ひたすら日本応援歌

安倍総理・安倍内閣応援のブログでしたが、諸般の事情により、今後は、菅義偉内閣を応援します ガースー (^^)/

有本香さん 消費税10%私はとにかく反対です 飯田浩司のOK! Cozy up!

2018-10-16 18:02:32 | 日記
【有本香】 2018年10月16日 飯田浩司のOK! Cozy up! 今朝のニュース


https://youtu.be/TRep-29myBI
消費税10%、私はとにかく反対です



有本さん
「増税の対策として、上げた分の半分はバックすると言っているじゃないですかぁ。
カード決済をしているとポイントでどうとかという話なんですけど、しかしねぇ…これ、おかしな話で、これは先ず、社会保障の不足分を補うっていう大義名分があるワケですよね。

でも、これはズーッと昔から、消費税導入と時から言われていて、しかし実際は、消費税を上げていく都度、同じ事を言っているんですけど、上げた分を社会保障に廻してないんですよね。

8%に上げた時も3%上がったワケですけど、まぁ、全体の税収がどうかっていう話もありますが、要するに同じお財布に入っちゃうみたいなところがあって、結局のところ、増税分を換算すると2割位しか廻ってないんじゃないかという話なんですね。社会保障に

じゃあ、何の為っていう話であったり、で、さっきの話、半分、そうやって還元する、バックするんだったら、だったら、やっぱり増税なんかやらなくても良いんじゃないかとか思っちゃいますよねぇ。

去年の税収ですと6%から7%税収増になっているんですよね。で、全部の分野で税収増になっている、つまり景気がようやく良くなってきたところで、だけど庶民の感覚的には好景気というところ迄いってないし、依然としてデフレ的な基調ってあるワケじゃないですか。



その中で引上げるって言うのは、どうなんですかねぇ。私はとにかく反対ですね。

反対だし、そもそも軽減税率は5年前から飯田さんとも言っているんですけど、軽減税率は低所得者層を守る為という大義名分があるんだけれども、実際には、食料品に占める割合が、高いか低いかという事で、まぁ今迄は見てきたんですね。

だけど、今回は総額という事で考えると、軽減税率で実際に得する額としては、高所得者層の方が得する格好になっちゃってるんですね。

エンゲル係数で考えると、やっぱり高額所得者の方が金額的に得してるよねという事になり、いくつもの欺瞞がありますよねぇ。」


飯田さん
「で、その導入論者の方々が言うのは、いやぁ、社会保障というのは常に必要だから、景気に左右されるような税収ではダメなんだと。

いや、逆に言うと、景気に左右されないっていう事は、不景気であっても容赦なく取っていかれるって事ですから。」


有本さん
「そうですよねぇ。」

飯田さん
これほど庶民にキツイ税金は無いワケですよねぇ。
給料は上がらないわ。税金は取られるわで…」


有本さん
「全くおっしゃる通りで、例えば社会保障の点でも、持続可能な形にしていくんだという掛け声はズッとあるけれども、抜本的な議論は全く出来てないじゃないですか。

で、日本の場合は社会保障についても、こう隅々を突っついて政争の具にする事が多いから、要するに、それに対して、与野党共にこれを選挙の公約にしたり、政争の具にするのは止めようということで、土台の部分の議論をしていないでしょう。

外国人労働者が沢山入ってくる問題と併せて私は結構あちらこちらで言っているんですけれども、日本の健康保険の制度或いは、医療の制度、こういったモノが社会保障の中心にあるワケですけれども、ここら辺り、今迄通りでイイのか…。

外国から入って来る人が居る居ないに関わらず、本来だったら10年前にでもやっておかないといけなかった議論なワケですよね。

これからドンドン高齢者が増えてくる、そうすると高額医療制度って大変ありがたい制度ではあるけれども、これ、今のまま続けてもつのかと…そっちを先ず、議論を温めた上で、それでじゃあ、どうやって税金を取るのかって事も考えられれば良いのですけれども、そっち殆ど進んでないじゃないですかぁ。」


飯田さん
「で…どうしても終末期に掛かるところで医療費がドーンと膨らんでしまうという事がある。
じゃあ終末期医療をどうすんのかという事だとか…。
そういうの倫理だとか生命だとかをどう考えるのかという事をですね。
でも、そここそが議論しなければならないと」


有本さん
「一番議論しなければならない所なんですよね。
で、これは先進諸国の中でも日本だけが特異な状態になっていますよね。

高額医療や高齢者に対する医療の扱いですよね。
ですから、利用者として有りがたいと思う面もある一方、これで持続可能とは有り得ないだろうなという事は実感するワケですよね。

私も又、親を二人、そういう時を過ごしましたからね。
それを考えましても、他にすべき土台の議論、社会保障を如何にすべきなのか、そして税金も、この消費税という取り方が本当に日本の構造上良いのかどうか

だから、税制も根本を見直さないで、ドンドンドンドン継ぎ足してきてる感じですよね。

そういう事だけやっておいて、この10%、しかも目的税化することは、結局掛け声だけで避けて居る。チョッとどうなんでしょうねぇ…と思いますね。」


コメント (1)   この記事についてブログを書く
« マハティール首相がウイグル... | トップ | 百田さんも反対!消費増税 ... »
最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (屋形)
2019-06-16 15:37:58
どうしてこうも、消費税増税反対派の主張って皆薄っぺらいだろ?枝葉の話ばっかりで一番肝心な事には振れない。消費税増税反対はいいけど、じゃ、財源どーすんのよ‼️

有本香さん?もうすぐ参院選ですよね。KAZUYAさんは自民党に入れ無いと宣言しました。三党合意で増税を決めたのに、自民党にだけ入れ無いのはどう考えてもおかしな話ですけどね❗本来消費税増税反対を主張しているんだから消費税増税反対を主張している政党に入れますと、筋を通して宣言するべきじゃ無いですかね?
有本さんも消費税増税反対ならば、はっきりと『消費税増税反対を主張する政党に投票します❗』と選挙前に宣言しませんか?
それがジャーナリスト、つまり公人としての貴方の責任だと思いますが、如何ですか?

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事