Lee's Diary

ドラマが好き。
お気に入りのドラマの感想をつぶやいています。

家族の旅路 家族を殺された男と殺した男 第7話  *感想*

2018-03-24 | 冬ドラマ(2018)感想
柳瀬(遠藤憲一)の死刑執行が決まったことには驚かされたわ。
どうなるのかしらねぇ。
気になる流れとなってきたわ。


柳瀬の告白も印象深いものではあったよ。
このドラマらしい、
非常に分かり易い描写となっていて、
正直そんなに好みではないのだけれど、

弁護士の祐介(滝沢秀明)に対する罪の告白と捉えれば、
あの吐露もアリだとは思えたよ。
柳瀬の想いを知ることができた満足感もあったしね。


 チラリと共感していただけましたなら、ポチリとお願いいたします 
 <ドラマ感想>
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

家族の旅路 家族を殺された男と殺した男 第1話  *感想*
家族の旅路 家族を殺された男と殺した男 第2話  *感想*
家族の旅路 家族を殺された男と殺した男 第3話  *感想*
家族の旅路 家族を殺された男と殺した男 第4話  *感想*
家族の旅路 家族を殺された男と殺した男 第5話  *感想*
家族の旅路 家族を殺された男と殺した男 第6話  *感想*
『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« anone 第10話(最終回) ... | トップ | 隣の家族は青く見える 第1... »

コメントを投稿

冬ドラマ(2018)感想」カテゴリの最新記事