ひたすら日本応援歌

メディアや野党の倒閣運動にこれ以上我慢が出来ないのでブログを立ち上げました。安倍総理、安倍内閣を応援するブログです。

【宮崎正弘×福島香織】みえてきた中国経済破綻の時刻表

2019-01-24 23:24:20 | 日記
【宮崎正弘×福島香織】みえてきた中国経済破綻の時刻表

https://youtu.be/J7v5N62MRgg













福島:そらそうでしょうね。


宮崎:ファンビンビンは40件マンションを持っているとか


福島:41件です。


宮崎:あれ、全部売らせられるでしょ。


福島:ファンビンビンは中国は41件だけど、アメリカにも持ってたでしょ。


宮崎:それから安邦(アンパン)保険。アレがウォルドルフ・アストリア・ホテルを売って、それからニュージャージーのトランプタワーの纏め買いも売って…ドンドンドンドン不動産売ってますね。カイコウシュウダンはヒルトンホテルチェーンでしたっけ。あれ売りましたね。という事は段々段々対米投資が減るどころか、今迄投資してきた分のドルを回収していると。


福島:そういう事ですね。


宮崎:という事はドル不足が相当深刻じゃないか


福島:中国側からしてみたら、奴らが持ってる米国資産なんかは明らかなキャピタルフライトなんですね。だから国有化して、民営企業だったのを閉めて、取り戻しているという。


宮崎:損切りじゃない。高値で買って、安く売ってんだから。中国人としては一番やりたくないでしょ。でも、そう、せざるを得ない所まできちゃったと。因みにね、日本のファンドが随分買ってるらしいよ。


福島:それイイんじゃないですか?!



宮崎:次です。中国発金融恐慌っていうのは、恐らく年内と私は見ていますね。ドルは払底している。国際金融の中でも、チャイナプレミアムが付かなければ、中国はドルを借りられない状況にこれから成ると思う。いや、もう、現実になっているんだけれどもね。

それから通貨。金準備、金備蓄、これは怪しいですよ。中国、3千トン持ってるって言ってんですけど、パンダ通貨見れば分かるんですよ。日本で売ってないでしょ、パンダ通貨。


福島:売ってないですね。パンダ通貨って何って思っちゃった、今。


宮崎:あのね、カナダのメイプルリーフ、それからウィーン通過、この2つなんです。世界中で通用するのは。なぜかと言うと、これ99.99%、パンダは99.9%。南アフリカのクロールラガール金貨99.9つまり、日本では、これは通用しないんです。



ですから、売りに行くでしょ。スクラップで買い上げて、もっぺん溶かすんだから。そういう扱いなんですよ。何が言いたいかと言うと、金備蓄は実に怪しいと。ですから、外貨準備を補填出来るだけのものを中国は持ってないぞという事を言いたいんですね。

それで次に、中国の銀行なんですがね、やっぱり一番怖いのはね、貿易戦争なんて、私に言わせりゃ、どうでもイイのであって、ドル取引停止になったら、どうなるかと言う事ですよ。


福島:そういうのも有り得るんですかね。


宮崎:有り得ますよ。で…明日の人民元を待つ運命。昔々、ソ連という国がありました。有りましたよね、確かね。1ルーブル=240円、最後の日、私、タマタマ、モスクワに居ました。


福島:イイ時に!面白いですね。


宮崎:12銭、240円から12銭、2千分の1になったです。ワイマールの末路ってのは、リヤカー一杯に当時のマルク札を持って行って、パン1個しか買えなかった。

今のベネズエラがそうでしょ。そもそも、もう物売ってないんだけどね。ベネズエラは今140万%のインフレです。ジンバブエ、法定通貨が崩壊してますね。

ここ迄になるかどうか、ならないと思うんだけれども、それに近い事は起きるんじゃないかと思うんですよね。で、今日持ってきました。今、申し上げた事は、私の新しい本に、対談しています。


福島:田村先生と。


宮崎:田村さん、まぁ、大活躍。渡邉哲也さん、この人も最近すごく活躍していますね。という事で、もし本屋さんに行かれる機会があったら、立ち読みをして頂きたいと思います。



福島:まぁ、付け加えると、前も言ったかと思うんですけれども、こういう事って、中国は今迄は隠していたんですよね。ところが最近は体制内学者がベラベラベラベラ言う様になって、で…、仰った様に、今年何か起こると。

リーマンショック級、或いはそれ以上、とするとウォール街の1929年のウォール街大暴落みたいな状況が起こるというのは、実は体制内学者が実は既に言っている事だったんですよね。で、こういう事というのは、まぁ、GDP6.6と言ってますけれども、


宮崎:6.6%成長ね。


福島:去年の政治局会議で出た数字は、6.5%だって、アッ1%上乗せしたんだ。なんで?


宮崎:それは政治的匙加減でしょ。北京の国際通貨研究所の副所長


福島:人民大学国際通貨研究所のコウさんは1.67って数字を出しているでしょう。で、北京大学ではマイナス成長って言ってるのね。

これをして、所謂体制の知識人の反乱って言って、イイカゲンな数字じゃなくて、国務院直属の所謂チームが、実質のGDPを調査しろって国務院から命令があって、調べた結果のレポートの中に出ているんですよ。

だから、1.67であって、下手するとマイナスっていう。前々から5%引きゃあイイって言ってるの、1.67ってイイ線いってるなぁと思うのですけれども。もう、それ以上の状況であると。

今年も、先程、社債デフォルトって言ってましたけれども、そのコウさんの演説の中で、10月前の3期の社債のデフォルト1千億社債っていう風に言ってます。

更に、これはオフィシャルなデータですけれども、それを値段に直すと1,200億人民元ですね。日本円に直すと…それに16~17掛けたらいいのかな…2兆近いですね。2兆以上かも。要するにこのお金で、企業破産していますよと。


宮崎:春節で駅が混乱して、皆帰ると、あの人たちは、もう帰って来ないなと。


福島:返って来ないと言うか、帰ってくる場所がないと言うか。既に700万人位帰っていますよね。更に又、帰って…


宮崎:希望に満ちてアメリカに行った学者も7千人帰ってきたけれども、中国で職が無い。


福島:そのまま逃げてしまう人もいっぱい。


宮崎:上手いこと、持ち逃げ出来ればね。




宮崎:だから四中全会を今迄引き伸ばしていたけど、やるんですか?

福島:四中全会は全人大の前迄にやんなきゃイケナイんですよね。で、2月5日から春節だと、春節の間にやるって事は有り得ないので

宮崎:やるんじゃない?





宮崎:全人大、ひょっとしたら、秋に延期とかなるんじゃない?

福島:『もう、春にやる必要は無い』って言い始めたり、そうすると、もう、政治システムの改変になるんで

宮崎:つまり習近平体制は磐石に見えたけど、

福島:私、磐石だなんて一度も言ってな~い!!

宮崎:見えたって言ったの… ハイ、さようなら習近平。その方が良いかな…さようなら習近平ってタイトルで。

福島:私も対談させて下さい。

宮崎:共著やりましょう。

福島:あくまでも可能性の話なんで、外れたらゴメンなさい。
コメント