長徳寺

新潟県新発田市 長徳寺

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

堀部安兵衛が墓参り -高橋和也さんが長徳寺に-

2012-08-30 06:45:40 | イベント

8月28日、新発田まつりのパレードにNHK BS時代劇『薄桜記』で堀部安兵衛を演じる高橋和也さんが参加されました。

パレードの直前に、長徳寺に来られた高橋さん、安兵衛の父・中山弥次右衛門のお墓にお花を供え、丁寧にお参りされました。

その姿は、里帰りした安兵衛が父の墓前に手を合わせているようにも見えました。

 

 

お墓参りの後、四十七士の木像を安置する義士堂も見学いただきました。義士堂の四十七士像は明治の浪曲家・桃中軒雲右衛門から寄贈を受けた木像ですが、高橋さんのお父様は浪曲のファンということで雲右衛門のことも良くご存知でした。

 

 『薄桜記』のポスターと義士堂内を見学される高橋さん

 

自衛隊の車両でパレードされた高橋さんには市民から握手を求められていました。

高橋さんのともにパレードに参加したのは安兵衛の義勇を顕彰している武庸会の会員と新発田西高校のバスケ部員約20名。

高校生は、安兵衛が高田馬場の決闘に駆けつけた時の姿をイメージした着流しに赤鞘(あかざや)の刀を差した装束で演舞も披露されました。

  

  

 

 武庸会は討ち入りの法被姿。

 

パレードを終えた高橋さんを囲んで懇親会も行われました。

 

 新発田の「きやり」の披露も

  高橋さんと二階堂新発田市長

 

酒宴でも酒好きの安兵衛を演じてくださった高橋さん。新発田の4つの酒蔵のお酒をたくさん愉しんでいただけたようです。

高橋さん、ありがとうございました。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

堀部安兵衛がやってくる ―『薄桜記』の高橋和也さんが新発田に―

2012-08-18 09:43:42 | イベント

nhkのBS時代劇『薄桜記』で堀部安兵衛役の高橋和也さんが、新発田まつりでパレードをされる事になりました。

8月28日19:00~のパレードの前に長徳寺で安兵衛のお父さん「中山弥次右衛門」のお墓にお参りされます。

因に高橋和也さんは、元男闘呼組のメンバー。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2012年7月号『まつじ』

2012-08-11 14:25:22 | お寺の新聞『まつじ』

年に2回発行している長徳寺だより『まつじ』。

7月号を発行しました。

今号では、「お寺の作品展~ほとけと私の芸術祭~」のご案内や義士堂の天井画について記載しています。

 

以下からご覧いただけます。

 

「まつじ」表面 https://docs.google.com/open?id=0BwjNwnfwcBX8UG96dXNIX1dZb2s

「まつじ」裏面 https://docs.google.com/open?id=0BwjNwnfwcBX8cjY0VTBJOTQyQ3M

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平間至 × ブッタ

2012-08-07 08:24:46 | 山門法語

 

     すべての写真には

     切なさがある

     それは

     人生が切ないからだ

               写真家 平間 至

 

     諸行無常

               ブッタ

 

 ちょうど震災から1年が経った3月11日。

 平間さんは、故郷の塩釜市で「写真と人間」と題したイベントを行いました。

 イベントの参加者から、「どの写真を見ても、何か切なさを感じるのですが、どう思いますか?」と質問がありました。

 その質問への答えがこの言葉です。

 

 「それは人生が切ないからだ」

 

 ブッタは「諸行無常」と、すべての物事は移ろいゆき、形あるものは必ず崩れゆくと説きました。

 写真は、移ろいゆく瞬間を切り取り、時間をとめて私たちに見せてくれます。

 しかしその切り取られた瞬間は、見る者に移ろいゆく時間の流れをも想像させます。

 

 私たちは、決してとどまることのない瞬間を生きています。 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加