Lee's Diary

ドラマが好き。
お気に入りのドラマの感想をつぶやいています。

運命の人  第8話  *感想*

2012-03-07 | 冬ドラマ(2012) 感想
* 運命の人 「逆転判決!?暴走する女の執念」 *  番組HP

晴れて無罪となったにもかかわらず 執念の炎を燃やす昭子(真木よう子)によって
あっという間に地獄へとつきおとされることとなる弓成(本木雅弘)。
弓成を取り囲む周囲の空気が 瞬く間に祝福から侮蔑へと変化していく様は そりゃあ気の毒にはなるのだけれど
心から弓成に同情することができないのは何故なのかしら・・・。
かといって 弓成に苦渋をなめさせるために嘘の証言を重ねまくり 
弓成を失墜させようとする昭子を応援する気にもならないのだけれど。
そんな なんとも言いようのない微妙なスタンスで見守るしかないこのドラマのなかで
由里子(松たか子)の内面がしっかり描写されはじめたことが 私にとっての一番の見どころと言えるかも。
「あなたからそれを言い出すんですか。
私がずっと我慢して、何度も何度も飲み込んできた言葉を、あなたが言い出すんですか。」
いやぁ・・この台詞はインパクトがあって面白かったわぁ。
そうよねぇ お前が言い出すコトじゃねぇっ!!って思うわよねぇ。
今まで弓成と共に頑張ってきた由里子の想いが ガツンと伝わってくる言葉だったと思う。
そして とどめの一発・・
「別れる、別れないを決める権利くらい、私にあっていいんじゃないでしょうか。」
も~う よくぞ言ってくれましたっ!! って感じねぇ。
「あちらも、そう長くはないと思いますよ。」などと 坂元弁護士(吹越満)が言っている様子を見ちゃうと
辛いこの状況を踏ん張って 夫婦で共に乗り越えていくことこそが 由里子が昭子に勝つ手段のようにも思えてくるわねぇ。 
それにしても 昭子の嫌な女っぷりが凄かったなぁ・・。司法の良識を崩してしまうとは・・恐れ入りました~って感じ。
正義感をやたらと振りかざし ええかっこしいの弓成のコトは いまいち好きになれないけれど 
昭子のキャラ自体は好きなのよねぇ。 でも 彼女の未来に幸せが待っているとは思えないし 
弓成夫妻の関係とともに 彼女の人生がどうなっていくのか 終盤に突入した物語の行く末を見守りたい。

★最後まで読んでくださって ありがとうございます★
ただいま ランキングに参加しています。
チラリと共感していただけましたなら ポチっとしてくださると嬉しいです♪
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

運命の人  第1話  *感想*
運命の人  第2話  *感想*
運命の人  第3話  *感想*
運命の人  第4話  *感想*
運命の人  第5話  *感想*
運命の人  第6話  *感想*
運命の人  第7話  *感想*
『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« ストロベリーナイト  第9話... | トップ | 聖なる怪物たち  最終回  ... »

コメントを投稿

冬ドラマ(2012) 感想」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事