キキの視点

千葉を愛する千葉都民のブログ。

深津絵里、好演。『博士の愛した数式』

2006年02月05日 | 映画 Movie
二日酔い・三日酔い・四日酔いではなく、
HPの更新他オフブログで、バタバタしていました。
・・・「二日酔い」「三日酔い」は聞くけど、
「四日酔い」は聞かないような気も。
そこまで行くと、、、、「慢性アル中」とかになるんでしょうか?
あ! 歓迎会はこれからだ


昨日、立春とは名ばかりの寒さの中、
深津絵里・寺尾聡が出ている、
『博士の愛した数式』を観て来ました。

うん。良かったですよー。
メインの登場人物は四人なんですが、
この四人がそれぞれに対になっていて。
映像も綺麗でした。

「吉岡秀隆って、この間~」なんて、
すぐに気にならなくなる・・・かどうかは人それぞれのようですが
特に大きな事件や派手な展開はなくても、
少ない登場人物で充分にドラマを魅せていく事は、
脚本・監督・役者の力量の三拍子が揃えば、ですが、
可能なんですねー

深津絵里、いい女優ですね~
エプロン+ママチャリも、ちゃんと嵌っていましたw


私は同伴者と1,300円の前売りで観ましたが、
正規料金(1,800円)払っていたとしても、
観て損したとは思わなかったであろう映画でした。

そういうの、久々かも。
おすすめです。


それにしても、最近、何だか、
「記憶喪失物」、「記憶力に問題・制限がある系」の映画の公開が
続いている気がするんですが、、、何故?

コメント (1)   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
« 前の記事へ | トップ | 次の記事へ »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
応援サイト (ヒカル)
2006-02-05 21:22:19
映画「博士の愛した数式」は、

清々しくて心温まる、そして涙の止まらない素敵な映画でした。

URLは同映画のクチコミ応援サイトです。よろしくお願いします。

関連するみんなの記事

3 トラックバック

博士の愛した数式 (ナナシ的エンタメすたいるNet)
先日、丸の内東映で「博士の愛した数式」を観てきました。 50万部のベストセラーに輝いた小川洋子原作の同名小説を 小泉堯史監督が映画化した作品。 80分しか記憶が続かない数学博士という難役に寺尾聰が熱演。 彼の世話をする家政婦の杏子に深津絵里と、 その10歳の息子齋
博士の愛した数式(数字の中に隠されていた愛の数字) (オールマイティにコメンテート)
「博士の愛した数式」は事故で80分しか記憶が持たない数学博士とその家に雇われたシングルマザーの家政婦とその10歳の息子との日々が綴られている。
博士の愛した数式 (自宅でDVD三昧!~映画・ドラマどんと来い!)
 交通事故の後遺症で、天才数学者の博士(寺尾聰)は、記憶がたった80分しかもた...