ひたすら日本応援歌

メディアや野党の倒閣運動にこれ以上我慢が出来ないのでブログを立ち上げました。安倍総理、安倍内閣を応援するブログです。

想像逞しくする必要がある韓国射撃レーダー照射問題 櫻井よしこさん

2019-01-20 03:03:35 | 日記
想像逞しくする必要がある韓国射撃レーダー照射問題 櫻井よしこさん

https://youtu.be/MYQ7Rl-AlfY



西岡努さんがソウルに行って、面白い情報を掴んできました。
あくまでも、1つのニュースソースですから、確定した情報とは言い切れないんですけれども、北朝鮮で金正恩氏を巡る激しい動きがあって、去年の8月に金正恩氏の暗殺計画があったと。勿論、北朝鮮国内で、ですね。

で、その暗殺計画があったんだけれども、発見されてしまった。その場所がですねぇ…チョッとメモしてきたんですけれども、ウォンサンと言いますカルマ地区観光地ですね。

視察に行った金正恩さんの暗殺計画があって、それが発見されてしまったと。だけど、当局は直ちに逮捕しないで、犯人たちを泳がせていたんですね。

それが去年の11月に大量検挙になったんです。で、70人から80人が拘束されたというんですね。で、その中の3人が公開処刑されたというんですね。

だけども、これは勿論ニュースソースが1つしか有りませんし、しかし、このニュースソースは大変信頼が於けるという事なんですね。

だから、かなり不穏な動きが北朝鮮内にあったとしたら、断定は出来ませんが、あったとしたら、その関連の人達が、この漁船に乗っていたと仮定したら、仮定の上の仮定ですからね。


その粛清というのが始まっていたら、その粛清から逃れようとする人達も居る可能性もありますね。


当然、当然居ますよね。そうしたら、この人達が逃げたという情報が、何処からか、韓国の方に伝えられて、そして救難艇と駆逐艦が出るという様な事態がもしあればね、成る程そうかと、1つのストーリーとしては、分かるんですね。で、何故、こういう事を私達が考えるかというと、あまりにも不自然な事ばっかりなんですね。さっき申し上げました様に、我が国には2百隻もの船が1年間で、2百隻というと2日に1回位は流れ着いている訳でしょ。


先日も沖ノ島に辿り着いた人も居たという事で、青森の方にも船が着いたという話がありましたね。やっぱし、もの凄い頻度で来ているって事ですね。




そうでしょ。その人達を、韓国もしくは北朝鮮の艦艇がですね、船が、追っかけて来るとか、保護しようとして来るとかって事、一度も聞いた事がない。

このケースだけなんですよ。で、そこに我が国の哨戒機がアッ船が居るぞ、我が国の排他的経済水域ですから、そして大和堆ですから、大和堆のどの辺りかは、私は知りませんけれども、スゴイ良い漁場ですよね。

そこに外国の船が来て操業する事自体が違法ですよね。でも北朝鮮の船らしきものが居て、飛行機から見ると、もっと大きな他の2隻も居て、その真ん中に漁船の様なモノが挟まれている。一体どうしたんだろうと言って、自衛隊が様子を見に行くのは当然ですよ。

当然哨戒活動をして、日常のルーティーンの哨戒活動ですね。で、その自衛隊の飛行機が行った時に、突然レーダーを照射された訳でしょ。この火器管制レーダーというのは、ロックオンしてズッとビーッと音が鳴る訳ですよね。所謂…


捜索用レーダーとは違うといいますよ。


違いますよね。ロックオンされて、大変だと思ったワケですよね。これ防衛省関係の人達のお話を聞くとよく分かるんですが、ロックオンされた時に、軍人であればですね、これは下手すると攻撃されるかもしれないと思いますよね。

だから直ぐに砲がどっちを向いているのか、自分達の方を向いているのか、確認する訳ですよね。自衛隊はその砲を確認したら、自分達の方を向いていなかったと。

だから取り敢えず、直ぐに撃たれるんでは無い事を確認して、取り敢えずここは引き下がろうと行っちゃった訳ですよね。


回避行動に出たと。


で、回避行動したけれども、おかしいからと、又、戻って、又、照射されている
訳でしょ。複数回。そうするとね、本当に救難活動をしていたのであるならば、日本の船にも呼び掛けて、近くの船に呼び掛たり、飛行機にも呼び掛けて、「今、私達、救難活動をしています。」と言う事は何の問題もない。


普通に言えばイイだけの事ですよね。


それを言わずに、追い払う様に、何か見られたくない物が有るから見ちゃいけないと追い払う様な行動に出た事は、どう考えても不自然。

だから、一体何をしていたの?そして、この人達は誰?レーダーを照射した、その決定は誰が下したんですか?これは、照射する現場の人は、艦長さんの許可なくして出来ませんよね。という事は、艦長も照射してイイと考えていた。

でも、これは日本の海で、自衛隊は通常のパトロールをしているという事は軍人であれば分かるワケですね。

でも、これは照射してでも、自衛隊の飛行機を向こうに追いやらなければならないと艦長が判断した。


それ位の事態だと向こうが認識していた可能性がある。


それ位の事態って、一体何ですかって事を、やっぱり私達は説明をしてもらわないとイケナイですね。そこが全ての原点なんですよ。


正に実態として何が行われていたのか、その後の日韓の遣り取りから浮かんでくる韓国の意図について
日本が双方の電波情報を交換する事を提案した事に対して韓国側は


さっき統合幕僚長の河野さんが仰ってたけれども、まぁ、有り得ない発言ですよ。無礼なのは向こうですよね。そして大事な事は、こういった1つ1つの言葉とか、向こうの言い訳とか嘘に、あまり振り回されない事だと思うんです。

彼らがこんな事を言うのは、非常に困っているからだという風に思うんですよ。だって説明出来ないでしょ。12月20日にコレが起きました。その直後は、彼らは照射したって言った訳でしょ。1回はね。


探索レーダーとか色々照射している内の一部が当たってしまったんじゃないかと。



照射したと1回言ってしまって、その何日か後に、今度は照射してないって開き直ってる訳でしょ。そして自衛隊の飛行機が低空飛行したと言う訳でしょ。

でも写真を見ると自衛隊の飛行機は250m位の高さを飛んでいたというのが専門家の判断です。これはもう、全然低空飛行でも何でもない訳です。

これ小野寺さんに聞いたんですけど、私達が飛行機のデモンストレーションを見たりするでしょ。航空ショーとか。あの高さなんですって。だからもう、全然問題無いですって。

日本はルールを守ってチャンと飛行していた事は、向こうが出して来た写真からも分かるんです。



彼らは相当無理をして言い訳をし、言い訳が出来なくなったら、嘘をついているという風に思うんです。私はこういった事に日本が振り回されるという結果になってはイケナイと思います。

それよりも先に、一体貴方がたは何をしていたんですかという事を国際社会にも分かる形で問い続けていくのが良いと思います。

貴方の方が無礼でしょと言いたいですが、それを言うと相手の舞台に乗ってしまい、ドンドンと泥沼に引きずり込まれてしまいますからね。あんまりあの人達の立ち位置迄レベルを下げない方がイイと思います。

「日本の排他的経済水域で一体何をしていたんですか?」

「その3人は誰ですか?」

「亡くなった人は誰ですか?」

「なんで治療しないで返したんですか?」

「レーダーで私達を追い払おうとして、何を隠そうとしていたんですか?」

という事を冷静に繰り返し問い詰めるのが良いと思います。
韓国が失礼な事をしているのですから、毅然として、そういう事は受け入れられないという事をキチンと言うべきだと思います。


韓国の国防方針の転換 国防改革2.0
人員は削減するが、武力は増強。





















コメント