Lee's Diary

ドラマが好き。
お気に入りのドラマの感想をつぶやいています。

運命の人  第6話  *感想*

2012-02-20 | 冬ドラマ(2012) 感想
* 運命の人 「“女”の復讐」 *  番組HP

(6話の感想じゃないのだけれど)次回の予告が 何だかとっても安っぽかったなぁ。
視聴者の気を引こうと入れられた煽り文句にゃあガッカリ。
そりゃあ こういう俗っぽい感じが 一見ハードルが高そうに見えるこのドラマを
とっつき易いものにしているというコトは分かっちゃいるけど 
視聴率UPのために なりふり構わず(のように思える)・・ってな感じが好きじゃないわぁ。

さてさて 初公判が描かれるとあって楽しみにしていた第6話。
だけど 期待していたほどの面白さは感じられなかったかなぁ。
っていうか 裁判エピソードは面白いんだけど 中盤以降の夫婦愛に焦点を当てたエピソードに面白さを感じないのよねぇ。
今回も麗しの妻っぷりを見せてくれた由里子(松たか子)にゃあ 頭が下がる思いは抱きつつも
北九州に逃げ出した弓成(本木雅弘)を迎えに来た由里子の言葉を聞いても 心は動かされないのよねぇ。
大野木(柳葉敏郎)・玲(長谷川博己)・山部(大森南朋)の言葉のなかで
どうも 山部の言葉によって由里子が動き出したように思えるアタリは面白かったかなぁ。
「検察にも週刊誌にも、あの女にも負けることになるんだぞ。」
予告を見ると この山部のひと言は由里子に強い影響を与えているようね。
しとやかな由里子が どんな戦いを見せてくれるのかは チョッと楽しみ。

もうひとりの女・・昭子(真木よう子)のほうは 見事なまでの女優っぷりを見せてくれて満足。
坂元(吹越満)のやり口も 何ともいやらしくって 
事件の本質は弓成と昭子の関係にあるのだと 見事なまでに印象付けてしまう裁判の様子は面白かった。
それにしても 弓成を あっという間に最低な人間へと陥れる検察側
そして 沖縄返還に一点の曇りも許そうとはしない佐橋前総理・・恐ろしいわぁ。

★最後まで読んでくださって ありがとうございます★
ただいま ランキングに参加しています。
チラリと共感していただけましたなら ポチっとしてくださると嬉しいです♪
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

運命の人  第1話  *感想*
運命の人  第2話  *感想*
運命の人  第3話  *感想*
運命の人  第4話  *感想*
運命の人  第5話  *感想*
『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 理想の息子  第6話  *... | トップ | 早海さんと呼ばれる日 第6... »

コメントを投稿

冬ドラマ(2012) 感想」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事