館長のひとり言

「貯金箱」の博物館 にしざわ貯金箱かん

にしざわ貯金箱かん つれづれ雑記(癒しのヒツジ貯金箱)

2018-02-21 07:47:39 | 日記

 昨日は暖かな良い天気でしたが、今朝は薄っすらと雪が被っていました。三寒四温、次第に春となるのでしょう。

 信州の春、イベント情報をご覧ください。http://chuo-hotel.net/event/2018-02-18/2565/

 さて、花柄の羊毛?に覆われた癒しのヒツジ貯金箱を収蔵しました。

 上の写真、癒しのヒツジ貯金箱、陶器製、高さ15センチ、横幅16センチ、奥行き9.5センチです。見えにくいけれど背中にお金の入れ口があります。

 丸々とした何とも言えない長閑な顔、見ていて癒しを感じます。

 平成時代の特徴、目を惹く変わった外観、飾って、見て楽しむのがメインの貯金箱です。

 重くしっかりとした作り、貯金箱機能も完備、丸々としていて使い勝手も良さそうです。

 こちらもご覧ください。

 開催中の企画展「イヌがメインの十二支貯金箱展」の展示品からの紹介です。干支の辰、龍の貯金箱です。花梨材(カリン材)を一刀彫りした、双龍の貯金箱です。木製、高さ18.5センチ、直径16.5センチ、表面に、二匹の龍がにらみ合っている勇壮な図柄が施された、言うなればシンプルな貯金箱です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« にしざわ貯金箱かん つれづ... | トップ | にしざわ貯金箱かん つれづ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事