Lee's Diary

ドラマが好き。
お気に入りのドラマの感想をつぶやいています。

聖なる怪物たち  第7話  *感想*

2012-03-02 | 冬ドラマ(2012) 感想
* 聖なる怪物たち  「殺したのは・・・あなただ!!」 *  番組HP

怪物たちの怪物っぷりを楽しめた第7話。
平井邦夫の恐喝に屈することなく 逆に有無を言わせぬ圧力をかけてくる敏雄(長谷川博己)の汚さにクラクラ。
長谷川さんは ダメダメな父親よりも 従姉妹を想い続ける男よりも こういう冷徹な男の方がハマる。
(独特な雰囲気のある鈴木先生も 個性的な長谷川さんの風貌とハマっていて良かったケド。)
女帝・華江(山本陽子)の思考も 小市民なアタシには理解できない突き抜けた感じが魅力的。
一か八か 秘密をぶっちゃけて 見事 日向家の嫁の地位を確立させる圭子(加藤あい)の様子も面白い。
日向家から追放される前妻・希実代の様子を鼻で笑う圭子・・
どんどん嫌な女になってきていて これまたワクワク。
そして 抜きんでた存在感で魅せてくれた優佳(中谷美紀)。
どうも このドラマのナレーションは ずっと好きになれなかったのだけど
今回は ナレーションで語られる言葉が 優佳をより魅力的に見せていたのもいい。
「嘘を消すには、嘘と真実をすり替えてしまえばいいのだ。ただそれだけのこと。」 
「真実など、いくらでも作ってしまえばいい。」
う~ん・・自分本位な思考回路がたまらないわぁ。
どんな時も冷静沈着な優佳が 司馬の前で初めて動揺し 感情的になったシーンも迫力タップリ。
優佳に食われ気味な司馬の その頼りなさや 青臭さも このシーンをより魅力あるものにしていたと思う。
どうも 司馬よりも優佳の方に肩入れしたくなるのだけれど
さすがに あそこまで優佳を追い詰めながらも敗退せざるをえない状況に追い込まれる司馬にゃあ
同情する気持ちが湧き上がってきたし 次回の最終回を楽しみにしたい。

 最後まで読んでくださって ありがとうございます  
ランキングに参加中です。共感していただけるトコロがありましたなら ポチっと押していただけると嬉しいです♪
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

聖なる怪物たち  第1話  *感想*
聖なる怪物たち  第2話  *感想*
聖なる怪物たち  第3話  *感想*
聖なる怪物たち  第4話  *感想*
聖なる怪物たち  第5話  *感想*
聖なる怪物たち  第6話  *感想*
『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 最後から二番目の恋 第8話... | トップ | 恋愛ニート~忘れた恋のはじ... »

コメントを投稿

冬ドラマ(2012) 感想」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事