混声合唱団「コーラス 星の会(北海道千歳市)」

「コーラス 星の会」(北海道千歳市で活動中の混声合唱団)の活動の様子をお知らせします。

2020年11月20日の「コーラス星の会」練習会場

2020年11月20日 17時27分39秒 | 今日の星の会

今日の練習会場は、

しばらくぶりの

「文化センター リハーサル室」です。

毎回、同じようなことを言っていますが、

換気のため、かなり冷え込みます。

暖房の入る時期なのですが、

常に窓を細く開け、

さらに、1時間に一回程度、

会場全体の空気が入れ替わるように

窓や出入り口を全開にしますので、

一時的には外と同じ温度になります。

寒さ対策お忘れなく、

土足厳禁の会場ですので、

上靴も持参ください。

会場のスリッパは冷たいですし、

ウィルスによる汚染も心配です。

 

そうです。ウィルスです。

北海道は、感染拡大に歯止めがかからず、

市内でもいくつかクラスターが発生し、

「感染した人に会ったことない」

と言えなくなるのも時間の問題かと……。

 

今のところ、「コーラス星の会」は

練習を休止する予定はないようです。

「えっほんとに休まないの??」と

家族などにびっくりされているかもしれませんが……。

 

合唱団としての統一見解ではありませんが、

私個人としては、

「歌うことは、私たちにとって、

けして不要ではない!!」

と声を大にして言いたいです。

あっ大きな声は出しちゃいけないんですね。

マスクの中で、小さくても力強い声で、

言いたいです。

「不急、かもしれないけれど、

けしてけして、不要ではありません」

3月から7月ぐらいまで、

全ての「歌う活動」を休止していた期間に、

「歌えないことがつらい」というたくさんの声が、

ほとんど悲鳴に近く、発せられていたことから、

「歌うひととき、歌う場所」を守りたい、と、

切に願ったことから、

導かれた持論です。

くどいようですが、個人の持論です。

「コーラス星の会」の統一見解ではありません。

 

社会のありようを考えれば、

「集まって歌うことは、感染リスクが高いから、

歌うべきではない」が

正論なことはわかっています。

でも、だからといって、

「やめてしまっていい」とは、どうしても思えないのです。

 

すみません、余計なことで長くなりました。

他にもお知らせしたいことがあったのですが、

記事改めます。

 

団員のみなさん、寒さ対策をして、

文化センターリハーサル室にお集まりください。

会場に着きましたら、

体温を測って、名簿に記入、をお忘れなく。


コメント   この記事についてブログを書く
« またミスプリ・・??……ではあ... | トップ | 2020年11月最終週の練習 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

今日の星の会」カテゴリの最新記事