Lee's Diary

ドラマが好き。
お気に入りのドラマの感想をつぶやいています。

妖怪人間ベム 最終回  *感想*

2011-12-25 | 秋ドラマ(2011) 感想
* 妖怪人間ベム 「さよならベム・ベラベロ・・・人間になれるのか!?最後の大決闘!!」 *  番組HP

とても このドラマらしさが感じられる最終回。
名前のない男(柄本明)を自分達の中に受け入れるべきか否か・・
ベム(亀梨和也)ベラ(杏)ベロ(鈴木福)が それぞれの想いを見せる冒頭からも 前回の話の流れからも 
最終回は きっと重たくて暗くて哀しいストーリーとなるのだと思いきや
リスザル永太郎の失踪エピソードでもって ふわりと物語の雰囲気を変えてきたことに驚いて
最後の最後まで 私の好きな雰囲気を残して見せてくれることに嬉しくなってしまう。
「俺達は、心からなりたいのだろうか?人間に・・。」 という疑問を持ったベムたちが
“胸の中の気持ち”を知る方法を教えてもらいに緒方(あがた森魚)の元へやってくるというのが 
まず このドラマらしくっていい。 
分からないことを人に尋ねるという行動に 彼らが少しずつ築き上げていった人間との関係が窺えて
“胸の中の気持ち”と大切に向き合う姿に 彼らが今まで積み重ねてきた経験を生かしていることが窺えて微笑ましい。
そして あれこれと悩む小春(石橋杏奈)や日出美(広田レオナ)や
父と母のことを気遣い 両親の気持ちを少しでも楽にさせようとする優以(杉咲花)の様子を見て
また少し人間のコトを理解していくベムたちのエピソードを 最終回でも見られたことが嬉しい。

夏目家での写真撮影の際に緊張しまくるベムベラベロだとか
知ったかぶりをベロから指摘され 小さく動揺しまくるベムの表情だとか
大切なコンサートのチケットをお腹のアタリでしっかり持って 神妙な面持ちで待ち合わせをする様子だとか
(あのチケットの持ち方と あの表情・・・愛おしさを感じるわぁ♪)
最終回でも 思わず笑みがこぼれてしまうようなユーモラスなシーンを見せてくれたことも嬉しい。

最終回の一番の見せ場であろう立てこもり事件のシーンは
これら ゆるやかに描かれる人間たちとベムらの交流を見た後だけに
ベムたちの想いが より切なく 真っ直ぐに伝わってきたように思う。
特にアップで映し出されるベムの表情は強く心に残った。
「助けを必要とする人間を見過ごすことはできません。
そんなことをしたら、俺達は・・・ただの妖怪になってしまう。」
この言葉自体にも 痛々しいまでのベムの想いが伝わってくるのだけれど
そこに あのベムの表情が加わることで その哀しくて切ない想いは 
さらに強く見るものの心に伝わってきたように思う。

名前のない男を単なる敵・憎むべき悪とはしなかったところも好感が持てる。
彼もまた 人間になりたいと切に願い 気の遠くなるほどの空虚な年月を過ごしてきたのだということが
ベムベラベロの想いと共に しっかりと伝わってくる物語だった。 

 最後まで読んでくださって ありがとうございます  
ただいま ランキングに参加しています。
チラリと共感していただけましたなら ポチっと押していただけると嬉しいです♪

 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村


妖怪人間ベム 第1話  *感想*
妖怪人間ベム 第2話  *感想*
妖怪人間ベム 第3話  *感想*
妖怪人間ベム 第4話  *感想*
妖怪人間ベム 第5話  *感想*
妖怪人間ベム 第6話  *感想*
妖怪人間ベム 第7話  *感想*
妖怪人間ベム 第8話  *感想*
妖怪人間ベム 第9話  *感想*
『ドラマ(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント (8)   この記事についてブログを書く
« 蜜の味~A Taste Of Honey~... | トップ | ビターシュガー  最終回 ... »

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
素敵な最終回でしたね (ミンミン)
2011-12-25 16:03:52
何でこんなに涙が出るんだろう・・・
そう思っちゃうくらい、泣いちゃいました。

前半の予想に反しての、のほほんとしたムードが、後半の展開をよりもりあげていたような・・・

妖怪に変身しなくても、額にある角、緑色の血、その傷もあっという間に直ってしまう、それだけでも驚かせるに充分な描写が見事でした。
そして大勢のまえで妖怪の姿に!弾がつきるまであびつづける姿はもう・・

ただこういう経験は今まで何度となくくりかえししてきていたのだろう・・
残っていた、夏目家と緒方家の面々の様子とともに今までとは違うなにかがそこにあり

人間になりたい、けど人間を守るため人間にならない!
彼らの選択は、悲しいけど、すばらしいものに思えました。

今まで原作と同じようなシーンはなかったけど、ラストだけ同じ幕を迎えました
これには驚きました。

ただ夏目さんを助けた?描写はオリジナルで、余韻がより深まったように思います






感動して、うるっときました。 (ぶー。)
2011-12-25 16:39:54
Leeさんも、言ってらっしゃるように、このドラマらしい最終回だったように思います。

泣けて、泣けて。
たてこもり事件で、妖怪の姿を晒して、皆を庇って銃弾を受け続ける彼らの姿にジーンときてしまいました。

最後の、炎に包まれるシーンは、3人の笑顔が見れて、何故か希望が持てる彼ららしい終わり方だったように思います。
ミンミン 様 (Lee)
2011-12-25 17:33:25
コメントありがとうございます♪

ミンミンさんからアニメの最終回の内容を教えていただいていたので
あ、アニメの結末に似せてきたなぁ・・と思いながら終盤の展開を観ていました。
夏目とベムの友情を最後の最後まで見せてもらえたようで 私も印象に残ったラストでした。
Unknown (桜)
2011-12-25 17:35:26

あんなに人間になりたかったはずなのに…!
人間を助けるために妖怪人間のままでいるなんて!

最後に夏目さんが犯人にねらわれて危ないところを助けたのもベムたちだったみたい。
「いつもそばにいます。」言葉通りでしたね。

コンサートの待ち合わせの真剣な様子や写真撮影の固い表情など3人の真面目な様子を愛らしく感じました。

名前のない男も最後の「これで私もやっと死ねる。」と言うセリフに彼の思いも伝わってきましたね。

感動的な最終回でした。

ぶー 様 (Lee)
2011-12-25 17:45:14
コメントありがとうございます♪

素晴らしい最終回でしたよねぇ。
自らが盾となって人質を守るシーンは ぶーさん同様 私も強く印象に残りました。
ベムたちの正体を見ても逃げ出すことなく 
彼らを受け入れるかのように見守る小春や菜穂子たちの様子やラストシーンなどに 
救いを感じることができたことが ホントこのドラマらしかったと思います。 
桜 さま (Lee)
2011-12-25 17:49:45
コメントありがとうございます♪

ホント ラストシーンはベムの言葉どおり・・。ベムと夏目の間の絆を見た感じですねぇ。

ベムたちの愛らしさたっぷりでしたよねぇ。も~う 3人が可愛くって可愛くって♪
まさか こんなにユーモラスなシーンを見られるとは思っていなかったので
3人の可愛らしさに心を鷲掴みにされちゃいました~。
感動しました (かっきー)
2011-12-25 18:52:43
こんばんは♪

私も同感です。Leeさんの感想や皆さんのコメントからも、このドラマが多くの人に支持されていたんだなぁと感じました。

名作アニメの実写化は難しく苦労もあったと思うのですが、スタッフや俳優さんの想いが伝わりました。感動しました。感謝したいです。

<PS>
新春の「デカワンコ」スペシャル楽しみです♪
かっきー 様 (Lee)
2011-12-25 20:09:51
コメントありがとうございます♪

ホント ファンが多いドラマなんだなぁと実感しました~。
予告の映像が無くなったときにゃあ 撮影がギリギリなんだろうなぁ・・と 
スタッフの皆様の苦労を想像してしまいました。
素晴らしいドラマを作り上げたスタッフの皆様とキャストの方々に 私も感謝・感謝です。

「デカワンコ」スペシャルって新春放送だったんですね~。予告を見て初めて知りました。
相変わらずの緩さタップリな雰囲気(笑)。私も楽しみ~♪

コメントを投稿

秋ドラマ(2011) 感想」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事