〜かたることばが歌になる風になる〜

作曲家林光さんの作品を中心に歌ってきた「女声合唱団風」元団員の日記

ワイヤレススピーカーとBluetooth

2017年03月12日 | インターネット
最近うちにあるノートパソコンをほとんど開かなくなった。
我が家のはWindows7で、以前よく10に無料アップできますよという表示がしつこく出るので、そんなに言うんならと更新してみた。
10の表示は今までのレイアウトと違うので扱いづらく、結局また7に戻した。戻すのが良くないらしく、戻してからoutlookのメールやWordなどの文字変換がやたら遅くなり、昔のwindows98などを使っていた頃のような重たさになってしまった。保存している重いファイルなどをできるだけ移動したり削除しても、いらないアプリケーションも削除したりしたが一向に改善しない。

かたや私はiPadミニのタブレットを使っていて、サクサクと打てていろんなことがほとんどこれでできるので今じゃ手放せなくなった。
妹と「windowsって何なんだろうね」と話が合う。

パソコンはあまり開かないが、時々中に保存している音楽ファイルやCDは聴くが、いつ頃からか接続していたスピーカーが鳴らなくなった。パソコン側のケーブルには問題ないようで、Boseのスピーカーが壊れたようだ。



近くの量販店で修理してもらっても修理代の方が高くつだろうと予想したので、しばらくパソコン内蔵のスピーカーで聴いていたが音が割れたり汚くて聞きづらい。

3日ほど前、アマゾンサイトで安いもので良いからと探してみると、本当に色々な価格でいろんなサイズでいろんな仕様のものがあって迷ったが、口コミの評判の良い、ワイヤレスで携帯にもさほど支障がない大きさの、アメリカのメーカーの「iDear PLAY」というのを注文したら2日ほどで届いた。








取説は英語で、日本語訳が要約して載っているが文字が小さく、スピーカー本体のボタンらしきものも黒くて小さくて見づらい。それでもめげず先ず充電からしてみる。
途中で充電中という表示のLEDの青い点滅が消えていたりして、本当に充電してるのかと心配で何度も電源を入れ直したりしていたが、操作の確認らしき言葉は英語だ。
口コミにも英語の取説がどうのこうのと書いている人もあったのを思い出した。

今月20日に大人の発表会なるところで、ほそみっちゃんとデュエットする3曲を二人で練習する時のために、自分でピアノ伴奏をタブレットに録音した。こう言うときには「歌えるピアノ弾き」は役に立つ。
でもタブレット内蔵の音は小さくて合わせで歌うと聞こえにくいので、このワイヤレススピーカーは役に立つようだ。火曜日その成果が確かめられる。

充電ができたところで、タブブレットで録音した音を聞こうとして知ったのがBluetoothというもの。
Bluetoothって?と思ったが、すでに我が家では使っていた。リビングに設置しているテレビとキッチンの作業するところは離れていてワイヤレススピーカーを使っていることがここで繋がった。
タブレットにもスマホにも「設定」にあるBluetoothはこういうものに使うのだと納得。

タブレットに保存しているピアノ伴奏をスピーカーで聴こうと、Bluetooth ONにすると「ディバイス コネクティッド(接続できた)」とスピーカーは言う。英語や…。
タブレットの伴奏がスピーカーで流れる。音量もいっぱいにできたり小さくしたり自由自在。ブラボー!
これを流しながら自分のパートを歌ってスマホで録音してみて、次はスマホの方のBluetoothをONにして自分の歌がどうなのかをチェックする。
私って凝り性なんだなぁと思う。

『オーディオ・カーナビ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 十色 | トップ | デュエット・二重唱 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

インターネット」カテゴリの最新記事