Lee's Diary

ドラマが好き。
お気に入りのドラマの感想をつぶやいています。

イチケイのカラス 第6話  *感想*

2021-05-11 | 春ドラマ(2021)感想
検事コンビがいい味わいだ。

次長検事に圧力をかけられ、

川添書記官(中村梅雀)や浜谷書記官(桜井ユキ)や、一ノ瀬事務官(水谷果穂)にチクチクやられ、

挙句に小芝居を繰り広げる羽目になる、、、

城島(升毅)と井出(山崎育三郎)、良かったわ。

二人が見せるイチケイへの協力っぷり、素晴らしいわ。



司法修習生卒業時に残していたらしい立派な考えを持ち出され、

忘れかけていた初心を思い出すことになる二人が特に印象的。

ユーモラスさを感じさせつつ、

今回のテーマである「ポリシー」にも通じるエピソードは面白かったわ。




岸田(バカリズム)の窃盗事件自体も、

真相が明かされていく過程を興味深く視聴できたし、

12年前の事件への興味も強くなったよ。


新聞記者・真鍋伸のパートの人情風味もいい感じで、

面白かったわ。



コメント (2)   この記事についてブログを書く
« コントが始まる  第4話 ... | トップ | 大豆田とわ子と三人の元夫 ... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
僕も今回は升さんと育三郎さんの (パインル)
2021-05-11 12:40:02
コンビに焦点を当てた展開、非常に面白かったと思えます。

(彼らを挑発する矢島さんの演技がこれまた憎たらしいこった!)

バカリズムさんの出番が予想より少なめでしたが、あんなに早口でまくし立てることが出来るとは思わなかったので、意外(失礼!)な演技力の高さにビックリでした。

それにしても御難なのは、“ウェイター”(苦笑)として「99.9」の片桐仁さんよろしく、モルモット扱いとしては知らされた川添さん、お疲れ様でした( *´艸`)
Unknown (Lee)
2021-05-12 08:07:48
パインル さま
コメントありがとうございます!

川添さん、散々でしたねぇ。
でも、川添はお気に入りのキャラクターなので、
ヘロヘロっぷりを見られて満足感があります。

バカリズムさん演じる岸田と入間の対決も楽しめました。

コメントを投稿

春ドラマ(2021)感想」カテゴリの最新記事