Lee's Diary

ドラマが好き。
お気に入りのドラマの感想をつぶやいています。

タイトロープの女 第4回  *感想*

2012-02-16 | 冬ドラマ(2012) 感想
* タイトロープの女 「憎まずにはいられない」 *

「人は割り切れない。それは事実です。」
永沢(小澤征悦)が由梨(池脇千鶴)に向けて語ったこの言葉が ラストシーンまで生きていた第4回。

「あなたにずっと恨みつらみをぶつけられて、私が平気だったって思ってるの?傷つかないとでも?
人の夫取るような女だから?素敵・・なんて人がいいの。」
ラストシーンで語られた恭子(高岡早紀)の言葉が とにかく印象的。
そうなのよねぇ・・由梨だけじゃなくって 観ているアタシも 
恭子のふてぶてしい面構えや まったく動じるそぶりを見せない強かな態度に誤魔化されてしまうトコロだけれど
彼女だって 由梨にあんなヒドイことを言われ続けて平気でいられるはずはないのよねぇ。
由梨が恭子を憎まずにはいられないと同時に 恭子だって ついつい憎まずにはいられないということなのね。
それにしても間が悪いというかなんというか・・・。
もしも あそこで小野田(笹野高史)と高木(本田博太郎)の会話を恭子が耳にしていなければ
事態は変わっていたかもしれないのに・・。  せっかく由梨に歩み寄ろうと 自ら悪役を買って出たのに・・。
まあ 人は割り切れないもの・・ たとえあの会話を聞いていなくっても 
由梨が社員に受け入れられていく様子を目の当たりにすれば 面白くないと思う気持ちが湧き上がってくるのかも。
永沢が指摘した恭子の深層心理も 恐らく間違ってはいないのだろうし 
永沢の言葉どおりの割り切れない恭子の想いを しっかりと見せてもらって満足。

恭子の登場によって 社内での評価をさらに失墜させた感のあった由梨の奮闘ぶりも楽しめたし
工場長の好意に頼ることなく 自らの言葉で 極めて由梨らしいやり方で社員の心を掴んでいく様子も良かった。
「いい観客になれる自信はあります。」という言葉は面白いわねぇ。
「引っ張る人じゃなくて傍で応援する、そんな社長じゃダメですか?」という由梨に
ダメじゃないよ~ などとお気楽に答える気にはならないのだけれど。

 最後まで読んでくださって ありがとうございます  
ただいま ランキングに参加しています。
チラリと共感していただけましたなら ポチっと押していただけると嬉しいです♪
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

タイトロープの女 第1回  *感想*
タイトロープの女 第2回  *感想*
タイトロープの女 第3回  *感想*
『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« ストロベリーナイト  第6話... | トップ | 聖なる怪物たち  第5話  ... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
恭子の気持ち (とよっち)
2012-02-20 03:38:17
今回ですが、私は恭子は由梨のことを憎んではないと思っています。
途中で恭子と顧問税理士が歩いて帰っている時に、税理士が言ったことが恭子の本心ではないでしょうか。
ただ、みんなに受け入れられつつある由梨を見て、自分がこのままここにいても良いのかなという恭子の心の矛盾もあるのだと思います。

今後、由梨と恭子がどうなっていくのが楽しみですね。
あと、十倉ワイヤー大丈夫かしら(笑)




とよっち 様 (Lee)
2012-02-20 06:26:54
コメントありがとうございます♪

永沢が恭子に言ったコトは なかなか鋭かったですよねぇ。
恭子の心の奥底を見透かした言葉は面白かったです。
由梨と恭子が どのように歩み寄っていくのか・・ (それとも対立したまんま?) 見守っていきたいです。 

コメントを投稿

冬ドラマ(2012) 感想」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事