広告代理店はイヌと同じだ!【表】

現役広告営業マンの日乗
~表題は某社宣伝部長の金言から(3/19参照)~

アナログ回帰

2014-04-09 07:00:21 | 雑談
チェキが今、2度目のブームを迎えているらしい。

---------------------------

■「革新力・殻を破る2」~アナログが最先端~新風ふき込み、技術再興
20140409 日経

※デジカメに押されて衰退の淵にある写真用フィルム

富士フイルムが今年、神奈川県の工場でフィルムの生産ラインを増設する

異例の増産を牽引するのは実はインスタントカメラ「チェキ」

2002年度に100万台売れたが、04年度には10万台に激減

↓(米ポラロイドも撤退)

それが、
14年度は300万台に迫る勢いを見せる

※「チェキ」復活の秘密
・復活の起点は韓国
07年にドラマで使われ若い女性の人気が上昇

デジタル世代には撮り直しがきかない写真が目の前に現れる姿が新鮮に映る

「再び世界で稼げる手応えを得た」(イメージング事業部長・山元氏)

12年秋に約10年ぶりの新製品を発売

今年は出荷先が100か国に達する

「オンリーワン商品として時代を超えて価値が認められた」(古森会長兼用CEO)

市場変化に素早く手を打つ対応が「古さ」を「新しさ」に変えた

※デフレや需要縮小の波にあえいだ日本企業。
発想さえ転じれば「新たな価値」を引き出せる

(他に大塚グループ、ブリヂストンの例)


※一度傾くと「もう伸びない」と諦めていないか。

問われるのは自らの事業モデルを変える大胆さだ

早大大学院教授・内田氏「自らの強みを見つめ直し、競合と異なる戦略をとるべきだ」

身近な所に眠る革新のヒントを掘り起こす企業だけが成長を手にする

-------------------------------



理屈やマーケティングじゃないところから、ヒットが生まれるのが面白いです。


デジカメ時代だからこそ! インスタントカメラ「チェキ」が人気の理由
Excite Bit 20131120




巷間言われる「アナログ回帰」の一つの事例かもしれませんね。



----------------------------------------------------------------------
※The reason why the title is“広告代理店はイヌと同じだ”
コメント   この記事についてブログを書く
« 「増税後、初の週末」という... | トップ | 日経の「革新力・殻を破る」... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

雑談」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事