ひたすら日本応援歌

メディアや野党の倒閣運動にこれ以上我慢が出来ないのでブログを立ち上げました。安倍総理、安倍内閣を応援するブログです。

水産庁が北朝鮮漁船との衝突映像一部始終を公開

2019-10-19 22:00:16 | 日記
水産庁が北朝鮮漁船との衝突映像一部始終を公開

https://youtu.be/yqYTJYNUF4c



【ノーカット】水産庁が北朝鮮漁船との衝突映像を公開を借用

日本の取締船が北朝鮮漁船に排他的経済水域での違法操業を窘める意味で放水を開始してから、その漁船が衝突してきて、やがて沈没し、乗組員を取締船が救助用筏や浮き輪等で助け、そこに北朝鮮の救助船が来て、全員が乗船する所迄の一部始終が撮影されており、北朝鮮が弁償を求められる立場にはない事が明らかに。

今後も日本は映像をドンドンと公開して、日本の正しさを主張すべき。
拍手です。👏 👏 👏 👏 👏 👏

【動画】水産庁が動画公開 北朝鮮漁船沈没で一部始終撮影 
2019.10.18 20:53 産経新聞
日本海の日本の排他的経済水域(EEZ)にある好漁場「大和堆(やまとたい)」周辺で今月7日、北朝鮮漁船が水産庁の漁業取締船に衝突、沈没した事故で、同庁は18日、事故前後の経緯を取締船が記録した動画を公開した。

 事故は石川県の能登半島の北西約350キロの日本のEEZで発生。取締船は漁船に違法操業の疑いがあると判断、7日午前8時50分ごろ退去警告を始め同9時4分ごろ放水を開始した。漁船は間もなく急旋回し、9時7分ごろ、衝突したとされる。取締船は漁船の左側に位置を取り、約200メートルの距離から音声による警告などを行っていた。

 漁船乗組員は海に振り落とされ、日本側は救命いかだに誘導するなどして救助。その後、海域に現れた別の北朝鮮船が乗組員を収容した。日本側の問いかけに、北朝鮮側は「乗組員は60人で全員救助された」と答えたが、任意聴取の要請などには応じなかった。

 事故後、北朝鮮の外務省報道官は「日本政府が北朝鮮の漁船を沈没させ、物質的被害を与えたことに対して賠償し、再発防止対策を講じることを要求する」などと主張。日本側は外交ルートで抗議する一方で、海上保安庁が業務上過失往来危険容疑で取締船側の乗員に事情を聴くなど捜査を始めている。


社会・経済ニュースランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« クルド問題でトルコを非難す... | トップ | 香港デモの必須アイテム 赤... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事