重慶ひょうたん

中国の重慶で単身赴任中に始めたこのブログ。 既に本帰国しましたが、気まぐれで更新していきます。

極小ひょうたんの特徴

2016年09月03日 | ひょうたん
我家で育てている極小(ミニ)ひょうたんは、着果に特徴があることが分かりました。

その前に、同時に育てている千成はこんな感じ。


これに対して極小(ミニ)は、こんなのとか、


こんなのとか・・・


はたまたこんな感じ。 因みにアレー型は珍しい。
いかがです? 千成との違いが分かりますでしょうか。


そうです。 蔓から殆ど直に着果しているのです。 結果として、実はぶら下がらずに斜めの状態で着果していることが多いようです。 千成の場合、実は蔓から分岐した長い分岐蔓にぶら下がっている為、その違いは歴然。 小さめの千成と大きめの極小とを見分けにくい場合は、分岐蔓の長さで判別することにしました。

因みに、今年のひょうたんの中で、一番気に入っているのがコレ。
バランスよく、とても可愛い形だと思ってしまうのです。





7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
せっかち (mugiko)
2016-09-03 20:26:46
蔓が伸びる前に育ちたいせっかちさん、若しくは生存競争に脅かされている…?
瓢箪は容れ物などの製品としてはよく見かけますが、食すことはあまりしないのですか?瓜科なのに。
Re:せっかち (重慶ひょうたん)
2016-09-03 21:03:13
mugikoさん、はじめまして。
ひょうたんは通常食べません。というか毒があるので食べられないのですが、完熟する前なら特定の品種は食べられる様ですよ。
うちにもひょうたんの漬け物があります。今度レポートしますね。
は…じめまして? (mugiko_AO)
2016-09-04 16:56:10
瓢箪の実に毒があるとは知りませんでした。ユニークな姿からは想像もつかない過激なやつですね、瓢箪って。
食べられる瓜にたどり着くまで、どれだけの人が苦しい思いをしたのでしょうか。人間の食欲ってすごいですね。
有毒 (重慶ひょうたん)
2016-09-05 00:43:42
以前、大阪の小学校で栽培したひょうたんを生徒が食べて集団食中毒になる事件がありました。
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/49625
mugikoさん、どこかでお会いしたことがあります?ヒントを。。。
ヒント (mugiko)
2016-09-06 19:14:10
今度、お預かりした電源が入らないiPhone6を修理しに行ってきます。
コメ荒らしてないよね?すみません…
解析完了 (重慶ひょうたん)
2016-09-07 07:37:10
スッキリしました。てっきり新手のス◯ーカーではないかと肝を冷やしておりました。。。
解析結果 (mugiko)
2016-09-07 22:27:11
奥様に問題ないことお伝えくださいませ。
なんかすみません…

コメントを投稿