館長のひとり言

「貯金箱」の博物館 にしざわ貯金箱かん

にしざわ貯金箱かん つれづれ雑記(この冬、最後の積もり雪か?)

2018-03-10 08:51:41 | 日記

 暖かい日が続いたと思ったら、昨日は強い風が終日吹き付け寒い日でした。寒いと言っても氷が張るわけでは無く、前日に比べて寒いといったところです。着実に春に向かっています。

 今朝は、薄く雪が積もっていました。辺り一面の雪世界は久しぶりです。昨年の同時期も同じ光景とブログで確認できました。自然は時として凄まじい変化を見せますが、平常は変わらぬ歩みなんですね。今は陽が射し、間もなく雪も融け去り、暖かな日々となるのでしょう。

戸倉上山田温泉の象徴、城山

辺り一面、薄っすらと雪

 いよいよ確かな花の便りが聞こえてきます。当地お薦めの杏子の花です。詳しくはこちら。

 http://chikuma-kanko.com/2018-03-09/anzukaika_2018/

 こちらもご覧ください。

 開催中の企画展「縁起物貯金箱」の展示品からの紹介です。大きくて見栄えのする達磨貯金箱です。陶器製、高さ32センチです。滑らかな綺麗な焼き上がりで迫力ある顔です。底裏に「昭和26年1月新調」とあります。戦後の間もなくの時期にこの様なものが作られています。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« にしざわ貯金箱かん つれづ... | トップ | にしざわ貯金箱かん つれづ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事