Lee's Diary

ドラマが好き。
お気に入りのドラマの感想をつぶやいています。

ゴーイングマイホーム  最終回  *感想*

2012-12-19 | 秋ドラマ(2012) 感想
* 「あなたの、いなくなったあとに」 *

このドラマの魅力をタップリと感じさせてくれた最終回。 良かったなぁ。
特にお葬式にまつわるエピソードが好き。
敏子(吉行和子)と良多(阿部寛)と多希子(YOU)の会話・・
健次(安田顕)の的確すぎる突っ込みと それを容赦なくさえぎる多希子の様子・・
娘の味を母に教える沙江(山口智子)・・
小さな会話のひとつひとつが 些細なエピソードのひとつひとつが魅力的で 心に染みる。
なかでも 敏子がひと際 魅力的。
霊柩車を決める際の敏子の勘違いだとか・・ 敏子が語る坊さんの話だとか・・ 面白かったなぁ。
敏子のあの独特な口調と 面白いコトを言おうなどとは全く思っていない感じが たまらない。
「一回だけなんだから私に決めさせてよっ。」 や 
「お父さん鈍感だったから・・。ここら辺り、まだ死んだの気が付いてないんじゃないかしら。」 や
「お父さん、もう死んでるんですからね。」 という 敏子の言葉も とにかく好き。
敏子の可愛らしさとともに 栄輔への想いが伝わってくる言葉の数々・・いいなぁ。
(吉行和子さんって素敵な女優さんねぇ・・と 改めて思う。)
治(西田敏行)と菜穂(宮崎あおい)が口々に 栄輔の妻や家族への想いを代弁するなか
「そうかしらね。」 と 呟く敏子の表情も印象的。
どこか寂しげな表情からは 敏子がひっそりと抱く後悔が伝わってくるようで切ない。
良多が見せた後悔も とても好き。
父の髭に触れたことで思い出される幼い頃の父の記憶と 湧き上がってくる強い後悔・・。
涙を流す良多に泣かされたなぁ。 

家族愛だったり 人と人の結びつきの大切さだったり 
料理が そんな人と人との結びつきに チョッといい役割を果たすことだったり
人間は 自然に生かされていることも 謙虚に生きることも とかく忘れがちなことだったり 
人間だって弱いから 何ものかの助けを借りたり 何かを信じてみたくなるということだったり 
そんなコトを しみじみと感じさせてくれたこのドラマ・・
槇原敬之さんやゴンチチが手がける音楽と共に 最後まで素晴らしい世界を魅せてくれたなぁ。

 最後まで読んでくださって ありがとうございます  
ランキングに参加中です。チラリと共感していただけましたなら ポチっと押していただけると嬉しいです♪
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

ゴーイングマイホーム  第1話  *感想*
ゴーイングマイホーム  第2話  *感想*
ゴーイングマイホーム  第3話  *感想*
ゴーイングマイホーム  第4話  *感想*
ゴーイングマイホーム  第5話  *感想*
ゴーイングマイホーム  第6話  *感想*
ゴーイングマイホーム  第7話  *感想*
ゴーイングマイホーム  第8話  *感想*
ゴーイングマイホーム  第9話  *感想*
『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント (20)   この記事についてブログを書く
« 遅咲きのヒマワリ~ボクの人... | トップ | 結婚しない  最終回  *... »

20 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (とことこ)
2012-12-20 10:00:25
本当にいいドラマでした。 まだ余韻を引きずってます。
視聴率って関係ないんだなって改めて感じています。
すぐにでも一話から見直したいけど、何話か消しちゃって後悔してます。
最後の最後、萌江ちゃんがクーナ姿になっているのも、またかわいくて良かったですね。

こういうドラマがまた見られたらいいですけど、、、。
ああ本当に終わっちゃって寂しいです。終わりが寂しいドラマって滅多にないんですが、ほんとに寂しいなあ。
じんわり (なきぬれて)
2012-12-20 11:51:17
良多が父を想って泣くシーンは 本当に切なかったです。

実家での家族の会話は、我が家をいつも彷彿させてくれました(笑)

ラストシーンも大好き。

なんだか落ち着かなくて、普段は絶対やらないことを夢中になってやって、案の定、閉め出される展開は、想像がついていても、あ~わかるなあ~と思って観ていました。

そして、スープ。

見えない愛を バッチリ感じました!

本当に、セリフ以外のシーンも 沢山心と頭に響くドラマでした。
Unknown (よっしい)
2012-12-20 12:15:16
心に染みるドラマでした。
さらに、Leeさまの感想がドラマ以上に心に染みました。
また見たいドラマです!
私も録画を消してしまい後悔しています。
とことこ 様 (Lee)
2012-12-20 17:31:35
コメントありがとうございます♪

視聴率・・ビックリするくらい取れませんでしたねぇ。
スタッフの方々もここまで低いとは思っていなかったのではないかしら?
打ち切りになりやしないかとヒヤヒヤしましたが 最後までしっかり放送していただけたことが嬉しいです。
こういうドラマ・・私もまた観たいなぁ。

テングタケの帽子をかぶった萌江ちゃん・・可愛かったです♪ とっても似合ってました。
なきぬれて 様 (Lee)
2012-12-20 17:34:31
コメントありがとうございます♪

あら~ 良多の実家のような会話が繰り広げられているご家庭なのですね(笑)。
なんだか妙に親しみが沸くというか 聞いていて心地いいというか 
お茶の間にお邪魔しちゃっている感覚になれるというか
そんな独特の魅力がありますよねぇ 彼らの会話って。
(毒も吐きまくりだけど・・。 大人気ないやりとりもタップリだけど・・。)

ベランダに締め出されるエピソード・・面白かったですねぇ。
私は全く予測して無かったので ドアノブが取れて ドアが閉まりかけたときにゃあ
「え!? あっ! あ~っっ!!」 と 心の中で叫んでしまいました。  
よっしい 様 (Lee)
2012-12-20 17:37:02
コメントありがとうございます♪ こそばゆいお言葉もありがとうございます♪

素敵なドラマでしたよねぇ。
私も このドラマはほとんど手元に残ってません。
気に入っているトコロを観直して満足した後は 録画を消しちゃってます。
(これは好きなドラマだから保存しとこ♪などと大事に残しておいても 観なおさないコトに気付いたので・・(笑))
また観たいなぁ・・ 最初っから観直したいなぁ・・ などと思っているくらいが丁度いいような気もします。
そんな感覚も ドラマを観終わった後の余韻なのかもしれないですねぇ。
Unknown (リプル)
2012-12-20 17:46:34
「小さくて弱いから自然の助けをもらうんだ。でも人間は大きいからそんな助けはいらないんだろ?」
なにもかも大きくなり過ぎた人間への警鐘。 素直に自然の助けをちょっとだけ借りるクーナ達に対し
使い切れないほどのモノを自然から借り過ぎた人間。
色んな意味で淘汰されていくのは人間のほうなのかもしれない。

敏子の魅力はLeeさんが詳しいのでその他の人たちを少々。
時が止まったままの2階の子供部屋。親父と話さなくなったのはいつ頃だっけ?
良多はそんなこと思っていたのかな?
小さい時にはいつでも包み込んでくれていた親父、でもいつのまにか自分の傍から居なくなった。
実際は離れていったのは自分のほうからなのだけれど。
おとなになるにつれ親の顔をまじまじと見ること、ましてや親の顔を触ることなんて無い。
でも、誰でもいつかはこういう日が必ずやってくる。
その触ったヒゲの手触りに、痩せた頬に、もう会話すら出来なくなったことにあらためて気付く。
それが後悔。・・・でもそこに愛のあった証。

菜穂(宮崎あおい)の歯科医院での「ただいま~」
真田(新井浩文)の「(クーナ)ほっといてあげましょ」
お互いの絆を確かめ深め合う会話も多かったですね。
寝室での沙江に応える萌江(蒔田彩珠)の「そうでもないよ」、
言葉数は少なかったけれど何だか萌江ちゃんは凛として成長しましたね。

リアルだけどリアル過ぎないお葬式。そこに込められた監督の想いも伝わってきました。
もう少し物語が進展して終わるかと思っていたのでちょっと物足らないくらいですが、
おいしいく感じるのは腹八分ですし、この辺りのさじ加減がこの監督流なんでしょうね。
リプル さま (Lee)
2012-12-20 18:30:54
コメントありがとうございます♪

時・・止まってましたねぇ・・良多の部屋。
時代を感じさせる部屋となっていて 興味深かったです。
あのときの良多は リプルさんが書かれているような想いだったのかもしれませんねぇ。
同級生の話から 良多は若いころから父親と距離をおいていたことが伝わってきたのも印象的でした。
久しぶりに会った友人からも 父との関係が上手くいっていなかったことを指摘されてしまう・・
自分と父の関係を 改めて思い知らされた際の良多の複雑な表情が心に残っています。

“リアルだけどリアル過ぎないお葬式”・・ うんうん そんな感じだ~。
美味しく感じるのは腹八分目・・確かに(笑)。
Unknown (リプル)
2012-12-20 18:57:50
敏子の“交じりっ気のない純粋な毒”と健次の“小っちゃな野望”の織り交ぜ具合が絶妙で
そのお蔭で、リアル過ぎず かといって有り得なくもない風に仕上がっていました。

・・・敏子と住むのはどっちなのかなぁ。
リプル さま (Lee)
2012-12-20 19:44:41
“交じりっ気のない純粋な毒” と “小っちゃな野望” ・・ 確かに(笑)。
どちらも かなり好み♪
健次なんて 人の良さそうなフリをして 土地狙ってましたからねぇ。

敏子は 元気なうちは ひとり気ままに暮らしていくのではないかと思ってますが
良多家族か多喜子家族か選ぶとしたら 多喜子家族との同居のほうが上手くいきそう。
床暖に憧れる健次のほうから同居話を切り出す・・なんてコトもあるかもしれないですねぇ。

コメントを投稿

秋ドラマ(2012) 感想」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事