館長のひとり言

「貯金箱」の博物館 にしざわ貯金箱かん

にしざわ貯金箱かん つれづれ雑記(あけぼの鮭缶貯金箱)

2018-02-02 09:39:27 | 日記

 昨晩から引き続き先ほど迄、雪が舞っていました。積雪が10センチ近くになりました。今日は開館日なので玄関先の駐車場の雪かきをしました。さらさらした雪なので随分と楽な雪かきでした。大駐車場は自然の融雪に任せています。この時期、県外観光客の入込は少なく、大駐車場の活用は少ないです。

 さて、昔懐かしい「あけぼの印」の鮭缶貯金箱を収蔵しました。

 上の写真、あけぼの鮭缶貯金箱、ブリキ製、高さ4.5センチ、直径8.5センチです。

 戦後大いに活用された魚の缶詰、当時の実物にそっくりな鮭の缶詰貯金箱です。

 日魯漁業㈱の提供品なんでしょうか。経年のもので、 幾分、錆が出ているけれど、焼き付けされた模様は綺麗で美品です。

 学生時代、自炊していたのですが、色々な料理に利用させていただきました。カレーの具に利用したのが一番多かったかな。当時を懐かしく思い出します。

 今となれば珍品、貴重です。

 こちらもご覧ください。

 開催中の企画展「イヌがメインの十二支貯金箱展」の展示品からの紹介です。干支の戌、イヌの貯金箱です。日本ビクターのトレードマーク、ニッパー君?です。一寸大きめの陶器製です。憂いを含んだ哲学的表情です。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« にしざわ貯金箱かん つれづ... | トップ | にしざわ貯金箱かん つれづ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事