館長のひとり言

「貯金箱」の博物館 にしざわ貯金箱かん

にしざわ貯金箱かん つれづれ雑記(1円玉貯金箱)

2018-11-04 08:16:30 | 日記

 今朝は、月2回ある資源ゴミ回収の日です。缶・瓶・プラスチック・新聞紙・ダンボールなど分別して回収場所に持ち込みます。もう何十年も続いているので特に負担は感じません。むしろ資源ゴミが放置されていたり、可燃ごみとして処理されることには罪悪感を感じます。プラスチックによる海洋汚染が話題になっており、日本もその原因の主要国だということです。確かに自分の周りには資源ゴミの放置は、ほぼありません。しかし、一歩空き地・空き家・河川敷などには資源ゴミを含めたゴミの投げ捨てが多く見られます。日本では、全国的に資源ゴミの回収システムはどんな状況にあるのでしょうか。このシステムの徹底がポイ捨ての感情変化になって行くのではないかとシンプルに考えますがどんなものでしょう。

 さて、いろいろな金種のコイン貯金箱を収蔵済みですが、1円玉の貯金箱はありませんでした。低額なものなので、貯金箱に相応しくないのかと思っていたのですが、思いがけなく収蔵出来ました。

 上の写真、1円玉貯金箱、陶器製、高さ10.5センチ、直径10センチ、奥行き4.5センチ、重さ160グラムです。

 状態の良いもので未使用だそうです。陶器もので丈夫に作られ、貯金箱機能もしっかりしています。手ごろな大きさで見栄えの良いものです。 平成元年の表示なので当時に提供されたものでしょう。

 これで、現行通貨の全種の貯金箱が収蔵出来ました。

 「1円玉専用、1,000円まで入ります?」と箱に書かれています。TOKAI KOGEIの提供品です。

 こちらもご覧ください。

 開催中の企画展、「クリスマス貯金箱展」の展示品からの紹介です。鉄製の非常に重い、バネを利用したサンタクロースのカラクリ貯金箱、高さ17センチ、横幅25.5センチ、奥行き8センチです。さあ、お仕事開始、良い子待っててよ!! クリスマスプレゼントを届けにスタートです。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« にしざわ貯金箱かん つれづ... | トップ | にしざわ貯金箱かん つれづ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事