Lee's Diary

ドラマが好き。
お気に入りのドラマの感想をつぶやいています。

問題のあるレストラン  第10話(最終回)  *感想*

2015-03-20 | 冬ドラマ(2015)感想
* 「頑張れ女の子!」 *

はあ、、、終わってしまった。
彼女たちの姿をもう見られないのかと思うと寂しい。
ビストロフーの面々をどれだけ好きだったのか、実感しちゃったよ。

冒頭の感じが好き。
スプーン事件は??
ビストロフーに漂っていた不穏な空気はどこに??
などと、初めこそチョッと戸惑ったものの、、
明るく、楽しそうに、仕事をする彼女たちの様子から感じられる、
ぎこちなさや、何かに触れないように気遣っている様子や、
何かを誤魔化しているような、何だが寂しげな、、
そんな雰囲気を感じさせる、あの感じが好きだ。
初回の冒頭をチョッと思い出したなぁ。
状況を説明することなく、雰囲気で感じさせていく、、この感じが好きだ。

いやぁ、、それにしても、、
たま子(真木よう子)、新田(二階堂ふみ)、川奈(高畑充希)、千佳(松岡茉優)、烏森(YOU)、鏡子(臼田あさ美)、ハイジ(安田顕)、、
彼女たちの明るい仕事ぶりや、チームワーク、恋バナでのワチャワチャ感、、良かったなぁ。
これをもう楽しめないのかと思うと寂しい。
この期に及んで、千佳と門司(東出昌大)の魅力的な掛け合いなんちゅうもんを見せてくるアタリも寂しさを募らせるワケよ。
新田と星野(菅田将暉)の会話も印象的だったなぁ。
頭の上に山羊を乗せた体験を語り終えた後の星野の表情、、いいよねぇ。
強い後悔、寂しさ、悲しさ、、そんなものを感じさせるよねぇ。

どのように描いてくるのかと注目していた雨木太郎(杉本哲太)のほうは、なるほど、息子を絡めてくるワケなのねぇ。
コレは予想できなかったなぁ。
雨木の腐った性根は、おいそれとは変わらないと思っていたし、
あのクズっぷりが簡単に変わってしまうようなストーリーは何か違うような気がしていたので、
雨木ではなく、その息子を救うようなエピソードなっていたコトを意外に感じつつも満足できたよ。

人に優しくすると、自分に優しくなれます。
人のことが分かると、自分のことが分かります。
人の笑顔が好きになると、自分も笑顔になります。
自分は自分で作るの。

ありきたりっちゃ、ありきたりなんだけど、、
コレができないから、コレを意識しないから、、、って、感じるようなコトって、実際にあるよねぇ、、イロイロと。
雨木が最後まで見事にクズだったからさぁ、、
千佳の言葉が、あの子の心にしっかりと届くよう、祈るように見守ってしまったよ。


 最後まで読んでくださって、ありがとうございます  
チラリと共感していただけましたなら、ポチリと押していただけると嬉しいです♪ 
<ドラマ感想>
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

問題のあるレストラン  第1話  *感想*
問題のあるレストラン  第2話  *感想*
問題のあるレストラン  第3話  *感想*
問題のあるレストラン  第4話  *感想*
問題のあるレストラン  第5話  *感想*
問題のあるレストラン  第6話  *感想*
問題のあるレストラン  第7話  *感想*
問題のあるレストラン  第8話  *感想*
問題のあるレストラン  第9話  *感想*

コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 銭の戦争  第11話(最終... | トップ | ○○妻  第10話(最終回)... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
他作自演~?(^^; (LB56)
2015-03-22 04:20:27
お疲れさんデス。
・・・結局、デスはハイジの両親だけデス、よね?(^^;

>人に優しくすると、自分に優しくなれます。
>人のことが分かると、自分のことが分かります。
>人の笑顔が好きになると、自分も笑顔になります。

この3文(他人がいないと自分は何もできない?)は、フーのメンバーが体験した事を、ひっくり返して教訓にしたものじゃないかなあ、そんな気がしましたよ。
特に千佳は、この言葉を痛感してると思います。
すべては、ここに集約された!って感じでしたね。
・・・この教訓って、ひょっとして、たま子の受け売り?(笑)

弟?に聞かせる言葉だったので、わかりやすかったんですが、「人」を「パパ(雨木)」に変えて考えてくれるといいですね~。
でももし、(雨木の言うように)仇をとるなら、この3文をふまえた上で、仇をとってくださいね(できるかな?(笑)

>スプーン事件は??

1話じゃ無理なんで、省いてきましたねっ!
あと2~3話あったら、できたかもしれないけど、まあ、「さじをなげた」ってことで~(笑)

ただ、五月って何だったんでしょうねえ?? 中味がよく見えなかったなあ~
やっぱり、もう1話必要だったのでは?という気になります。

>頭の上に山羊を乗せた体験を語り終えた後の星野の表情、、いいよねぇ。

話し始めるまでの、星野と新田のぎこちなさも、案外面白かったですね。
・・・話の内容も、ぎこちなさ満開でしたが(笑)
皿だけでなく、心も同時に洗っていたような感じでした。

SPはあると思いますが、できれば「2」も見てみたいな~(^^)
LB56 さま (Lee)
2015-03-22 16:28:55
コメントありがとうございます音符

さじをなげた・・・上手い!座布団一枚!!

スプーン案件は、サラ~っと表面的に描かれてましたねぇ。
苦しくて、辛くて、悔しいエピソードを散々描いてきているので、
最終回くらいは、明るくて、前向きで、幸せな雰囲気を強めたかったのかもしれませんね。

初回で、五月のエピソードを観たときには、
ストーリーにインパクトをもたらすための材料としか考えてないように思えてしまったり、
過激な描写で視聴者を煽るためだけのエピソードなのではないかとも感じたり、、
不愉快極まりないものがあったのですが、
後半になって、思っていた以上に五月のエピソードにも触れていたので満足感はあります。

星野と新田、、皿と一緒に心も洗ってましたか~(笑)。
サバサバとした新田さんと、悔いの残る星野くんの様子が対照的で面白かったです。
一昨年のベストドラマです。 (パインル)
2017-07-17 12:51:02
初回の菊池さんの強烈なセクハラや「パーカーちゃん」の短気ぶり&子役のレシピ朗読、ラス前回での調理中の鍋にタバコ入れて「オマエくび!」って言った杉本哲太=雨木太郎のパワハラそのもの➡もんじくんブチ切れの展開など、今でもよーく思い出してしまうこのドラマ。

二階堂ふみ・松岡茉優・高畑充希の個性の強い演技が炸裂していたからか、臼田あさ美の存在感が薄く感じられました。

あぁ、続編作られませんかねぇ?もちろん主題歌はきゃりぱみゅの「もんだいガール」でw
パインル さま (Lee)
2017-07-17 15:06:34
コメントありがとうございます♪

キャラクターが魅力的なドラマでした。
過激な描写や煽りがキツすぎたような気もするのですが、
刺激的で、毎回興味深く視聴していた記憶があります。

コメントを投稿

冬ドラマ(2015)感想」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事