Lee's Diary

ドラマが好き。
お気に入りのドラマの感想をつぶやいています。

<ドラマ>陸王 第1話 *感想*

2017-10-16 | 秋ドラマ(2017)感想
番組HP

あら、、
宮沢(役所広司)は比較的落ち着いた感じなのね。
「ルーズヴェルト・・」や「・・ロケット」の主人公に見られる暑苦しさはないわね。
主人公のこの感じ、意外といいかも~。

などと思いながらずっと視聴していたのだが、
やってきたよ、、あのシーン。
やっぱりあるのね、、あのシーン。


悪役(埼玉中央銀行・大橋)と対峙し、痛烈な言葉を言い放つ主人公(宮沢)。
声を荒げて、感情のままに、思いの丈をぶちまけて、敵をぐぬぬ・・と言わせる主人公。
やっぱり、コレ込みのドラマなのね。
コレ、、、
高まんなかったなぁ。


あと、、坂本(風間俊介)の強烈なウエット感。
坂本から滲み出まくる苦悩や感情、、
アレ、、しつこかったわぁ。
坂本ひとりが勝手にクライマックス感を出しまくってる感じに興醒めしたわぁ。


っつうか、、
早いんだよなぁ。
宮沢が敵をぐぬぬと言わせるクダリも、
誠実な融資担当・坂本が感情的になるクダリも、
早すぎると思うのよ。
んなもん、
初回っから見せられても、気持ちがついていかんわ。
「ぐぬぬ」と「ウエット」を盛り込んどきゃいいだろう、、という安易さに冷めるわ。


はあ、、
日曜劇場のこの感じへのアレルギー反応が出まくりの初回だったなぁ。
もう少し小出しにしてもらえるとさ、、
アレルギー症状も抑えられると思うんだけどねぇ。
回を重ねて慣れてくれば、アレルギー反応も和らぐんだろうけどねぇ。
初回っから過剰なもんを見せられて、チョッと辛かったわ。


ランニングシューズを作るコト自体は、ワリと興味深く視聴。
宮本が持ち込んだ試作品が茂木(竹内涼真)の手に届くラストの展開などは、高まるもんがあったよ。
坂本に焦点を当てた銀行内のゴタゴタよりも、
ランニングシューズの開発をじっくりと観たいのに、、
そんな風に強く思った初回だったわ。


共感されましたならポチッと、、 共感されなくってもポチッと、、していただけると嬉しいです 
 <ドラマ感想>
にほんブログ村
『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 先に生まれただけの僕 第1... | トップ | ブラックリベンジ 第2話 ... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
好みの違いなんでしょうね。 (パインル)
2017-10-16 12:11:08
僕はあの「ぐぬぬ」感って爽快なんですよw。

それよりも、阿川佐和子が親友の壇ふみより演技力があったことにビックリ。
クセ者・正司師匠や春やすこ達のリーダー格なんだもん

風間くんに関しては「あすなろ三三七拍子」のチャラそうで根性ある金髪くんとは違った魅力を感じました。
バインル さま (Lee)
2017-10-16 18:11:18
コメントありがとうございます♪

そうなんじゃないかな~と思ってました(笑)。


日曜劇場に見られる「ぐぬぬ」感にはアレルギー反応あります、、私。
ストーリーが大きく動き出してからの「ぐぬぬ」だったら、爽快さを感じるコトもあるんですけどねぇ。


正司師匠?
春やすこ??
え?誰だっけ?
出てたっけ??
と、暫し戸惑い、HP飛んで確認してきました(笑)。


「あすなろ三三七拍子」も魅力的でしたが、
風間さんは「それでも、生きてゆく」の時の印象がいまだに強いです。
好きな俳優さんなんですけどねぇ、、
今回はチョッと抵抗がありました。

コメントを投稿

秋ドラマ(2017)感想」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

陸王 (第1話/初回2時間スペシャル・2017/10/15) 感想 (ディレクターの目線blog@FC2)
TBSテレビ系・日曜劇場『陸王』(公式) 第1話/初回2時間スペシャル『役所広司・15年ぶり連ドラ出演~倒産寸前の足袋屋が大企業と悪銀行に挑む!親子と仲間の愛で復活なるか......