〜かたることばが歌になる風になる〜

作曲家林光さんの作品を中心に歌ってきた「女声合唱団風」 団員の気ままな日記

逝った人と残された者の悲しみ

2019年07月06日 | 生きる
6月最後の日曜日に仏壇のリユースをしてホッとして7月を迎えたその日、主人の弟のお嫁さんが急死した。私より1歳若い人。

建築の事業をする弟の仕事の業者さんらに慕われて、強面で押しの強い彼のクッション役で、3人の子供さんの優しいお母さんでもあった女性。
ひとり娘さんなので、若い頃「自分は1人だから、いろんなことに不安で、子供はたくさん産んだ」と言っていたことが思い出される。

彼女のお母さんと、お母さんの独身の妹さん、つまり彼女の叔母さんの両方を、1昨年ぐらいから続けてお世話し見送ってこれからという時だった。
亡くなった彼女のお母さんは、3人のお孫さんがそれぞれ結婚しひ孫までいて「1人だったのが12人になった❣️」とよろこんでおられたそうだ。

この日午前中に歯科の治療を受けて、その後スーパーに買い物に来た義妹の姿が、防犯カメラに映っていたらしい。自転車に荷物を積んで帰ろうとしている時に「大動脈解離」で倒れ、ほんとに即死状態だったとか。
この病気は、動脈の中の何層かの層が薄くなって、薄くなった方に血液の塊ができて大きくなっていき破裂するという「大動脈瘤破裂」で、何の自覚もなく突然起こるという。誰にでも起こりうる病気かも知れない。

告別式の出棺の時の、姪の「お母さんありがとう!ありがとう!」と泣きながら叫び続けていた悲痛な声、甥たちの声を上げて泣く姿を思い出すとまた涙が出てくる。
交通事故死や通り魔も同じで、突然の愛する人との別れは悲しすぎる。
通夜の席では、高齢ドライバーの事故のニュースから、免許証の返納をいつするのかと言った話題もひとしきり出た。

主人の弟は、葬儀の翌日から仕事はあるものの、多分へたり込んでいるのだろうと想像する。「ピンピンコロリ」が理想と話していた義妹。突然すぎて本人も逝ったと思っていないだろうし、残された者の悲しみも尽きない。

日々を悔いなく生きるという事を考える。

コメント (6)   この記事についてブログを書く
« お仏壇のリユース | トップ | きっとの奇跡 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
突然の死はショック (伊佐治 弘)
2019-07-08 20:03:02
お悔やみ申し上げます。 突然の死は残された者に覚悟の時間がないからショックですね。 家内の父も68才で突然死(即死)しました。 義妹さんの死因とほとんど同じです。 なかなか自分で理想の死を選び取ることは難しい、というより不可能ですね。 だから毎日を大切に生きるしかありませんね。 悲しいことが起きましたが、篤子さんはめげないだろうし、良いお友達が沢山いらっしゃるようです。 それが宝ですね。
いつもコメントありがとうございます (ヘリテージアッコ)
2019-07-08 20:21:29
伊佐治さま
いつもブログを読んで下さりありがとうございます。
身近な人たちの心配をするとキリが無いのですが、離れて暮らす家族は尚更気がかりです。
長男は7月から諫早に赴任しました。一月に一度は帰って来られるとのことですが、今かなり忙しいようでお盆には帰阪できないらしく、早々と私たちの方が出向くことになりました。お嫁さん共々長崎観光できると楽しみにしているところです(*^◯^*)
こんにちは (鈴木)
2019-07-11 18:27:15
ランダムを散歩していて辿りつきました

ブログ拝見してます
突然に亡くなるのは辛いですね
お悔やみ申しあげます
私も何度もそんな経験あります
「えぇ~~~なぜ午前中出会っていたのに」
そんな場面もありました
信じられない事もありました
ありがとうございます (ヘリテージアッコ)
2019-07-11 18:42:16
鈴木様
コメントをありがとうございます。
身近な人の死、そしてまだまだいろんなことができただろうにと思うと残念ですし、逝った人と自分、子供さんがたと自分の息子たちとがオーバーラップしてしまいます。悔いの無いよう生きていかねばと思います。
Unknown (卒業生くみこ)
2019-08-11 03:50:12
久々の私です。
『日々を悔いなく生きるということを考える』
とっても難しいことかも知れない・・・。
そして、まさに今の私への課題のような気がします。
今私が決断しようとしていることが、正しい選択になるのか、大きな後悔になるのか。
福本さんの最後の一文が私の心に物凄い勢いで響いてきました。
お久しぶりです (アッコ)
2019-08-11 21:45:12
くみ子さん
お変わりございませんか?
カフェコンサートでお会いできず残念なことでした。
大阪ではちょっと面白いハップニングもあり笑えましたよ。
コメントでの内容、何か深刻な状況なのでしょうか。
体調のことでしょうか。
とても気になります。
7月から長崎諫早に単身赴任している長男の所に、10日から家族で遊びに来ています。
暑さが半端ないのでどうぞご自愛下さいね。

コメントを投稿

生きる」カテゴリの最新記事