Lee's Diary

ドラマが好き。
お気に入りのドラマの感想をつぶやいています。

ドラマ 「ヒガンバナ~警視庁捜査七課~」  第7話  *感想*

2016-02-29 | 冬ドラマ(2016)感想
番組HP

前回の事件の続きだけが描かれるのかと思いきや、
新たな事件もちゃんと盛り込まれているのね。

渚(堀北真希)の父親の事件についてはそんなに魅力を感じていないので、
新たな事件を盛り込んでいるコト自体は好感触。
菊池(DAIGO)が起こした交通事故から、新たな事件へと発展するというのは興味を引く作りだったしね。

ただ、メインとなるのは渚の父の案件というコトもあってか、
中学教師・浜岡(篠田光亮)の事件のほうは、大した盛り上がりもなく終わってしまった感が強いんだよなぁ。
出だしでは不可解さで興味を引かれているだけに、物足りなさがあったよ。

でもまあ、
「子供のためなら何だってしてやりたいと思う。どんな馬鹿げたことでもね。」 by柳幸子(YOU)
という言葉で、この事件と渚の父親の事件が重なり合うアタリは楽しめたわね。

渚の父親の事件のほうは、不可解な点が前回のストーリーで指摘されていたこともあり、
菊池が関与していることや、息子を庇う父の想いが存在していることは予想していたのだが、
菊池の狙っていた相手は予想外。
てっきり渚の父親を狙ったのだと思っていたよ。
(狙ったといっても、チョッと困らせたかった、、とか、そんな程度のヤツね。)


いやぁ、、それにしても、、
あの真相は、渚が怒ってしまうのも無理ないわ。
「あんたも、狩野も、夏子って人も何なんだよ!」
「死ぬ気で守れよ!」
「何でほっておいてくれなかった!」
渚がこう叫んでしまう気持ちは理解できるわ。
人の想いの身勝手さ、、
人の想いの強さに振り回される理不尽さ、、
やり切れなさを感じるわねぇ。


共感されましたならポチッと、、 共感されなくってもポチッと、、していただけると嬉しいです 
 <ドラマ感想>
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

ドラマ 「ヒガンバナ~警視庁捜査七課~」  第1話  *感想*
ドラマ 「ヒガンバナ~警視庁捜査七課~」  第2話  *感想*
ドラマ 「ヒガンバナ~警視庁捜査七課~」  第3話  *感想*
ドラマ 「ヒガンバナ~警視庁捜査七課~」  第4話  *感想*
ドラマ 「ヒガンバナ~警視庁捜査七課~」  第5話  *感想*
ドラマ 「ヒガンバナ~警視庁捜査七課~」  第6話  *感想*
『ドラマ(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« ドラマ 「わたしを離さない... | トップ | ドラマ 「家族ノカタチ」 ... »

コメントを投稿

冬ドラマ(2016)感想」カテゴリの最新記事