Lee's Diary

ドラマが好き。
お気に入りのドラマの感想をつぶやいています。

名もなき毒  第3話   *感想*

2013-07-24 | 夏ドラマ(2013) 感想
* 「姉の毒、妹の毒ー姿を現した誘拐犯と第二の犠牲者」 *

このドラマにしては 大きくストーリーが動き出したなぁ・・といった印象。
もちろん よくあるミステリーものと比べると刺激は抑え目で ゆっくりとした展開ではあるけれど
今回が一番楽しめる内容だったなぁ。 ストーリーは知ってるんだけど引き込まれちゃったよ。

聡美(深田恭子)と梨子(南沢奈央)の関係から 子供というのは親の愛情を疑うものなのかと考え
結婚とはどこかに親不孝の要素が含んでいるのだという義父の格言を思い出し
見知らぬ他人に突然毒を盛られるような理不尽な死が存在することを知る杉村(小泉孝太郎)。

そんな杉村の想いに触れることで 観ている視聴者もまた様々なことに思い巡らす・・
小説を読んでいて体験したことと同様のことを ドラマでもまた体験できている気がするわぁ。

今回は 今まで以上に「あおぞら」編集室でのシーンを観るコトができたのも嬉しい。
口に毒のある編集長・園田(室井滋)を中心とした編集室での会話を楽しめたなぁ。
園田から なんやかんやとテープ起こしを押し付けられちゃう杉村。

気の弱そうな・・ 人の良さそうな・・ Noと言えなさそうな・・ 
杉村さんったら そんな人柄が滲み出てたよ・・・。

 最後まで読んでくださって ありがとうございます  
ランキングに参加中です。チラリと共感していただけましたなら ポチっと押していただけると嬉しいです♪
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

名もなき毒  第1話   *感想*
名もなき毒  第2話   *感想*

コメント   この記事についてブログを書く
« SUMMER NUDE   第3話  ... | トップ | 激流~私を憶えていますか?... »

コメントを投稿

夏ドラマ(2013) 感想」カテゴリの最新記事