Lee's Diary

ドラマが好き。
お気に入りのドラマの感想をつぶやいています。

流星ワゴン  第10話(最終回)  *感想*

2015-03-25 | 冬ドラマ(2015)感想
* 「チュウさんへ感謝!ワゴンの謎、完結!!」 *

なるほどね~。結局あのようなカタチに戻るワケなのね。
考えてみりゃ、当然な成り行きなんだけれども、
ほら、何度も何度も、現状を変えるために過去に戻る様子を見せられてきたもんだからさ、
いつの間にやら根本を失念してたよ。

「生きたいんだ。最低で、最悪で、美代子と広樹がいる世界で。」
「俺は生きる。生きる。」

ず~っと一雄(西島秀俊)の奮闘を観てきたからねぇ、、
ときに呆れ、ときに情けなく思い、ときに応援しながら、見守ってきたからねぇ、、
この決意表明は喜ばしく感じるわねぇ、、やっぱり。

海岸でのチュウさんの熱~い演説やら、
ドアップで映し出されるチュウさんと一雄の様子やら、
チョッと好みじゃなくってさぁ、、
(序盤の回で見られた一雄の語りといい、コレといい、大仰な感じがどうも苦手。)
あのクドさにゃあ、チョッと抵抗を感じちゃったんだけどさぁ、、
(チュウさんが後悔を滲ますクダリは好き。)
危篤状態の父親の元へ駆けつける一雄の姿だとか、
「なあ、ヒロ。父さんと一緒に逃げないか?」だとか、
広樹自身によるけじめのつけ方だとか、
一雄とチュウさんの思い出の写真だとか、
後半は印象的に感じるエピソードが多くて、惹きつけられたよ。

チラリと共感していただけましたなら、ポチリと押していただけると嬉しいです♪ 
<ドラマ感想>
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

流星ワゴン  第1話  *感想*
流星ワゴン  第2話  *感想*
流星ワゴン  第3話  *感想*
流星ワゴン  第4話  *感想*
流星ワゴン  第5話  *感想*
流星ワゴン  第6話  *感想*
流星ワゴン  第7話  *感想*
流星ワゴン  第8話  *感想*
流星ワゴン  第9話  *感想*

コメント (6)   この記事についてブログを書く
« デート 恋とはどんなものか... | トップ | 限界集落株式会社 第1回 ... »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お久しぶりです (とことこ)
2015-03-26 15:22:31
確か 高校入試や悪夢ちゃんなどにコメントしていた、とことこです。

流星ワゴン、最終回で、なんとかうまくまとめましたが、借金問題はどうなったとか。

モヤモヤはあります。


あと、美代子に、広樹のこと考えてくれてたんだな、とか、過去はもういいんだ、とか そういうとこが奥さん嫌だったんじゃないの?って思いました。

最後、ニシジの笑顔見れたし、なんか、いいか~って感じもありますが、ニシジは わき役でこそ、光るっていうのが、再認識しちゃったかなっていうドラマでした。

ニシジには、セリフが少ない役の方がいいですね。

ずっと見ていたけど、荒れた家に戻ってきて、数ヶ月見てきたのは なんだったんだ~って感じです。

とことこ 様 (Lee)
2015-03-26 18:44:06
コメントありがとうございます♪
お久しぶりです~。お元気にしてましたか?

モヤモヤ、、ありましたか(笑)。
美代子の問題については、かなり素っ飛ばしてましたもんね(笑)。

ニシジは わき役でこそ、光る・・・同感です。
ニシジには、セリフが少ない役の方がいいですね。・・同感です。(汗)

荒れた家に一雄が戻ってきたシーンは、私まで徒労感や緊張感がありました。
厳しい現実に立ち向かうって、強い覚悟がいりますよねぇ。
未来への覚悟~ (LB56)
2015-03-27 16:56:49
お疲れさんデス。
・・・最後に、忠雄さんデスに入りま~す(^^;;

>この決意表明は喜ばしく感じるわねぇ、、やっぱり。

意識を変えただけでも、全然違いますよね。

過去は変わらないが、未来は変えていける。
いい言葉です。
過去と、「きちんと」向き合わないと、未来が見えてこないんだなあと、思いました。

そういえば、今クール、こういった男の意識改革みたいなドラマが多かったですね(苦笑)
・・・限とか問とかDとか~(^^;

>あのクドさにゃあ、チョッと抵抗を感じちゃったんだけどさぁ、、

チュウさんに関しては、
・戦前の流れをくむ躾
・広島(福山)という土地柄
・社長という立場
が合わさって、出来上がった父親像じゃないかな。
慣れないとビックリしますよね~(^^;

ただ、これは作られた父親像であって、本音の部分が見えてくると、なかなか人間臭くて面白い人物なんですよね。

小学生の一雄には、荷が重すぎたかもしれませんが、妻の澄江さんは、実に強かでした~(笑)。
この母の強かさに一雄が気がついてれば、父との関係も、多少和らいだのかもしれませんけどね~(^^;

それはそうと、元広島カープの北別府投手が、漁師で出演されてたとは、ビックリでしたよ!
北別府というと、ドラマでは、「PRICELESS」で北別府のサインボールを投げるキムタクとか、「おやじの背中」では北別府さんどうぞ~、とか、割と馴染みのある名前なんですね。
初?出演だけでビックリ、漁師役で2度びっくりでした~(^^;

###一応死亡者リスト~デス
01話 #橋本義明・健太 事故死
02話 #財部総一郎(財部電気会長) ??
10話 永田忠雄 病死
タイムマシンは、なかなかデスが出ませんねえ~(苦笑)

やり直しがきくって、ありがたいことです。。。(^^)
LB56 さま (Lee)
2015-03-27 17:35:03
コメントありがとうございます♪

男の意識改革ですか。言われて見ると多かったかも~。

あら、北別府さんが出演されてたんですか?
って、驚いたふうに書きましたが、北別府さんという名前の野球選手がいたというコトくらいしか、知らないのですが、、汗。

冬ドラマ終わっちゃいましたねぇ。
春ドラマのラインナップをまだチェックしてないのですが、
面白そうなもんはあるかしら。楽しみだ~。
よろしければ、また感想をお聞かせくださいませ。
吉岡秀隆にほっこり (パインル)
2017-07-22 13:59:23
させられたドラマでした。

学生時代4年ほど広島にいたので、香川さんの広島弁が懐かしく思えました。(「朋輩じゃけぇ!」のセリフは作品のアクセントになっていましたねw。)

ファンタジーSFってあんまり日曜劇場になかったので、新鮮に映りましたし、サザンの主題歌がラストをうまーく締めていた気がします(^^♪
バインル さま (Lee)
2017-07-22 14:52:07
コメントありがとうございます♪

吉岡秀隆さん、いいですよねぇ。
独特の味がありますもん。

バインルさんは、広島で学生生活を送られたのですねぇ。
香川さんの広島弁、迫力がありました。

チョッと変わったドラマでしたよね。
文句を言いつつも、
なんやかんやと興味深く視聴したドラマでした。

コメントを投稿

冬ドラマ(2015)感想」カテゴリの最新記事