Lee's Diary

ドラマが好き。
お気に入りのドラマの感想をつぶやいています。

運命の人  第5話  *感想*

2012-02-12 | 冬ドラマ(2012) 感想
* 運命の人 「引き裂かれた家族」 *  番組HP

それっぽい描写を入れつつも 前回も最後まで弓成(本木雅弘)と昭子(真木よう子)の関係をぼかして描いていたので
てっきり二人の関係は裁判の中で明らかになるのだと思いきや 
意外なトコロで意外にあっさり 弓成の口から明らかになってしまってビックリ。
それにしても なんだかなぁ・・・。
「引き止めたのは彼女の方だった」 「彼女の意思で文書を持ってきた」 「文書をよこせと迫ったことはない」 
「この関係が二人にとって良くないことは彼女も分かっていたはずだ。」・・・ 
といった趣旨のコトばかりを彼がのたまうものだから 
「そんなっ!事実無根だっ!!」 と 声を荒げる弓成に どうも同情できないのよねぇ。 
弓成本人も認めていたけれど いくら彼女自らが情報を提供してくれたからとはいえ
その裏には 彼女の弓成への想いがあったワケで 
そんな彼女の想いを知っていながら利用したとも言えると思うのよねぇ。
いやぁ・・こんなスキャンダラスな事件が もし今起こったとしたら
あたしゃ絶対 国家権力の陰謀に躍らされて 密約よりも二人の関係の方に興味が集中しちゃうと思うわぁ。
だけど 密約と男女関係は別次元の問題・・
ここは 国家の欺瞞と戦うために立ち上がった弁護団と 
知る権利と密約という本質論で国と戦う弓成を応援していかなくっちゃいけないのね・・きっと。

魔性の女っぷりや強かさを まざまざと見せ付けてくれた昭子が どんなか弱き犠牲者を演じてくるのか
「主人と離れられたことだけが、唯一の救いですから。」 
などと妻に言われてしまう琢也(原田泰造)が どんな情けない男っぷりを見せてくれるのか 次回に期待。

今回も健気で妻の鏡とも言える振る舞いを見せる由里子(松たか子)については
本当に気の毒に思うし 同情もするのだけれど 
いくら子供のためとはいえ そこまで頑張らなくても・・という思いの方が強いかなぁ。
まあ 彼女が今後 家族を守るため 弓成を支えるために どのように生きていくのか・・見守りたい。

★最後まで読んでくださって ありがとうございます★
ただいま ランキングに参加しています。
チラリと共感していただけましたなら ポチっとしてくださると嬉しいです♪
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

運命の人  第1話  *感想*
運命の人  第2話  *感想*
運命の人  第3話  *感想*
運命の人  第4話  *感想*
『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 理想の息子  第5話  *... | トップ | 早海さんと呼ばれる日 第5... »

コメントを投稿

冬ドラマ(2012) 感想」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事