〜かたることばが歌になる風になる〜

作曲家林光さんの作品を中心に歌ってきた「女声合唱団風」 団員の気ままな日記

空港の思い出

2019年08月14日 | 旅行
7月から長崎諫早に単身赴任している長男の所に、10日からお嫁さんと孫二人と
飛行機で行ってきた。私はマンションから歩いて5分ほどのところにある
地元のホテルに素泊まりで2泊して12日に帰阪した。
家族は16日に帰宅予定しているが、台風の影響で飛行機が飛ぶか心配している。

出発の日、国内線だから1時間ぐらい前に空港でお嫁さんたちと待ち合わせの予定で
リムジンバスを降りて出発カウンター前に来て驚いた。
ニュースの映像でしか見たことがなかったごったがえの空港の
出発カウンター前に100人以上の列。
13時50分発の飛行機で列に並んだのは12時50分ぐらい。
少しずつ列は動くが、徐々に「大丈夫なんかな」と心配になる。

そうしていると空港スタッフの女性が、「13時30分までにご出発のお客様はおられますかぁ」
そうして「13時50分までにご出発のお客様、、、」の声でほっとして列から出ると、
同じ便に乗る数組が優先的にチェックインの手続きができ、予定通り乗り込むことができた。

昔、三男が小学校5年生ぐらいの(今は30代後半)夏の観光シーズンに、
単身赴任している主人の熊本へ大阪空港から行った時のこと。
私はそれまでにもあまり混まない時期に何度か行っていて、
空港へは遅くとも30分前ぐらいには行きチェックインして、
保安検査してゲートに向かうことができていたので、
この時も息子とそのような段取りの時間でリムジンバスに乗り込んだ。
しかしこの時は高速が渋滞して、いつもなら15分ぐらいで到着するところを
50分ほどかかってしまった。
後から考えると予想できたことだったのに慣れていて油断していた。
後ろの男性が、自分の飛行機はもう間に合わないと苦笑して話していた。
こんなことになるとは思わず私たち二人はしかもバスの後方に座っていて、
到着したのは離陸時間の10分ぐらい前だったと記憶している。
間に合わないからとお願いしながら先に降ろさせてもらい、
航空会社のカウンターに行くと出発ゲートへ直接行くよう言われ、
2階に上がると保安検査の入り口は長蛇の列。
一番前の方に事情を言うと快く通してくれて、保安検査が済むと息子に「走るよ!!」と
荷物を抱えて走りに走ってゲートに着いたら受付が空いていて
何とか乗り込むことができたと言う、間一髪の忘れられない出来事が思い出される。
普段の時期ならその時間はすでに閉鎖されているが、
観光シーズンだから待ってくれたのだろうと主人は言っていた。
今では息子と共有するひあ汗ものの思い出話。

もう一つ。主人が3月に赴任してすぐの4月ごろ、私が初めて飛行機で熊本に行く予定の日、
朝起きると、回避されるとみていた私鉄電車のストライキが決行されてて、慌ててJRに乗り、
リムジンバス乗り場に行くと動いていなくて、タクシーで空港まで行ったこともあった。
色々な思い出がある空港という場所に来ると、それでも私はいつもワクワクする。

今回の飛行機での長崎行き。お嫁さんは飛行機は苦手という。
孫二人(高1と中1)は初めての飛行機で特に下の男の子は緊張している様子だった。
小さな赤ちゃんや男の子の兄弟などを連れた帰省客らしい客席は賑やかだった。
1時間15分のフライト。
日本の航空会社は本当に正確で、出発の時数分遅れたようだったが、
きちっと長崎空港に予定時刻に到着した。
長崎空港では長男が迎えに来ていて、空港を出て連絡橋を渡る。

空港から30分ぐらいで着いたマンションの駐車場から建物までは緩やかな坂道で、
高台に建つ二階建ての1階の部屋まで数段の階段を上ると(結構きつい)、築半年ぐらいで
新築の匂いがする1LDKの部屋に到着。西向きだが近くに小学校が見える静かな立地で、
下校時間かな?5時ごろ「夕焼け小焼け」のメロディーが聞こえていた。

リビングには自分で買い求めたというおしゃれな照明器具がついていて、
我が家より余程きれいで快適な空間だ。
トイレのドアは押すとドアが真ん中に縦に開く。
ドラマによく出てくる隠し部屋のドアみたいに回転式?面白い。

手前に息子の簡易ベッドはあるが、家族はこの床に寝袋で?寝るらしい(笑)
夕方6時開店の、麺類好きの息子が見つけたという近くのお店で夕食をする。

諫早に着いた翌日は、長崎市内の松山町というところのパーキングに駐車して(終日600円)
路面電車一日乗車券(500円)で数か所観光をした。
コメント (2)

シチリア島上陸

2019年04月25日 | 旅行
旅行3日目。4日目。
船中泊した翌朝、シチリアの玄関口でシチリア州都パレルモに到着。
パレルモが経済発展華やかな頃、33年の歳月をかけて建てられた有名なマッシモ劇場は、映画『ゴッドファーザー3』の撮影がなされたことでも有名らしい。
早朝なのであまり人がいない劇場を外から眺める。
建物の左の方に、オペラ「椿姫」や「アイーダ」「リゴレット」などを作曲したイタリアの作曲家ジュゼッペ・ベルディの胸像があった。

ここからバスで移動して、カプート山上にあるモザイク画(タイル)溢れるモンレアーレという町を観光。
イタリア語でドゥウォーモ、その他の国ではカテドラル、日本語は大聖堂と言われる教会見学。
豪華絢爛な建造物は、その時代を統治する王権の権威の象徴のよう。

教会の見学のあと街なかをあるいて、山上の街を眺める。
山上に上ってくる途中にあった出店で、ブラッドオレンジなどのジュースを飲む。
写真の左の方に見える、赤い実の果実がブラッドオレンジ🍊
モンレアーレからパレルモに戻り。地元で有名なレストランでランチをしたあと、世界遺産に登録されている、アグリジェントで荘厳なギリシャ神殿が立ち並ぶ『神殿の谷』を見学。

写真の上段真ん中は、日本にある横穴式石室などと同じお墓の跡らしい。
この日はアグリジェントで宿泊。

翌日は丘の上に広がる陶器の町カルタジローネ観光。

町の大階段(スカーラ)もマヨルカ焼きのタイルがはめ込まれている。
この観光地で息子たち家族に、時計をはめ込んだマヨルカ焼きの置物を買った。

このあと天才数学者アルキメデスを生んだ町シラクーサに移動し、サントさんという日本語堪能な、ダジャレばかり言う、変なイタリア人と言った風情の72歳の白髪のガイドさんで観光する。
時折ダジャレが行き過ぎるけれど、イタリア訛りがきついけれど日本語が上手すぎて?女性陣は笑いこけていたが、男性陣にはどうも鼻持ちならない男性に見えるようで、皆さん仏頂面で歩いておられた(笑笑)
ネアポリ考古学公園と、シチリア最大のギリシャ劇場を観光する。
冗談なのか本気なのかわからないような、一見チャランポランなガイドに聞こえるサントさんは植物に詳しい人で、公園の中に群生している草に見えるものからハーブなど🌿、時折詳しい知識を織り交ぜてお話ししてくれる。


写真の上段の右から2枚目は洞窟で、中でサントさんが「帰れソレントへ」や「サンタ・ルチア」を口ずさんで響きを聞く。。
 
修復中のギリシャ劇場。

夕食は「エイトオクロック(8時)」というレストラン。
添乗員の智子さんが、デカイお皿ですごい量のパスタを食べてる若者たちが隣の部屋にいると言うので、好奇心旺盛な私が見に行くと、気さくにみんなで写真を撮ろうという。

常連らしいこの辺りの建築現場で働く塗装工の人たちだった。この中の一人が、この写真の写メを自分のアドレスに送ってほしいというので後で送る。
田舎の素朴な人たちとのこんなちょっとした交流が旅の醍醐味でもある。
ペンネのパスタの前菜とチキンのメイン。デザートの果物は豪快にこのまま出てきたので、妹とリンゴをそのままかじる。
右端がオーナーお父さん。左前のメガネの男性がシェフで息子さん。
智子さんが奥さんは見当たらないという??
夕食後、イタリアを代表するリゾート地タオルミーナへ。ここで2連泊。
コメント

ナポリ見学と船中泊〜シチリア島パレルモへ

2019年04月18日 | 旅行

南イタリアカゼルタ、ブルボン家の宮廷と庭園見学の後はナポリへ。

車窓からナポリの町の名物?の洗濯物。ナポリはあんまり綺麗ではない街並み。

ゴミゴミして汚い町というのが第一印象。

ゴッドファーザーの映画に象徴されるように、以前は町に降り立って歩いてもいけないと言われるほど

治安が悪かったが、今はツアーで見物もできる。


遥か向こうに、ナポリから東へ9キロの湾岸にある、ヴェスビオ(ヴェスビオス)火山が見える。現在は噴火していない。
「ナポリをみて死ね」ということわざがあるのを聞いたことがある。
この風光明媚な景色を見ずに死んでは、生きてきた甲斐がないというほど美しいナポリの景色。

ナポリはこの地だけの独特な「ナポリ語」を話すそうだ。
ナポリ語の歌詞のナポリ民謡(カンツォーネ)「帰れソレントへ」という歌を、中学の音楽の教科書で歌ったことがある。バスの運転手さんがくちずさんでいた。
ソレントはナポリ湾を挟んで南南東に約30キロの「ソレント半島」の北海岸に位置する。


町の繁華街にいく。

この家族は、自分たちの顔を入れて天井のドームの写真を撮ろうと、スマホを中心に置いて、どうしようかと楽しそうに話していた。

夕食はこの近くのレストラン「サンタ・ルチア」
イタリア民謡「サンタ・ルチア」が頭に浮かぶ。

イタリアでは前菜がパスタ、そのあとメインが来てデザートとなる。
前菜パスタの量は、私たち日本人のランチ1食分。
そのまま毎食普通に食べていたら、オイルとその量とで食傷気味になっていく。
 
あさりのボンゴレロッソ。

シーフードの揚げ物。

チョコ風味のお菓子。

この後は港のフェリーにバスで乗り込む。

7階のフロアにある私たちツアーの人の部屋の廊下。
この時期はイタリアの春休みなのか、どこに言っても観光客や、学生の旅行者がいっぱいで、夜遅くまで子供たちの騒ぎ声がうるさく、どこの国も子供は一緒。

部屋の中の写真を撮ったはずなんだけど、、
それぞれの部屋は、日本間に例えるなら、2段ベッドのある2畳〜3畳ぐらいのスペース。このスペースの部屋が二つ、ドアで仕切られている。妹とお互い2段ベッドの下の方に寝ることにした。
私の方のベッドの頭の方でお隣の外国人夫婦らしき人の声が聞こえるが、寝る頃には聞こえなくなった。シャワーと狭い洗面所の、本当に簡易宿泊所と言った感じ。
シチリア島のパレルモに向かって出航する。


船中泊だ!と期待したが、全くの移動のためだけのフェリー。
学生の頃、3等?の広いフロアで九州から大阪まで船中泊したよりはよっぽど快適だったが、「移動だけの船ですから」と添乗員さんがしきりに連呼していた通りの船中泊体験だった。
コメント

南イタリア旅行その2<カゼルタ>

2019年04月11日 | 旅行

旅行2日目

ホテルからバスで3時間ほど揺られてカゼルタという町に行く。イタリアのカンパニア州の北西部に位置するカゼルタ県という所の県都の町カゼルタは、世界遺産に登録されているブルボン家の豪壮な王宮庭園がある。

18世紀、ナポリ王国の王様カルロ7世が建築家に作らせて、カルロ王の息子たちが完成させたという、ベルサイユ宮殿からヒントを得て作られた5階建、部屋数1200という豪華絢爛な宮殿。

宮殿観光の前に、ナポリ発祥のpizzaマルゲリータ(マルゲリータ女王に捧ぐ)をランチで頂く。










この場所は、私は観ていないが「スターウォーズ・エピソード1、2」のナブー王宮の撮影が行われたということで有名らしい。












この真っ直ぐに続く道のずっと先3キロほどの所に池があり、マッダローニの水道橋からの水が滝のように流れているそうで、歩きで、馬車で、庭園内のシャトルバスで見に行くようだが、私と妹はこの芝生に座って休憩することにした。
その大滝はこんな風景だそう。よそからお借りした画像。


ほかの皆さんは歩いて行かれたが、3キロほど歩いて結局滝にまでは行かれなかったという方もいたようだ。同じ年代の方々なのに旅慣れていて驚くほどタフな方ばかりだ。

この後はナポリへとバスで向かう。
コメント

南イタリア旅行その1

2019年04月11日 | 旅行

3月30日から、羽田離発着の南イタリアの旅が始まった。関西からは私たちだけ。羽田集合は一応8時半となっている。関西空港出発は8時10分で羽田には9時25分着。空港宅配で預けているスーツケース🧳を取りに行き預けて、国際線に移動して3、40分はかかった。10時50分から搭乗開始になる。添乗員さんの携帯に連絡を入れながら移動し、国際線の搭乗口には10時半ごろ着いてやれやれ。

沢山の人でごったがえしているので、同じツアーの方がどういう人たちだかはわからないが、添乗員の智子さんはワンピースに黒の網タイツ、黒いロングヘアーのお洒落な出で立ちでとても気さくな口調で関西からの参加をねぎらって下さった。

11時20分羽田を発って約12時間、乗り継ぎのフランクフルト・マイン空港に現地時間15時40分到着、日本時間23時ごろ。ここから1時間半ほど飛んでローマの「ARDEATINA PARK(アルデアティーナパーク)」ホテルに夕方着いた。途中で時計は現地時間に変わり、同時にサマータイムにも変更する。

翌日は朝8時出発で、南イタリアのガゼルタという町へバスで向かう。長時間のフライトはいつも通りかなりきつい。着いた夜は短い時間を眠ったと思うとすぐ目が覚める。モーニングコールがあってもそれより早く目覚める。いつものことだ。

コメント