Lee's Diary

ドラマが好き。
お気に入りのドラマの感想をつぶやいています。

泣くな、はらちゃん  最終回  *感想*

2013-03-25 | 冬ドラマ(2013) 感想
* 「私の世界」 *

ネガティブな越前さん(麻生久美子)に投げかけるはらちゃん(長瀬智也)の言葉が好き。
自分と世界と両思いになってください・・
自分が好きにならないと両思いにならないんですよ・・
どうしてあなたは自分に・・自分の世界に恋をしないんですか? こんなに素敵な人なのに・・あんなに素敵な世界なのに・・
言っている内容は まあ この手の問題にはよくある回答といった感じなのだけど
両思いという はらちゃんお気に入りの言葉を使って 越前さんに訴えかけるというのには やられたなぁ。
これ・・いいわよねぇ。 可愛らしくって 分かりやすくって・・・。
自分が覚えた概念を使って 率直に訴えかけてくるはらちゃんの言葉は心に深く響くなぁ。
はらちゃんが新たに作り出した言葉・・ 「両切ない」も好き。
心がチクチクする想いを胸に 二人の時間を過ごすエピソードが好き。
楽しい楽しいひと時のはずなのに 心はチクチクする・・ そんな切なさがいい。
雪・・ 傘を差すこと・・ サムズアップ・・ そして 愛を知ったはらちゃん。
大きな愛で越前さんを見守るはらちゃんと はらちゃんへの想いを胸に世界に片思い中の越前さん
キュートでユーモラスな二人の物語を最後まで魅力的に見せてもらえたことが嬉しい。
“新婚さん”を楽しみつつも はらちゃんとの別れを覚悟する越前さん・・
(惚れ惚れしちゃうほどの美しい表情を見せる越前さんが印象的)
はらちゃんが漫画世界に戻ってしまうと知り 泣くのを堪える田中くん(丸山隆平)・・
(思わずウルウルしちゃったよ・・・。最後に田中くんの繊細な感情を見られて嬉しい。)
胸倉を掴んで「お前だよっ!」 と 言い放つ清美(忽那汐里)・・ (最後までツンツンな清美ちゃんが可愛すぎる♪)
姉ちゃんのために頑張るひろし(菅田将暉)・・ (良いひろしね。良いひろしの使い方ね。) などなど
キャラクターが魅力的に描かれていたことも良かったなぁ。
 
 最後まで読んでくださって ありがとうございます  
ランキングに参加中です。チラリと共感していただけましたなら ポチっと押していただけると嬉しいです♪
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

泣くな、はらちゃん  第1話  *感想*
泣くな、はらちゃん  第2話  *感想*
泣くな、はらちゃん  第3話  *感想*
泣くな、はらちゃん  第4話  *感想*
泣くな、はらちゃん  第5話  *感想*
泣くな、はらちゃん  第6話  *感想*
泣くな、はらちゃん  第7話  *感想*
泣くな、はらちゃん  第8話  *感想*
泣くな、はらちゃん  第9話  *感想*
ジャンル:
ウェブログ
コメント (14)   この記事についてブログを書く
« 夜行観覧車  最終回  *... | トップ | dinner  最終回  *感想* »

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ほのぼの (uumika)
2013-03-25 09:16:39
深い内容で、且つほのぼの物語、素晴らしかった。
キャストも良いし。ラストで出演者全員並んだ所が暖かくてまたすごかったな。
今までにも稀な良い作品ですよね。
世界と両想いなんて、、スゴイ良い言葉、発想。
そうありたいなあ~って素直に思える、忘れずにいたいと思いました。寂しい時とかハラちゃんを思い出したいなあって。。



長瀬くんのはらちゃん (あきんこ)
2013-03-25 12:40:36
もう、はらちゃんが大好きでした。
越前さんがはらちゃんに強いねって言ったの本当にそうですね。
前回、世界には悪意に満ちたものもあって大切なものを守る為には戦うしかないこともあると知って、みんなで漫画世界に帰ることを決めたはらちゃんだったけど、
越前さんが自分の世界をどうにか好きになれるように見守るためだけに一緒に戻ってきてくれて。
本当はチクチク悲しいのに、相手の幸せを願って最後には愛を覚えたはらちゃん。
だからこそ強くなったはらちゃん。

はらちゃんの素直で純粋無垢な言葉や行動に
そうあったころの自分とか思い出したり、
そうなりたいなと勇気を貰ったり
凄く好きなドラマになりました。
uumika (Lee)
2013-03-25 17:23:59
コメントありがとうございます♪

世界と両思いって言葉・・面白くっていいですよねぇ。
ほのぼのしたファンタジーなのだけど メッセージもたくさん込められていて
ストレートに伝わってくるメッセージは心地良かったです。
あきんこ 様 (Lee)
2013-03-25 17:24:54
コメントありがとうございます♪

あきんこさんは 最初っからはらちゃん推しでしたもんねぇ。
はらちゃんの真っ直ぐな言葉は聞いていて心地が良かったです。
大人になると忘れがちなこと・・ 恥ずかしくって口に出したりできなくなっちゃう想い・・
そんなコトを真っ直ぐに伝えてくれたドラマでした。
Unknown (ラムネ)
2013-03-25 17:57:11
本当に本当に素敵なドラマでしたね~。
こんなにも、笑いながら泣いたドラマは久しぶりでした。
パートリーダーの百合子さんが言ってましたよね、まわりにちょっと変わってる人がいたら、マンガの世界から来たのかもしれないようなこと、そう考えると世界がウンと楽しくなりますよね。
はらちゃんが「愛」という言葉を知った時、横で越前さんがポロリと流した涙は美しかったです。
「越前さんが笑えば世界が輝くのに」と言ったはらちゃんも素敵でした。
清美と田中クンの関係も、いい感じになりそうですね。
このドラマは、スペシャルか2が見たいと思える作品でした。
「はらちゃん」のおかげで、私も幸せになれました。素敵なドラマをありがとうって言いたいです。(笑)
Unknown (リプル)
2013-03-25 17:58:03
最終話に来て(今までの流れには見られなかった)“両想い”というワードにやや引っ張られた感があるけれど、
人は世界と繋がる、世界と両想いになるべく生まれて来たのだと実感させてくれました。

>自分が好きにならないと 両思いにならないんですよ・・
はらちゃんから突き付けられたその言葉は、神様である越前さんにとっても思いがけない言葉。
それは、、越前さんの再び閉ざした心を開くのに十分な。

子供はもちろん、大人にも自分を振り向き考えさせてくれる素敵なファンタジーコメディでした。
切ないってどういうこと?
正面切って聞かれても困るけど、このドラマ見れば一目瞭然。
清美が「切ない話なんだかコメディなんだかハッキリしろよ」と言い放っていましたが、
全編通して笑いつつもとても切ないお話でした。

印象的なドラマの挿入歌はもちろん、演技を邪魔せず 且つ、寄り添う音楽も秀逸でした。
流行りの音では無いと思うけれど、ドラマの世界観を壊さないさすが井上鑑と思わせる仕上がり。
・・・サントラ買っちゃおうかな。
キャッチーなだけではない何かを感じる長瀬くん作詞作曲の主題歌「リリック」も良かったです。

越前さんが越前さんである由来。普通は名前を付けるのに名字で呼ぶ。このあたりに脚本家さんの個性が出てますよね。
お母さんの振る舞いといい、
百合子の「今居るこの世界だって誰かの漫画の世界の中かもしれないでしょ」という言葉といい、
頭上から引きの画で見せられると、この世界も漫画の世界に思えてくる気がして面白い。
・・・宇宙から見た地球もそんな感じなのかな?

結局、ひろしは姉の才能に嫉妬してたんでしょう。
エンディングにはキャラも勢ぞろいでスタッフ愛に溢れてましたね。
ラムネ さま (Lee)
2013-03-25 21:02:26
コメントありがとうございます♪

百合子のあの言葉も深いですよねぇ。
個性溢れるはらちゃんを 何の抵抗もなく受け止めるお母さんや田中くんの様子が好きでした。
小さな心がけひとつで この世界はもっともっと素敵になっていくのでしょうね。
スペシャル観たいですねぇ。
愛らしいキャラクターたちと 是非とも再会したいです。
リプル さま (Lee)
2013-03-25 21:20:11
コメントありがとうございます♪

「切ない話なんだかコメディなんだかハッキリしろよ」 は かなり狙ってますよねぇ。
まさにこのドラマの魅力なんだもの。
脚本家さんがその魅力を承知のうえで清美に言わせてきたな・・と 思っちゃいました。

音楽・・良かったですよねぇ。 
お返事を書いている今も 切ないメロディが頭の中をグルグル・・・。

百合子が言っていたコトは このドラマのオチとして妄想したことがありましたが
確かに目線を変えて世の中を見ると いつもとは違ったものが見えてきそうですよねぇ。
Unknown (リプル)
2013-03-25 22:21:20
清美みたいな心の声を発するキャラをひとり設定しておくと代弁させやすいですよね。(笑)
ツンツン清美(笑)も忽那汐里が役にぴったりハマっていました。
百合子の件、自分も妄想してましたヨ。

さて、冬ドラマもひと段落ですね。コメント欄の提供ありがとうございました。
またまた普通の人に戻りたいと思いますが、
愚痴りたいドラマが出てきましたらまたお世話になるかもしれません。
では、その時まで/
リプル さま (Lee)
2013-03-25 22:47:04
コメントありがとうございます♪

清美ちゃんは回を重ねるごとに愛らしさが増していったような気がします。 
彼女のツンぶりを楽しめて満足でございます。

来期はどんなドラマと出会えるのかなぁ・・と思うとワクワクします。
お気に入りのドラマが見つかりましたら またお越しくださいませ♪

コメントを投稿

冬ドラマ(2013) 感想」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事