ひたすら日本応援歌

メディアや野党の倒閣運動にこれ以上我慢が出来ないのでブログを立ち上げました。安倍総理、安倍内閣を応援するブログです。

初期設定が反日で、日本が初めて文句言ったと仰天のあの国を西村幸祐氏が歴史を紐解きながら一刀両断 前編

2019-07-07 11:57:21 | 日記
初期設定が反日で、日本が初めて文句言ったと仰天のあの国を西村幸祐氏が歴史を紐解きながら一刀両断 前編

https://youtu.be/niLu8YsZDxw

【怒っていいとも】Part11-① 加藤×西村 G20安倍首相はもっと評価されるべき!! あの国の初期設定は反日より



今1番の話題って、日本政府がね、やっと重い腰を上げて、韓国に対する制裁措置に踏み切ったという事が、かなり話題になっているんです。

それで、まぁ、縷々、後でお話頂きますけど、僕は不思議でしょうがないんだけど、あれは別に制裁措置とも言えるモノかなっていう程度の緩やかな…要するに輸出管理の改善を2003年に戻しただけなんです。



優遇措置を止めた


優遇措置ですね、簡単に言えば。優遇措置を普通の措置に変えたと。インドとかインドネシアと同じ様になりましたよってだけなのに。
まぁ、韓国の人が怒るのは当然としてもですよ、なんで朝日とか毎日とかNHKがギャーギャーあんな騒がなきゃいけないのか。


コレでしょ。


ホント信じられないですよ。


単純な事なんですけどね、この前のG20でも明らかになった様に、東アジアは未だ冷戦構造が残っているんですよ。それで、東京にはね…ベルリンの壁っていうのは30年前に実際壊れましたけど、東京には、見えない東京の壁ってのがあるんですね


東京の壁?!


あるんですよ。それは私は自分の本でも書いてますけど。


具体的に言うとどういう事?


だからね、見えないから性質が悪い。ベルリンの壁だったら見えたんですよ。ところが見えない東京の壁の東側に、色んなメディアが一杯あるんですよ。


あぁ、そういう意味か!


朝日新聞、NHK、TBS、テレビ朝日。まぁ、殆どのメディアが東側にある。それが東アジアの冷戦構造がスッポリ被さってて、日本が今、最前線なんですね。

38度線が嘗て最前線だったんだけど、下がってきちゃって、それで今の大統領になってから、全部完全に東側に行っちゃったんですね。朝鮮半島がね。


安全保障上は対馬海峡がという言い方はよくしますが。そうじゃなくて、メディアの世界では東京だと。


だから最前線が日本なんですね。そういう風に考えると、物凄く理解しやすくて。加藤さんが怒り狂ったっていう今回の制裁でも何でも無いという措置廃止に対してね。で、朝日新聞が狂ったように書いているのは、アレ殆ど韓国のメディアと思って読めば。


韓国のメディアと同じ事書いている。


だから韓国のメディアなんです。実は。そういう風に理解すると、物凄い分かり易いと思いますね。


それでね、安倍さんの措置がおかしいと安倍さんを非難する人と、もう1つはね、日韓両政府は頭を冷やすべきだとね。今こそ話し合うべきだとね。だいたいね、必ず書いてますよ。

頭冷やすのは、まぁ、イイとしてもさ、そもそも日本が此処まで我慢して我慢して、なんでこんな措置に踏み切ったかって事の説明をして、一体どっちに非があるのかを、先ず、ハッキリしろと。何処も書かないんですよ、この場合は。

所謂『徴用工』と言われる人達の場合は、要するに1965年のね、日韓条約とそれに伴う協定によってね、完全且つ最終的に解決したってなってる訳だから、文句有るなら、韓国政府に言って下さいよって言うのが普通の考えでしょ。

それを説明せずに、今更話し合いじゃ、頭を冷やせって、お前何処の新聞だって怒りますよ、さすがに。


日本は寧ろ、ズーッと頭冷やしてたんですよね。ズーッと冷やしてて。だから国民が逆にドンドン怒り狂ってて、去年の10月30日、12月20日がピークですよね。

それで言うと。10月30日にああいう日韓基本条約をひっくり返す最高裁の判決が出て、その後、日本側の申し出に対して、全く聞く耳を持たない、ああいう政権があるワケですよね。それで、挙句の果てに12月20日に、我が海上自衛隊にですね、哨戒機に


レーダー照射


火器管制レーダーって言ってますけど、もっと分かり易く言えば、攻撃レーダーですから。


そういう事ですよね。そういう事。


攻撃レーダーを照射して


あれを照射したら、次はミサイル撃つワケですよね。


それでね、韓国の軍部が…いくら政府の言いなりになるとはいえですね、一応シビリアンコントロールがあるから、そうなんでしょうけど、とにかく酷い。もう嘘ばっかりズーッと言ってた訳ですよね。


アレの言い訳も何か酷かったですねぇ。ホント、ああいう事を恥ずかしげも無く公表するってねぇ。一応、国を代表して。外務省もおかしいし、国務省もおかしいし。イヤ、こんな事恥ずかしいだろうなぁと思って見てましたけどね。

で、何か言えば、何か言わないといけないと、彼ら思い込んでいるみたいで、真実が何処にあるかは、あんまり関係ないみたいですね。


全然違うんですよね。真実はね、元々はね、あの民族はね、真実って関係ないんですよ。全く関係ないです。ファクトなんて関係なくて、イリュージョンが1番。


イリュージョンですか。


だから幻想ですよね。それがベースになって、それでとにかく…要するに今の韓国人って生まれた時から、空気が反日なんですよ。

だからね、イデオロギーなんかじゃなくて、何て言うんでしょう…初期設定がね、デフォルト状態が反日なんで。だから、チョッとそうではない事をするのは常識外れなんですよ。


なる程、なる程。


例えば今回の措置に対して、いや、これは日本はもう条約を結んで50年前にやってる事で、賠償金迄払ってて、それでね、それをひっくり返す様な判決が出た事が問題なのに、それはおかしいんじゃないかって事を例えば韓国の掲示板に書くとしましょう。そうするとね、攻撃されるワケですよ。そういう人はね、異常者って。


そうですよね。その辺が、今の大統領からじゃないですよね、多分。2~3代前っていうか


ズッとですよ。


ズッとです。


そりゃ、金泳三の時からもそうだし。それでね、レーダー照射の時にね、さっきの話にチョッと戻ると、おかしいのは、NHKがお昼のメディアで堂々と韓国が主張していたね、低空飛行で威嚇してきた、そういう様なコラージュした画面を造って、それをお昼のニュースでわざわざ。


あれ、低空飛行で威嚇してません。遠かったですよねぇ。


それが実際なのに、わざわざ


大きい哨戒機の絵を貼り付けてましたね。


それをNHKが放送するんですよ。だからね、見ててね、僕は、いつの間にか電波が入れ替わっちゃって、これKBSかと思っちゃって。それは実はアレですよ。この優遇措置を撤廃するって発表された7月1日のニュース・ウオッチ9見ても、凄いですよ。


有馬さんがキャスターのね。アレ、何、何、どっち向いてるのって思いましたよ。ホントに。


酷い番組ですね。


あれ、有馬さんになってから良く無い。


元々酷いですけどね。


特にNHK性質が悪いのは、公平・公正を装うんですよ。それで言ってる事がメチャメチャ左振ってるんですよ。そこがね、かえって悪質だと。今のキャスターもそうですよ。


受信料はもう、払うことないですよね。あの番組だけ1つとってもね。返還訴訟とかね、やれたら面白い。


何でしたっけ。NHKを…対抗する政党がついてて、主要議員が出たりしてましたけど、あれも結構時間掛かったけど、一気にこの前の統一地方選であっちこっち当選してましたね。矢張り反感持っているんですよね、かなりの人がね。


NHKが反日放送している理由は【電通】に乗っ取られているから


チョッと今、あの政党、なんかおかしくなっちゃった。


おかしくなっちゃったらしいですけどね。まぁ、言ってる事は良かったんですけどね。それで、又、戻りますけどね。今回の場合、G20でね、安倍総理が19人の首脳と会って、会わなかったのが韓国の文在寅だったっていうね。


会ったですよね。


会ったって、8秒。会ったっていうか会談の形式はとらなかったっていう意味で、19人とは会談したけど、たった一人会談しなかった人が居た。これが韓国の大統領。という事は、あの辺りから、安倍総理の腹も相当固まっているんだろうなって思ってたら、G20終った途端の今回の措置でしたよね。日本政府から言うと、いやいや、優遇措置を止めただけで、総理が仰るには、約束守れない国には優遇措置とれないでしょって当たり前ですよね、こんな事。


あれだって、期限を切って突きつけていたワケですからね。何日迄に解答しろと。


そいで解答してないんですよ。解答したフリをして、性懲りも無く又、出して来るって。子供だましか。誠意も無いですよね。そいで、出してきたのか日本…なんてあの外務大臣がギャーギャー騒いでますけど。それは貴方達の責任でしょって事だと思うんですが、それはそうとして、どうですか?今後の展開。


やっぱりね、韓国が日本を舐めきってたんですね。


その通りですね。


舐めきってて、要するに1960年、昭和40年の国交が結ばれてから、かれこれ50年以上経つワケですよね。


50年っていうか60年ですね。


59年か、もう。


だから来年で60年って事ですね。


その間ね、ズーッとだから、その前もね、国交正常化交渉の中で、請求権協定を決めていく中の8年間の12年間で、日本は譲歩に譲歩を重ねて、それで日韓基本条約を結んだワケですよね。

で、それから60年、59年でこうなったという事は、初めて日本側が韓国に突きつけた返事なんで。今迄もズーッと譲歩を重ねてきてたワケで、それ考えるとね、これ歴史的な出来事だと思いますよ。

だからね、単に、制裁がどうのこうのという事ではなくて、東アジアの地政学的な意味でもね、大変、変化をもたらす物になるし、逆にそういう様に世界地図を塗り替えつつあるから、そうなったのであって、それはだから、トランプが韓国に行って、あの金正恩に会ったって事も関係有りますよね。あのG20の後にね。


まぁ、その話は後でも取り上げますが、そもそも今回の措置が地政学上の大変化というのは、それは、もうチョッと詳しく説明してもらえますか?どういう事でそうなるのか。


韓国が日本を舐めきっていたというのは、何でも言うことをきいていて、それて先ず、謝罪ありき。贖罪意識ありという所からきてたワケですよね。それによって、事実が何であるかという事は全部等閑視されて、無視されていて60年きたワケですよね。

その過程で、それを上手く利用してね、朝日新聞が増長させる様な形でね、慰安婦のキャンペーンを平成になってから始めたんですよ。

その後、徴用工って出てきたワケで、そういう意味で言いますと、そういった日本を舐めきるというのは、日本がだから、キチンとして事実を突きつけて、それでお互いに話し合うというね、そういう姿勢をとって来なかったワケですよ。いつも引いていたワケですよね。

それがだから変わったっていう事は、これはやっぱり、今までのね、東西冷戦の時代のですね、それこそ38度線に国防ラインがある様な東側陣営と西側陣営と。そういうモノが完全に壊れて、そしてアジアの秩序もね、私はこの本にも書きましたけど、実は4年前に書いた脱亜論って本にも書いてんですよ。



日清戦争の前の状況に戻っているんですよ。それが地政学的変化ですよ。それはどういう事かというと、日清戦争によって、日本は要するに華夷秩序(かいちつじょ)を壊したワケですよね。

古代からズーッとアジアを支配してきた、北京が中心になって、中華が真ん中にある国、だから中国という覇権主義をね意味する言葉があるんですけれども。

そういった華夷秩序、冊封体制(さくほうたいせい)というのがあってね、そいで朝鮮半島はズッと属国だったワケですよ。万年属国なんですね。千年属国というか。



で、そういう中であったモノを日本はね、もう539年の時点から、聖徳太子の頃から、その後、小野妹子が最初に国士を届けましたね。遣隋使が行った時。

あの時に「日出ずるい所の天使から日没する所の天使へ」国士を届けた時点で冊封体制から抜けたワケですよ。要するに対等だという事。日本は見せて。

それ以来日本はズーッと鎖国、冊封体制の外に居たんだけれども、時々引き寄せられたんですよ。だけど、朝鮮はズーッと冊封体制の中に居て、シナの属国だったんですね。

で、その冊封体制っていう華夷秩序を日清戦争で壊したワケですよ。日本が。だから朝鮮は独立出来たワケですよね。ところが今は逆に、その前に戻ってるっていうのは、北京を中心とした、新しい華夷秩序が…まぁ、一帯一路と言ってもイイんですけど。

それを作ろうとしているワケですよね。それで朝鮮半島はドンドン、そちらに入っていこうとしている。



今の文在寅政権は北朝鮮の…だけではなくて、中国の属国に戻ろうとしてますね。


そうです。それはね、朴槿恵の時とね変わんないんですよ、そういう意味では。寧ろ北朝鮮が、逆の変数、違う変数みたいな形になっているという、そういう奇妙な状況なんですね。



初期設定が反日で、日本が初めて文句言ったと仰天のあの国を西村幸祐氏が歴史を紐解きながら一刀両断 後編



コメント   この記事についてブログを書く
« 暴走が止まらない 中国の南... | トップ | 初期設定が反日で、日本が初... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事