊している妖しい船

2019年11月09日 | おいしい横浜

 横浜ハンマーヘッドがあるのは、新港ふ頭の旧7,8,9,10号岸壁に囲まれた突堤である。その右側に突き出しているのは海上防災基地。そこを取り囲むのが旧3,4,5,6号岸壁で、ここに怪しい船が停泊している。


 さて、この真っ白な船は、なんだろう。

 謎その1。舳先が普通の舟とは上下逆のような形をしている。作治さんの話では、こういう形状の軍艦があるという。敵の戦艦に体当たりするために尖らせているそうだが、これはどう見ても戦艦とは思えない。
 謎その2。屋根の付いたデッキ。もしかしたらビヤガーデンではないだろうか。


 謎その3。ドアが下に開いて、そこに人が乗り、真下の海を見物できるようだが…。もしかしたらイルカ・ウォッチングのデッキなのか?
 謎その4。普通は船の先頭に船名が書かれているものだが、こいつにはなにも表示されていない。


 船の上部には日の丸が翻っている。もしかしたら国土交通大臣の専用船? あるいは政府専用船?


 船尾に廻ってみると、「A」と書かれている。そのすぐ上には見慣れない国旗が翻っていた。写真では見にくいのでネットで見ると、この国の国旗であることが分かった。


 「A」というのが船名のようである。そして「BIKINI」とは女性の水着ではなく、ビキニ環礁のことなのだ。
 つまりマーシャル諸島にあるビキニ環礁が船籍地のAということになる。


 このあと帰宅してからネットで調べてみると、こんなことが分かった。


 ふ~~~
 


←素晴らしき横浜中華街にクリックしてね






コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 横浜ハンマーヘッドでトルネ... | トップ | 横浜ハンマーヘッド再訪 »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
同じく見ました (ミサイル超獣)
2019-11-09 11:16:25
最新鋭のイージス艦とかウルトラ警備隊っぽいフォルムですよね。

自分が見た時はゴムボート浮かべてデッキブラシで船体を清掃されている方がいました。
高級で最新鋭でもメンテは昔ながらの地味な方法なんだなというのは見ててちよっとほっこり。

しかし金持ちのカネの使い方はホントにケタが違いますね。
すごい船ですよね (管理人)
2019-11-10 10:36:32
>ミサイル超獣さん
内部を見せてほしかったです。
食堂・厨房とか寝室、リビングルームなんかを。
これだけの大きさなので、映画ルーム、スポーツジムなんかも付いていそう。
モーターヨットA (Star(Wвб)ノ)
2019-11-12 11:42:54
現在地を追っかけるサイトが有って、内部の写真も少し載っていました
https://beautycosme4.club/archives/12131
Unknown (管理人)
2019-11-13 16:07:25
>Star(Wвб)さん
船内の情報をありがとうございます。
やっぱり思っていたとおりでした。
スゴイ船ですね~

貴殿のブログもすごいです♪

コメントを投稿

おいしい横浜」カテゴリの最新記事