広告代理店はイヌと同じだ!【表】

現役広告営業マンの日乗
~表題は某社宣伝部長の金言から(3/19参照)~

【実体験】AMNさんのブロガーミーティング

2008-07-26 12:23:03 | IT&ネット
23日、AMNさんのブロガーミーティングに参加させて頂いた。

タイトルは

「インターネットと生涯教育」ブロガーミーティング
~「日本初のインターネット大学」の授業を体験してみませんか?~
(主催:AMN 協賛:サイバー大学)

というもの。



私にとっては、とても面白く、新鮮な発見の連続の場となりました。

AMNさん、サイバー大学の皆様、ありがとうございました。




さてさて、

サイバー大学について詳しくは公式サイトを観て頂くとして



ここからは、せっかくなので

ミーティングでお教えいただいた内容を元に

個人的に思いついたことを書いてみたいと思います。

(以下文責:ちょいな♪)








■サイバー大学とは


---------------------------

今こそ大学で勉強したい、でも通えない・・・

そういう人のために創設された、画期的な大学。

---------------------------

私としては、それが「サイバー大学」だと思った。





■ターゲット


一番関心を持つのは、たぶんこういう人たち。


------------------------------------------------------

①社会人や主婦で、勉強し直したいと思っている人。

・大学に行きたかったが、何らかの理由で行けなかった人
・社会人になってから勉強し直したいと思い始めた人


②勉強はしたいが、大学生活が不要と思っている人

・中高年・シニア層=時間があり、勉強をしたいと思っているが、
      若い人に混ざって、同じ条件で通うのは少し辛い。

・資格や勉強には意欲があるが、大学という環境が好きではない若者


③大学に行きたいが、まとまった費用がない人。親の支援を受けたくない人。


----------------------------------------------------------


(特に今の時代、①②の潜在需要は相当大きいと思う)







■サイバー大学の訴求点。


上記のターゲット設定からすると以下のような点、比重となるのでは・・・。


----------------------------------------------------------

★メイン要素

・通学不要。全てがネットで完結。しかも学士資格まで到達できる本格大学。

・費用が科目単位。自分の財布事情に合わせて、卒業に何年でもかけられる。

・授業自体のクオリティが高く、密度が濃い。しかも期間内なら何度でも反復学習できる。

・授業がオンデマンド形式なので、いつでも、どんな環境でも、受講できる。

・本当に勉強したい人たちだけが集まっている、ネット上の学び舎。



★サブ要素

加えて、学生の自由意志で以下の「大学生活」サポートが受けられるということ。

・ネットのインフラを活用することで、
 教師やメンターとのインタラクティブなコミュニケーションや生徒同士の横の繋がりも作れる。

・校舎や図書館などの施設も整備されているので、
 リアルの大学生活を体験するためのサポートも受けられる。


----------------------------------------------------------





■まとめ

こう考えてみると、

サイバー大学は、ある意味で

「無駄のない大学」「機能的な大学」と言えると思う。



ある意味と敢えて書いたのは

リアルの大学には、

「資格をとる」「勉強をする」ということ以外に

「大学に通うこと」自体に大きな意義があると思うからだ。


特に思春期の若者にとっては

「友達を作る」

「同じ世代の仲間と、いろんな意味で、切磋琢磨する」

「合理的でないことに時間と熱意を費やす」ということが

人格形成にとても有意義なことだと思う。

これは「キャンパス」に行かないと体験できない。



だから、

こうした広義の「大学」を求めるなら、

サイバー大学より、リアルの大学の方が向いていると思うし、

特に、当該世代の若者は、

就職率の良し悪し、偏差値の高い低い関係なく、

リアルの大学に入れるなら入った方がいいと、私は自分の経験からも思う。




ただ、

私のような「いい年齢(とし)」のオヤジを初めとして、

先に挙げたターゲット①②の人たちにとっては話が違う筈だ。


リアルの大学は、勉強したいと思っても、制約が多すぎて不可能だ。

(今さら10代にまざって、体育なんてやりたくないし・・・。
 もっとも、合コンには参加したいけど)



ターゲット①②の人にとっては、

「サイバー大学」は「機能的な大学」「無駄のない大学」であり、

今までなかった、

新しい「学問への入り口」と言っていいと思う。



今の時代、①②のような人は相当多い。

サイバー大学の潜在需要は、凄まじく大きいと思うし、

上手く展開されれば

社会的に意義の大きいインフラとなると思う。





■ちょっと思ったこと。

・(これは、国のルール的にNGなのかもしれませんが)
  もし「飛び級」的な仕組みがあると面白いと思いました。


 ※とんでもない天才や
  短期間で集中して勉強したい人に対しては
  自分のペースで授業を一気に受講でき、
  学び終わった時点で試験が受けられる仕組みを
  作ってあげたらよいのでは?と思いました。
  もしこういうことができれば、
  リアルの大学には出来ない話題が作れると思いますし
  学生の意欲促進、ロイヤリティ醸成に非常に効果的かと思いました。




以上です。





★付記:

今回のブロガーミーティングでは

最初に事務局の大木さんから、オリエンテーションがありました。

私としては、このお話で、いきなりグッと引き付けられました。

何に引き付けられたかと言うと、お話のストレートさ。


・サイバー大学をPRしたい。
・どこか優れているか、みんなに知ってもらいたい。
・ただ、どうすればそれができるのか、模索中である。
・今日はサイバー大学を知ってもらい、意見をお聞きできればと思っている。


以上の4点を、最初に率直にお話された点に、とても好感を持ちました。


よいブロガーミーティングの実施例としても、大変勉強になりました。

ありがとうございました。








----------------------------------------------------------------------
※The reason why the title is“広告代理店はイヌと同じだ”
コメント (2)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« ヌード対向はダメよ! | トップ | 「奇」の発想 みんな『少年マ... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
サイバー大学のパンフレット (kange)
2008-08-01 15:57:45
同じグループでお世話になりました。
「大学を考える」のkangeです。

帰ってから、サイバー大学のパンフレットを見ていて気になったのですが、なんだか写植(とは今は言わないかもしれませんが)に違和感を感じませんか?
海外製品の日本語説明書などによく見られるような妙なフォントと文字間です。

経費削減のために、海外で作ったのでしょうか?


コメントありがとうございます (ちょいな♪)
2008-08-01 22:57:01
kange様
先日はお世話になりました。
おかげさまで凄く楽しかったです。

それはさておき、
すごいところに目を付けられましたね(爆)。

残念ながらパンフは
会社に置いてきてしまったので確認できませんが、
それは私より、
直接サイバー大学さんにお尋ねになった方が・・・。

でもそういう視点は大好きです。

今後とも宜しくお願い申し上げます。

コメントを投稿

IT&ネット」カテゴリの最新記事