タイと語学と日々の暮らし-言葉の力 บล็อกที่ฮิโรมิ

語学に関する事、タイ&バンコク情報、日々の出来事や感じた事などを書き留めています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

=庭が素敵なヘルシーレストラン= yoyakkinpak ย.ยักษ์กินผัก オンヌット Sukhumvit soi 50 ランチがお得で129バーツ

2019-02-20 | タイ レストラン・フードコート・飲食店

最近、スクムビット ソイ50におしゃれカフェLAFFが出来たり、バインミー屋のBUN MEがあったりで

ソイ50を日本人女性が複数人で歩く姿を見かけるようになりました。

 

 以前の記事

  LAFF オンヌットに出来た素敵な空間、居心地の良いお洒落なCafe&Bakery

  *おひとりさま* バインミー BUN ME



そしてソイ50に2月にオープンしたのが ヨーヤックキンパック (yoyakkinpak)  ย.ยักษ์กินผัก  です。 

ここは、庭が広くて綺麗で、アウトサイドの席もあって、オンヌットらしからぬ佇まいがずっと気になってたんです。

今日やっと行って来たのでご紹介したいと思います。

場所&外観・内観

ヨーヤックキンはソイ50の通り沿いにあります。

BTSオンヌット駅下車 2番出口 を出てソイ50を直進します。

 

テスコロータスと反対側、右側の歩道をひたすら直進して下さい。

3.4分歩くと、高速道路の出入口が見えて来ます。あと一息。

そこから3.4分歩くとソイ50沿いに素敵な庭が見えて来ます。

ちなみにヨーヤックキンの斜向かいにバインミーのBUNMEがあります。

この奥がアウトサイド席。

噴水もあります。

 

外観

恐らく、外の通り沿いにある小さな屋台(写真右奥)でテイクアウト販売を始めるのでは?

アウトサイドの席もたくさんあるけど、今の時期は室内がベター。

 

室内も天井が高くて素敵ですよ。

可能な限り添加物を使わない野菜や食材。
健康で新鮮な食事を提供

席についてメニューを渡されるのですが、メニューには。サラダがたくさん。

メニューはストーリーブックとも書いてあって、合成肥料や様々な添加物を使わない食品を提供しているようです。

 

サラダの他にもステーキ、パスタ、タイ料理、フルーツジュースなど色々。

お昼に行ったら、なんとランチもありました。

ランチはタイ料理のみ3品だけですが、これがとてもお得!!

サラダ付きで3品から選べます。

嬉しいのはサラダ付きでドレッシング(手作りみたい)を選べる事。

ドレッシングはクリーミーセサミにしました。野菜はパリパリで新鮮でした。



そしてご飯は3種のミックス!!

 

 

私と夫で違うメニューを頼みました。

豚肉のガパオで炒めたものと、鶏肉のカシューナッツ炒めです。

辛くなく外国人に食べやすい味付けです。これで129バーツって雰囲気もいいし安いな。

ランチは近所の会社員のタイ人女性達も来ていました。

 

   

 

そして嬉しい事にテーブルの上にあるQRコードを読み取って、LINEで友達になると

アイスがフリーでした。

アイスも3種から選べます。

これはココナッツ。その他にチョコレートとメロンでした。

 

涼しい時ならアウトサイドの席でお茶を楽しんだり出来そうです。

駅からは少し歩きますが、その分、静かで落ち着きますし何よりヘルシー思考なのが

小さなお子さんがいる方にも安心なのではないかなぁと思いました。

 

 ちなみに店名は翻訳すると

  鬼が野菜を食べる


  
ヨーヤックはゴーカイを習うと出て来る、あの鬼です。店内にも様々な所にヤックを見つけられます
コメント (4)

バンコクで部屋探し&シーローで引越し

2019-02-17 | タイ お役立ち情報

 

引越しは不動産屋やエージェントを通して物件を探す人も多いと思います。

この度、長男が家を出る事になり引越しをしたのですが、彼らのローカルチックな、部屋探しから引越しが面白かった。

その顛末を話したいと思います。

 

まずはネットで物件を探しから始まります。

部屋探しに使ったのが Rent.Hub

ここで住みたい場所を指定し、家賃などをチェックし検索をして行きます。

部屋を探す・内見

気に入ったコンドがあれば、電話やEメールで連絡をして部屋を見せてもらう日時を決めます。

または目当てのコンドへ直接出向き、オフィスのスタッフに部屋が空いているか聞きます。

空いている部屋があれば、オーナーに連絡をして部屋を見せてくれたりします。

  

私達はRent Hubで目当てのコンドがあって連絡したのですが、連絡は取れたものの、

1ヶ月先の引越しじゃ見るのはまだ早いだの、色々言われ、なぜか部屋を見せてもらえずで
(ワタシ的にあの物件はサクラじゃないかと思ってる。
 だって同じコンドで色んな部屋を見せてもらったけど、あんな安い部屋なかった。)

直接、コンドのオフィスに行って、空いている部屋はないか聞きました。

 

それからコンドのインフォメーション掲示板にレントルームの貼紙があるので

直接電話をして、状況を聞きました。(オーナーやエージェントの電話番号が書いてある。)

運が良ければオーナーが同じコンドミニアムや近くに住んでいるので、すぐに来てくれてそのまま部屋を見せてくれます。

タイ語か英語が出来ないと、電話での応対はキツイかなと思います。

 

長男にはタイ人の彼女がいるので、現地でも細かいやりとりはしてくれて

スムーズに部屋を見せてもらえて、そのコンドで3.4件の部屋を見る事が出来ました。

 

私達が見た3.4件はどれも決め手に欠けていて、契約するようなら連絡する旨を話しました。

 

数日後、長男の彼女がネットで同じコンドでいい部屋を見つけ、内見する事になりました。

内見の時にはオーナーが来てくれました。オーナーは高齢のタイ人で、落ち着いた雰囲気のいいおばあさんでした。 

この部屋はそれまで見た中で一番良く、部屋に入った時から、ここだ!と思いました。(私が住むんじゃないけど(笑))

スタジオタイプの部屋ですが、収納がたくさんあり、クーラーも2台あり網戸も付けてあって

リノベーションもしてあるので、フローリングや壁もきれいで明るいです。

 

内見後、別のコンドも見に行きましたが、ソイからかなり入るので除外し、1時間後オーナーのおばあさんに契約したいと電話しました。

契約

オーナーは家が近いのか、すぐにコンドのオフィスで会って契約する事になりました。

コンドのオフィスのスタッフが間に入り、契約書を作成、サインして2月1日から入居出来る事になりました。

 

この日は契約書のみで約10日後の2月1日に、再度オフィスへ出向き

デポジット2ヶ月、前家賃1ヶ月を払い、鍵をもらえる事になりました。

 

これでひと安心。

 

引越し

続いては引越しです。

前回、トンローからオンヌットに引っ越す時にはLALAMOVEを使いました。

LALAMOVEはGRAB TAXYの感覚で使える配送アプリです。

車の大きさを選び、指定場所に荷物を運んでもらえます。

その時はトンローのコンドからオンヌットのコンドまで、荷物を運んでもらって1155バーツでした。

door to doorなので梱包は自分でしますが、安いですよね。


その時の記事です。

 配送アプリ “ LALAMOVE ” で格安1155バーツで引越しできた!


今回はオンヌットからオンヌットの引越しで距離はないものの

テレビやパソコンなど大きな荷物もあるので、一気にLALAMOVEで引っ越そうと思っていました。

 

ところが長男がテレビとスピーカーだけ先に運びたいと言い出しました。

それだけタクシーで運ぶ事になり、テレビを持って行くついでに運べる物を一緒に運ぼうと

息子の彼女や私もそれぞれに息子の新居へ持って行く物を梱包していました。

 

私はすぐに使う物、トイレットペーパーや洗剤、とりあえずの食器などを梱包。

なんだかんだやっている内に大量に梱包された荷物が出来てしまいました。

 

そして、気が付いた!

タクシーに荷物を乗せると、1人しかタクシーに乗れない

 

LALAMOVEに頼む程の量でもない。

シーローにお願いしてみよう!

 

オンヌットのテスコロータスの駐車場にはシーローが止まっているので

そこの人に声をかけ聞いてみると、300バーツで運んでもらえる事になりました。 

 

LALAMOVEは荷物を家の玄関から、目的地の玄関まで運んでもらえますが

シーローの運転手は荷物を車に積み込むのも、手伝ってくれません。

荷降ろしも自分達でしなくてはなりません。 

 

3人でコンドの1階に荷物を下ろし、シーローに積み込み出発です。

私は特等席の助手席へ。(笑)

 

なんか、車内すごかったわ。。。ボロボロだし自作?で車内に扇風機付いてるし。

でもってシーローのおじさんの隣に座ってると、なぜ私は今ここに?と思えて

なかなか出来ない経験もしてるなぁと、なんかすごいぜと笑えてしまった。

 

この後もう1回、このおじさんに引越しの荷物の運搬を頼みました。

後になって気づいたけど、細長いスピーカーが見当たらない。

きっと初日に運んだ時に降ろし忘れたのだと思う。

ちゃんとチェックしたつもりだったけど細長いから、気が付かなかったのだと思う。

 

2回目にシーローをお願いした時に何も言われなかったけど、それしか考えられない。

きっともうどこかに売り払ってしまったんだろう。(違うかもしれないけど・・・)

 

もしまたシーローで何か運ぶ時は、気をつけよう。

 

でも楽しかった。ローカル感満載の引越し。

コメント

=ベトナム ハノイ旅行記 テト(旧正月)=旧市街地で驚いたカフェやバーの低いイス

2019-02-15 | 旅行

ハノイのノイバイ空港からバスで旧市街地へ。

旧市街地周辺に着いて、ホテルに向って歩いていてすぐに目に付いてビックリしたのがカフェのイスが低過ぎる!

カフェだけでなく屋台やバーのイスも低い。

お風呂のイスくらい低いプラスチック製のイスなのだ。

 

日本やバンコクなんかでも飲食店のイスって言えば、膝をきちんと立てたれる高さだったから驚いた。

あんな小さい低いイスで足がだるくないんだろうか?

 

しかも、イスは車道に向って並んでいてこれにもビックリ!!

 

歩行者目線からすると、あんな低い所に座ってナンなんだ???

と最初は滑稽な感じだったんだけど、至る所に低いイス&車道向きでちょっと座ってみたくなったぞ・・・(笑)

 

で、ホテルに着いて、周辺を探索の際にカフェのイスに座ってみた。

あれ・・・意外に座りやすい・・・それに楽しい!

 

低いイスに座ってわかった事。

目線が低くなるから下から上に視線が行くので、風景が違って見える。

行き交う人や車やバイクを低い目線で見るのが新鮮。

子供に戻ったらこんな感じなんだろうなぁ。

低いイス万歳!!(笑)

 

別の日のカフェのイスから車道を見る。

 

旅行中、すっかり低いイスに慣れ、くつろぐ私。

 

屋台のイスは車道に向っていない所が多かったんだけど、ブンチャーを食べた店で低いイスのメリットを発見した。

ブンチャーの店はお客さんがひっきりなしに来て、席がないとテーブルを歩道にプラスして広げて行くんだけど

その時に空いているイスを積み重ねて、新しいテーブルに持って行く。

あっと言う間にイスの移動と新しい席が出来る。

 

片付ける時も同様で、イスをポンポンと積み重ね、まとめて端に寄せておく。

イスが小さくて低いからコンパクトで収納に便利、軽い。

 

外国って新しい発見があって面白いなぁ。

 

そして本当にビックリしたのが、観光から夜、ホテルに戻ると玄関の前で男性スタッフ2人が宴会をしていた。

玄関前にテーブルとこれまた低いイスでお酒を楽しんでいる。

 

私と夫を見つけると「ボス飲んで行きなよ」とビールを差し出してくれた。

スタッフ2人は酔っ払っていて、すごく楽しそう。

テト(旧正月)でも仕事の彼らの息抜きなのか、正月だから乾杯なのかわからないけど1杯頂く事にした。

 

スタッフの一人はホテルのレストランで朝食を作っているんだけど、大きなバットに鶏肉とソーセージが並んでいて

それをつまみに酒盛りをしていた。私達にも勧めてくれて、鶏肉とソーセージを頂いた。

途中、お客さんがフロントに来ると、駆け出しフロントに行き仕事もしている。

ホテルの前でスタッフが酒盛りをしているなんて初めてだし、飲みながら仕事っていいのか?(笑)

 

ハノイの低いイスでこんな風に路上でお酒も飲めて、気持ちよく1本飲み終えると、もう1本飲んでとビールを渡してくれる。

1日ハロン湾ツアーで疲れていたので、1本だけ飲んで部屋に戻ったけど、本当に外国って面白いなぁ。

外国にいて時々、大変な事もあるけど、これだから海外旅行って楽しいなぁと思う。

コメント

=ベトナム ハノイ旅行記  テト(旧正月)=旧市街地グルメ。バインミー・ブンチャー・チャーカー・フォー

2019-02-14 | 旅行

 

  テト(旧正月)のハノイ旧市街地 90%店は閉まっていた。

 

 

バインミーが好きで、今回のハノイ旅行でもバインミーを食べる事を楽しみにしてました。

しかし…何も知らずハノイのテト(旧正月)真っ只中にチケットを取ってしまった・・・・

 

テトの時期はほとんどの店が閉まってしまうそうで、食事はどうなるんだ?

しくじったぁ・・・と思いつつも私が宿泊する旧市街地は欧米系の観光客も多く、

どうにかなるだろうと、3泊4日の旅に出かけたのでした。

 

食糧探しへ街を探索、まずはバインミー

いざ旧市街地に着いてみると、観光名所のホアンキエム湖周辺の店は開いている店も多く、コンビニのサークルKも多々ある!

私の宿泊先の目の前にも24H営業のサークルKがあるし、外国料理の店や屋台なんかも開けているところもあって

なんとか食難民にはならないで済みそうだ・・・ほっ

旧市街地は観光客の多いエリアなので、開いているお店は他のエリアよりも多いみたい。ほっ

 

よくわからないまま、ホテルからホアンキエム湖を歩いているとバインミー屋台を発見!

テトのハノイ、いつ食べれるかわからないから食べました!!

 

本当はバインミー25と言うお店のバインミーミックスが食べたかったんだけど、

結局、私が滞在している間は休みだったんです。(悲)

 

ハノイ最終日の朝食にバインミーの店を探し、見つけたのがここ。

Banh My Lan Ong

 

ホテルの朝食よりバインミーを取ったけど、お味は普通でした・・・でも満足

ホーチミンで食べたバインミーは具材がたっぷりだったんだけど、ハノイのバインミーはちょっと違うのかなぁ?

ブンチャー 日本人好みの味付け

続いてはブンチャー。

ブンチャーの有名店 ダックキムへ行ったけど、滞在中はテト休みで食べれませんでした。

でもお隣にブンチャーのお店があるので、ここで頂きました。

Bún chả  1と言う名前のお店です。ベトナムの文字読めない・・・

 

ブンチャーはハノイに住んでいる友人数人がおススメした料理でした。

 

甘めの醤油たれのような器にたっぷりのミートボール。

この漬け汁に、そうめんのような麺を入れて食べます。

春巻きやミント、コリアンダー、サラダ菜、しそ、にんにく等を入れて好みのスタイルで食べます。

 

 こんな風にね。

酒飲みの私はこの漬け汁が甘かったのですが、照り焼きの様な、煮物の様な甘辛い味付けは日本人好みかと思います。

ちなみに、にんにくと唐辛子を入れて甘さを調整しました(笑)

 

チャーカー

今回のハノイで一番食べたかったメニューのチャーカー。

チャーカーは揚げた魚を葱やディルと一緒に食べる鍋料理。

ブン(米粉の麺)と一緒に頂きます。

 

チャーカーが有名なチャーカーラヴォンもチャーカータンロンへ3日間行ったもののテト休暇・・・

とほほとチャーカーを求め旧市街地を歩き見つけたのが、ここ。

店の名前はわかりません。(笑)

メニューを見るとチャーカーがあったので、迷わず食べる事にしました。

 

食べ方がわからなかったので店の人に言うと作ってくれました。

 

お味はこんなものかって思っちゃいました・・・

ブン(麺)がベチョベチョで、思い入れが強すぎた性かちょっとガッカリ。

チャーカータンロンやチャーカーラヴォンで食べたら違ったのかなぁ・・・

シメはフォー

フォーも食べておかなきゃね・・・とホテル近くのPho Bo, Gaへ。

ここは欧米系のお客さんも多くて、いつも混んでいました。

 

メニューやベトナム語がわからないので、お店の人に2人と言ったら持って来てくれたのが牛肉のフォー。

牛肉がたっぷり、シンプルでコクのあるスープで美味しかったです。 

 

テトのハノイ


 テト(ベトナムの旧正月)真っ只中だったので、行きたかったお店は閉まっていて残念だったけど

 一応、食べたいものは食べる事が出来ました。

 前情報によるとお店のほとんどは閉まっているとの事でしたが、旧市街地は食事に困る程ではなかったです。

 ベトナム雑貨やショッピングも楽しみたかったのですが、こちらもほとんどの店は閉まっていて、お店や商品を選ばないのなら、ショッピングも可能です。


 出来ればテトの旅行は避けた方がベターです。

 ただきっと車やバイクも少なかったと思います。旅行最終日になると車とバイクが増えていましたので。


 良い旅を!

 

コメント

=タイ南部料理= プラーイラヤ Prai Raya Phuket Cuisine -ナナ

2019-02-05 | タイ レストラン・フードコート・飲食店

タイ人の友人Nちゃんとその彼氏で食事。

いつも何を食べたいか聞いてくれるので「タイ料理」と答えます。

そうするとネィティブおススメのお店に連れて行ってくれます。

行った事のない場所、お店、料理に出会えて、嬉しい限り

 

今回、連れて行ってくれたのは

プラーイラヤ ปรายระย้า Prai Raya Phuket Cuisine - Sukhumvit 8

 

タイ南部料理のレストランです。

プラーイラヤの場所・行き方

 

プラーイラヤはナナのソイ8にあるプーケット料理の一軒家レストランです。

BTSナナ駅の4番出口の階段を下りて、アソーク方面に向うとすぐにソイ8があるので右折します。

ソイ8を400m程進むと左手に白い建物が見えて来ます。

庭やアウトサイドの席もあり、ショッピングモールやレストランとは違う開放的でいて厳かな空気を感じます。


2018年のタイのミシュランを獲得したようです。

 

メニュー

 

オーダーは大抵、タイ人に任せてしまいます。

自分が食べたい料理をオーダーする時もあるけど、ネィティブのオーダーしてくれる料理やおススメの料理は、

美味しいし、食べた事がなかった料理だったりでタイ料理の世界が広がるんですよね。


今回は1品だけ私が大好きなサトー豆の料理をオーダーしました。

この調味たれが美味しくって、ご飯にかけて食べると最高です。

エビとサトー豆がなくなっても、このたれにご飯を浸して食べるくらいスキ(笑)


  サトー豆と海老の炒めもの ผัดสะตอกะปิกุ้ง  250バーツ


  蟹肉入りカレーとセンミー 400バーツ
  
センミーと一緒に食べます。残ったらご飯にかけても美味しいです。

 

  ムーホン 250バーツ
  Steamed tender pork with pepper & garlic

  豚肉が柔らかくてほろほろで、角煮にような味付けです。


  魚と野菜がたっぷりのスープ。メニュー名がわからなかった。


お料理はどれもおいしくって、ご飯をおかわりしたくらい(笑)

 

 店内は緑色の大きな窓とドアが印象的です。

インテリアや置物が中華風のものが多かったです。

Prai Raya 

コメント

=MARIAM アフリカ布のお店= プラトゥナーム市場 

2019-02-05 | タイ Store・Shop

 

布って言うとヤワラーに買いに行く人が多いと思うけど、ヤワラーまで行くのが面倒くさくて

スクムビットやプラトゥナーム周辺にないのかなぁ・・・なんてネットで探していたら

プラトゥナーム市場にアフリカ布のお店がある事を知って行って来ました。

 

私が欲しかったのがテーブルクロス用の布。

アフリカ布っていうのも知らなかったし、バンコクで売っているのも知らなかった。

お店の場所を調べていて思ったけど、プラトゥナームファッションモールには時々行くけど

プラトゥナーム市場って行った事ないぞ・・・と。

これは探検も兼ねて行って来ましょうと出かけたワケです。(笑)

 

MARIAMの行き方・場所

BTSチットロムの1.2番出口方面に出て、スカイウォークを直進。セントラルワールド方面へ向います。

セントラルワールド手前のゲイソンの連絡通路でゲイソンに入ります。

ゲイソンの突き当たりまで直進すると、エスカレーターがあるので、ひとつ下へ降ります。

スターバックスがある階に、プラトゥナームファッションモールに続くスカイウォークがあります。

これを道なりに行くと、プラトゥナームファッションモールへ直結となります。

 

プラトゥナームファッションモール スカイウォーク入口からMARIAMへの行き方ですが、 

MARIAMはペップリー通りのソイ19にあります。

 

プラトゥナームファッションモールと反対側なので、ペップリー通りを渡ります。

下に降りて、どこかで通りを横断してもいいのですが、プラトゥナームファッションモールからペップリー通りを渡る歩道橋が繋がっています。

スカイウォークからプラトゥナームファッションモールへ入り、そのままズンズン、ズンズン突き当たりまで進むとこの歩道橋の出入口があります。

写真左側がプラトゥナームファッションモール側です。ソイ19はこの歩道橋を渡った側になります。

暑いバンコクでは、エアコンのきいたモールの中を通って行く方がベターかと思います。

 

ソイ19の入口 ここを直進して突き当たりまで進みます。

 

突き当りまで行くとこんな風に一見、行き止まり風になっているんですが、ここからがプラトゥナーム市場です。
あるいは市場の最後なのか?

車とか通れないように柵のようなものがあるので、これをまたいで乗り越えます。

 

あとは道なりに行くと、タイ料理屋台などがあって、その先、右手にMARIAMがあります。

 

店内の様子

店内の通路は逆Uの字になっていて、人が2人行き交うのにはちょっと狭いです。

そしてたくさんの布、布、布!!

 

 

アフリカ布ってカラフルでダイナミックですね。

この中にいると、どれにしていいかわからなくなります。

店頭にもディスプレイ。

 

散々悩んだ末に買ったのはこちら。

 

サイズがわからなくて店主の様な人に聞いたら6ヤードと言われました。

だいたいですが、6m弱です。かなり使いでがありますよね。友達にもお土産で少しあげようかと考えてます。

そしてお値段はなんと300バーツでした。

 

 

ソイ19とプラトゥナーム市場は初めて行ったけど、なかなか面白かったです。


原宿の竹下通りプラトゥナーム版って感じで、洋服が売っている小さい店がたくさんあって、買い物客やらバイヤーやら人がたくさんいました。

ソイ19は狭いソイで車やトゥクトゥクの通りも激しく、ゴチャゴチャした感じですが活気もあって楽しいです。

またプラトゥナーム市場を抜けた先にも、インディアスクエアや小さなお店もいっぱいあります。


スクムビット地区やオシャレなデパートなどに飽きたよって方、是非行ってみて下さいね。

 


    プラトゥナーム市場

コメント (2)

=ヘンヘン カオマンガイ= 美味しいカオマンガイ屋台 プロンポン エンポリ近く

2019-01-31 | タイ レストラン・フードコート・飲食店

ヘンヘン カオマンガイ
เฮง เฮง ข้าวมันไก่ตอน

Heng Heng Khao Man Kai


プロンポンに住んでいた時に時々買っていたのが、エンポリの横の屋台のカオマンガイ。

ここは友達のタイ人のだんなさんもまとめ買いする程で、いつもタイ人のお客さんがいっぱいです。

私は2013年からタイに住み始めたので、そこからしか知らないけど

今でも一等地であろうプロンポン、エンポリの側で営業を続けているんだから、味は保証済みなのかなと思います。

 

昨日、友人と会った時に、友人がカオマンガイの美味しいローカル食堂が知りたいと話していて

丁度16時半頃プロンポンにいたので、チャンスとばかりにヘンヘンへ行ってみました。

今はオンヌットに住んでいるので、なかなか時間的に買う事も出来ずにいたんですよね・・・

 

 ヘンヘンカオマンガイの場所 営業時間

スクムビット通り エンポリ近く・横にあります。

スクムビット通りからエンポリを正面に見て、左側。ソイ24へ向う通り沿いです。

 

夕方16時過ぎ頃から17時位にお店が始まる様です。

鶏肉がなくなり次第、閉店になるので閉店時間はわかりませんが早めに行くのがいいかと思います。

 

メニュー いつも買うのはカオマンガイミックス

ゆで鶏と揚げた鶏肉が一緒に食べられるので、カオマンガイを食べる時はカオマンガイミックスをオーダーする事が多いです。
これはカオマンガイミックスのピセーと言って大盛りです。

タイの一食は日本の一食分より少ないので、ここではピセーを頼みます。
ピセーで日本の一食分位。美味しいので女子でもピセーでいけると思います。

鶏肉はしっとりやわらか。

  カオマンガイピセー 50バーツ

 

テイクアウトはこんな感じ。
スープとナムチム(たれ2種)も付いてきます。
私はここのタオチオ(豆味噌のような調味料)を使ったたれが好きです。(写真右下)
もうひとつのたれはスイートチリソースです。
女子はスイートチリソース好きな人が多いみたいですが、私は酒飲みなのでタオチオ派(笑)
2種類のたれでカオマンガイを味わえるのは、いいですよね。

 

生姜がきいていて、唐辛子の辛さも程よくて美味しいんです。
カオマンガイの美味しい店ってこのたれが美味しいですよね。

 

そして、いつの間にか日本語記載のメニューが出来ていました!

 

 

おススメはテイクアウト

ヘンヘンはいつもタイ人でいっぱいで、みんな美味しそうにテーブルで食べています。

買って帰るのでも、屋台前に行列が出来ている時があります。

一度、お店で食べましたが、スクムビット通り沿いなので車が多く排気ガスも気になるし落ち着かないので

テイクアウトの方がおススメですね。

この真ん前はスクムビット通り。

 

今日お店に行って気が付いたのですが、屋台の鶏肉が吊るされているガラスケースの所に

フードパンダのシールがありました。

そして店員さんはフードパンダのエプロンをしていました!

わざわざ、お店に出向かなくてもオーダー出来るみたいですね。(未確認)

でもオンヌットまではデリバリーしてくれないだろうなぁ・・・・

コメント

タイ人の友達からもらったチェンマイのお土産 お財布&小銭入れ

2019-01-24 | お気に入り

昨夜、タイ人友人からチェンマイ旅行のお土産をもらいました。

可愛い

 

手前のカラフルな小銭入れはタバコのサイズくらい。

小銭入れだよと言われました。

でも小銭を入れると取りにくそうなので、リップや鍵など、ちょっとした小物を入れるポーチが使い勝手がいいかも。

肩からぶら下げることが出来ます。

ファッションのアクセントにも良さそう。

 

これは紙幣も小銭も入るお財布。

タイには珍しいシンプルなデザイン。

 

中はこんな感じです。

ただタイの紙幣も日本の紙幣も半分に折らないと入りません。

でもポケットがたくさんあるので、メンバーズカードなど入れられそうです。

 

表面は竹?なのかな?

あまり日本では見かけないお財布ですね。

 

こんな風にタイ人からもらうプレゼントって、日本人があまり見かけなかったり知らない物も多く嬉しいです。

 

そう、昨夜、タイ人友人と食事をしたタイ南部料理のレストランは2018年ミシュラン獲得の店でした。

こちらもまたUPしたいと思っています。美味しかった~

コメント

=SPOON= こんな所に見つけた。食べやすいタイ料理が揃う小さなレストランatオンヌット Sukhumvit77

2019-01-16 | タイ レストラン・フードコート・飲食店

 

バンコクで長男の新居探しをしてます。
(この辺りの話は機会があれば書こうと思います。なかなかローカルな部屋探しが楽しいです。)

その際に見つけたタイ料理のお店。

 

オンヌット通り(スクムビット・ソイ77)にあるんだけど、

大きなコンドミニアムが形成された街の様な一角にあって

通りからちょっと入るので(コンドの中に入って行くので)普通は気が付かないんじゃないかな。

ここに住んでいる人達の為に出来たタイ食堂って感じですね。

 

私と長男、タイ人の彼女と3人でお昼ご飯を食べようと、このお店に入りました。

店内はこんな感じ。

 

テーブル席が10席程ですが、2人掛けが多かったので、広いスペースではありません。

ファランの男性、タイ人の女性が一人でご飯を食べていたり

タイ人の男性2人がお持ち帰りをしていました。

ひとりご飯でもいやすい雰囲気でした。

なかなか、ここまで来る事はないけど、機会があればひとりご飯しようかな。

そんな風に思えるお店です。

 

さてオーダーしたのは・・・

パッドマーマー(タイのインスタントラーメン炒め)
私の大好物(笑)

 

カイヂャオネーム(ネームの卵焼き)

 

パッドムーキン(豚肉のしょうが炒め)

上記3品に、ご飯2人前、お水をオーダーして220バーツでした。

 

きっと、このお店、外国人対応のお店なんだろうな。

食べやすいタイ料理です。

メニューも代表的なタイ料理が色々あります。

 

ソイ77の入口から歩くと15分から20分位かかると思うので

もしこの辺りに来る機会があれば、寄り道して食事してみて下さいね。

落ち着くお店です。

 

SPOON

場所:スクムビット ソイ77 
   Lunpini Ville Sukhumvit 77 入口を入って右手

コメント

タイ人の背中を見て育つ

2019-01-13 | タイ Life

 

東京帰省で電車バスに乗る機会が多いけど、東京の人って滅多に席を譲らない。

目の前に老人がいても、妊婦や小さな子供がいても、しっかり席に座ってる。若い子達もね。

見て見ぬ振りじゃなく(それもあるんだろうけど)譲るって事がわからないって感じがする。

そして優先席にもしっかり座ってる。

それが悪い事とは言えないけど、タイは違うなあと思う。

 

タイでは学生や若い子でも目の前に年配の人や子供がいると、スッと席を立ち譲る。

その光景は何度も何度も見ている。普通の日常だ。

 

あぁ、いいなぁ。と思う。

日本にも普通にあった光景。

 

私もBTSで座っていて、近くにお年寄りや子供がいたら自然に席を譲る様になった。

誰に言われるでもなく、自分の目で見ていた事って自然に同じ様になるんだな。

タイで、なんだかんだ思う事はあるけど、いい事は取り入れて行きたいなぁと思う。

コメント

LAFF オンヌットに出来た素敵な空間、居心地の良いお洒落なCafe&Bakery 

2019-01-11 | タイ Cafe・Sweets

5ヶ月振りにオンヌットの自宅へ戻った翌日、朝食を食べに近くに出来たカフェへ行ってビックリ!!

ここオンヌット?と思う位、お洒落なカフェが出来ていました。

 

5ヶ月前に日本に帰る前に、この場所で工事をしていたので何か建つのだろうとは思っていたけど

まさかこんな素敵な空間のカフェが出来るなんて・・・今迄オンヌット地区にはなかった素敵なカフェです。

 

高い天井と花が贅沢に使われている、洗練されたインテリアと空間

 入口を入ってすぐにパンやケーキが並び、品物をオーダーするカウンターがあります。

 

美味しそうなパン。クロワッサン、ソーセージパイ、マフィン3種。

 

ケーキ、クッキー、パン2種類(クロワッサンハムチーズ、もう1種はスイーツ系のクロワッサン)

 

ここで食べたいものを選び注文、お金を払って、席につきます。

ここにも席はありますが、おススメはこの奥のスペースです。

 

一歩足を踏み入れると、おぉ・・・と声が出てしまう、高い天井に光が差し込む贅沢な空間があります。

 

まず目に付くのが中央にある大きな木、

大きな大きな窓と高い天井。そして各テーブル、各所にあるたくさんの花。

そして各テーブルが、それぞれ趣向が違うんです。

一人でくつろげるスペース。
大勢で語り合いたいスペース。
パートナーと2人でゆっくりしたいスペース。

イスもテーブルも違うので、その時々の気分やシチュエーションで好きな場所を選べます。
次にどこに座ろうかなぁと思う位、どのテーブルも素敵でした。

 

 

テーブルの上の幸せ

私は朝9時に行ったので、お客さんがいなくて好きな席を選べましたが本当にどの席にしようか悩みました。(笑)

ただこの時間は朝日が室内全体に入り込み、眩しそうだったので日が差さない隅の席にしました。

私の席からの眺めです。

緑や花、高い天井、落ち着いた雰囲気で居心地が良いです。

 

オーダーはソーセージパイとアメリカーノ。

左のウサギの置物はオーダーを待つ際に使うものですが、可愛いです。

小さな白い花、サクサクのパイ、たっぷりのコーヒー。テーブルの上には幸せがいっぱいです。

     ソーセージパイ115バーツ アメリカーノ100バーツ

 

嬉しい事にこんなサービスも。

レモンウォーター。ここにもお花。

店内の至る所にある花々に癒されます。

本当に素敵なカフェでいて、落ち着くので長居しそうです。

そしてWi-Fiもあるので、ちょっとした仕事も出来そうですよ。

 

あぁ。家の近くにこんな素敵なカフェが出来るなんて・・・

オンヌットにはスクムビット地区にある様なオシャレなカフェがなかったので、嬉しい反面

程好いローカル感も心地良かったので、使い分けようと思います。(笑)

 

LAFFの場所

場所:BTSオンヌット駅下車 2番出口

   ソイ 50を直進。徒歩7.8分

営業時間:8:30~18:00

 

テスコロータス側、左側の歩道をひたすら直進して下さい。

3.4分歩くと、高速道路の出入口が見えて来ます。あと一息。

そこから2.3分歩くとソイ50沿いに緑の建物が見えて来ます。

 

ソイ50にはないオシャレなお店なので、すぐわかると思います。

 

このお店の先に

   BUNME
   バインミーのお店

 ラープ・ペット・ローイ・エット ลาบเป็ดร้อยเอ็ด  
 イサーン料理・ロイエットの料理のお店

があります。こちらもおススメです。

 

LAFF

#LAFF#オンヌット#カフェ#バンコク

コメント

タイ人宅でおうちタイごはん  クイジャップユアン 

2018-11-08 | タイ Food

先日、タイレストランオーナーの家へ遊びに行き、お昼ご飯を頂きました。

クイジャップユアンです。

 

 

そうめんより太くてうどんより細い麺でした。

味はカオピアックに似ていて、日本のうどんに似た味です。

お好みでタイの唐辛子をかけて辛ーいお味でも頂きます。

 

その他にパッキーマオ(辛ーいパッタイ 太い麺のセンヤイで)。

四角豆やキャベツをカピや手作りナムプリックに漬けて頂いたりしました。

他にタイの野菜入りの卵焼きなどもありました。


 

日本でタイ人の家で、こんなお料理が食べれるなんて幸せです。

普通のおうちごはんっていいですよね。

 

オーナーは気張るでもなく、ササッとご飯を用意してくれて

美味しく美味しく頂きました。





コメント

バンコクで出来た友人達と日本で再会!

2018-10-27 | 日々のくらし
バンコク駐在から本帰国になった友人、バンコクと日本に家がある友人達4人で東京で再会。

日本で会うのは初めてだったけど、国が変わっただけで何の違和感もなく楽しい時間を過ごせてHAPPY。

タイあるある、日本帰国あるあるで笑えた!(笑)
 
バンコクで人生の一時期が重なり出逢えた事が奇跡と思える。
 

出逢いは不思議。
コメント

タイ語版 日本の母子手帳

2018-10-17 | タイ お役立ち情報

 

日本のタイレストランのタイ人オーナーの家に遊びに行きました。

オーナーは昨年、男の子を日本で出産し、今は子育てをしながら仕事をしています。

 

オーナーが日本でタイ語の母子手帳があるんだよと見せてくれました。

子供の妊娠時、出産時の状態、予防接種・・・日本の母子手帳のほぼ全てがタイ語でも書いてあります。

病気の時の単語や会話等もトラベルブックやタイ語会話本の様に載っています。

例えば キリキリ ズキズキ などの痛みの表現もタイ語で書いてありました。

自分の事に置き換えても、海外で事細かに日本語訳が書いてあれば安心です。

 

この日本のタイ語版母子手帳は、タイへ戻った時にも大変便利だそうです。

子供に関する全ての事がタイ語訳で書かれていて、タイの病院でもこれは本当にいいねと褒めていたらしいです。

 
 
*Memo 
  บุตร bùt 子供の上品な呼び方 日本で言うお子様ですね。

 

コメント (2)

内緒にしておきたい ラープ・ペット・ローイエット  ลาบเป็ดร้อยเอ็ด at オンヌット

2018-10-06 | タイ レストラン・フードコート・飲食店

 

タイ人の友人とご飯を食べようと話になった時、

行ってみたかったけど、ずっと行けなかった店があると言われて、行ったのが

オンヌット駅 スクムビット ソイ50にある

 ラープ・ペット・ローイ・エット ลาบเป็ดร้อยเอ็ด  

 

ここは16時開店なので、昼間は存在感なしなので気が付かなかったわ・・・

夜になると、通り沿いのこの看板も目立つのですが、昼間は通り過ぎてた。

 

店内はタイ人でいっぱい。7割程席が埋まっています。

オーダーはタイ人友人におまかせ。

 

まずは店名にもなっている ラープペット。

写真を撮り忘れました。

  

あひる肉のラープ 初めて食べたけど、色んな部位の肉がミックスされていて

コリコリの部分や、柔らかい部分と美味しいです。

 

それからお魚の揚げたもの。女2人では食べ応えあったわ。この他にソムタムタイを頼みました。

 

 

後日、夫の友人とタイ人の彼女とで再来店。

タイ人彼女はイサーン地方に実家があるものの、昔はオンヌットに家族で住んでいて

この店はお母さんが好きでたまに来ていたそうです。

 

お母さんが好きだったのはこのメニュー。

トムヤ厶プラーカッポン   ต้มยำปลากระพง  お魚のスープです。

 

スープノーマイ 竹の子のスープ煮みたいな感じ。これも初めて食べたけど美味しい。 

 

 

これは内臓を揚げた物。サイトントートグラティアムだったかな?

お酒のつまみに最高です。

 

 

ソムタムコラート

 

 

タイ人と食事に行くと、自分ではオーダーしない料理や初めて食べる料理を知って楽しいです。

このお店、いつもタイ人でいっぱいです。

 

 

ラープ・ペット・ローイ・エット ลาบเป็ดร้อยเอ็ด  
イサーン料理・ロイエットの料理のお店。

オンヌット駅2番出口下車 スクムビット通りソイ50を10分程歩いた左手。
セブンイレブン隣です。

コメント