館長のひとり言

「貯金箱」の博物館 にしざわ貯金箱かん

にしざわ貯金箱かん つれづれ雑記(本革のニワトリ貯金箱)

2018-09-23 08:32:19 | 日記

 昨日は三連休の初日、午後6時頃、戸倉上山田温泉街を散策してきました。年齢に関わらず男女二人連れのぶらぶら歩きが目につきました。駐車場には、沢山の県外車が駐車、賑わっていました。

 今朝は穏やかに晴れ上がった行楽日和です。こんな情報が発信されています。

 https://chikuma-kanko.com/2018-09-21/post-6743/

 さて、皮革造形作家、黒川氏のデザインで、北米産の厳選された厚手の牛革ステア(去勢されて、生後2年を経過した雄牛の革)を用いて入念にオリジナルに仕上げた風格ある逸品だと言うニワトリの貯金箱を収蔵しました。

 上の写真、本革のニワトリ貯金箱、高さ18センチです。

 一寸大きめ、精悍な感じのニワトリです。比較的柔らかな感じで触り心地が良いです。

 お金の入れ口は、首筋の所にあり、出す時は、鍵を外して尾の方から出します。

 丁寧に作られた見栄えするものです。使い勝手も良さそうだし、インテリア、ルームマスコットとしても価値大です。

 こちらもご覧ください。

 開催中の企画展「キャラクター貯金箱展」の展示品からの紹介です。じゃがいもくんの貯金箱、陶器製、高さ16センチです。昭和時代に登場した今一のキャラクター?。擬人化されたじゃがいもで、当館でもかなりの種類を収蔵しています。何れもきもいけれど見飽きません。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« にしざわ貯金箱かん つれづ... | トップ | にしざわ貯金箱かん つれづ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事